お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女別】スキンシップをとる心理&触る場所ごとに隠された意味

桑野量(心理カウンセラー)

スキンシップをとられると、思わずドキッとしてしまいませんか? どういう意味があるんだろうとつい考えてしまいますよね。そこで、心理カウンセラーの桑野量さんに男女別のスキンシップをとる理由を聞いてみました! ぜひチェックしてください。

気になる人からスキンシップをとられるとドキドキしてしまうのと同時に、これってどういう意味? と頭の中で混乱してしまうことがあるかもしれません。

それって好きのサイン? それとも誰にでもできるの?

そんなふうに、どのような意味があるのか気になりますよね。

また、自分からスキンシップをとる場合は、どのような効果があるのかも気になりませんか?

そのスキンシップがプラスに働いてくれるのか? それともマイナスに働いてしまうのか?

今日は、恋愛で役立つスキンシップについて勉強してみましょう!

スキンシップとは?

スキンシップとは、手をつないだり、ハグをしたりといった肌と肌の触れ合いを指します。

また、お互いの肌を触れ合わせることにより心を交流させる意味合いもあり、カップルにとっては大切なコミュニケーションです。

(和)skin+ship》肌と肌との触れ合い。また、それによる心の交流。

(『デジタル大辞泉』小学館)

辞書の意味からも、スキンシップには「心を通わせる」意味合いがあることが分かります。

スキンシップがもたらす効果

では、スキンシップは恋人や夫婦、付き合う前のカップルにどのような効果をもたらすのでしょうか。

(1)愛情を伝え合える

自分からスキンシップをはかったり、相手からのスキンシップを受け入れたりすることで、「好き」という気持ちを間接的に伝えることができます。

嫌いな相手と無理にスキンシップをとる必要はありません。

スキンシップをすることで、自分たちはそれに値する関係性である、お互いにその気持ちがあるということを伝えられ、愛情を確認し合う手段となるでしょう。

(2)気持ちが落ち着きやすくなる

「ハグをするとストレスが解消される」という説を聞いたことはありませんか? 実際に、好きな人とハグをした時、物理的な体の温もりだけでなく、心も温まるような経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

これはスキンシップの中でもハグにおける話になりますが、ハグには「ドーパミン」「オキシトシン」といったホルモンの分泌を促す効果があるそうです。

こうしたことが、好きな人と抱きしめ合った時に感じる心地良さの理由かもしれません。

(3)カップルや夫婦のコミュニケーションになる

冒頭でも述べたとおり、スキンシップは心を通わせるコミュニケーションの1つです。

コミュニケーションと言うと言葉での話し合いばかりが浮かんできますが、実はそうではないんですね。

言葉ではうまく気持ちを伝えられなくても、体に触れ合うことは立派なコミュニケーションになるかもしれません。

参考記事はこちら▼

キスから恋愛が始まった経験はありませんか? その理由を、心理カウンセラーが解説します。

次ページ:【男女別】スキンシップをとる意味

SHARE