お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

男心が揺れるのはこんな時! 結婚したい。と思う瞬間4選

ファナティック

プロポーズ女性だけでなく、男性たちにとっても結婚は人生の大きな決断の場面。そんな男性たちが思わず「結婚したい」と思った瞬間はどんな場面なのでしょうか? 20代から30代の社会人男性たちに、ズバリ本音を語ってもらいました。

■寂しいとき

・「一人で寂しいとき」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「一人暮らしの自宅に帰ったとき」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「夜、一人でいる事を実感したとき」(39歳/情報・IT/技術職)

男性たちが結婚したくなる瞬間は、一人でいることに寂しさを感じたときだということが分かりました。普段はあまり感じなくても、ふとそんなふうに思う瞬間があるものですよね? 女性だけでなく男性たちも、そんな寂しい気持ちが結婚願望に変わることが多いのかもしれません。

■友だちが結婚したとき

・「友人が結婚して幸せそうな顔を見たとき」(32歳/通信/技術職)

・「友人の結婚式に参列したとき」(31歳/情報・IT/技術職)

・「まわりが結婚ラッシュのとき」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

まわりの友だちが結婚していくのを見ると、自分も結婚したくなるのは、女性だけではないようですね。一緒に遊べる友だちが減っていくのは、なんとも言えず寂しいものです。同時に、自分もなんとかしなくちゃ! と焦る気持ちも出てくるのかもしれませんね。

■気持ちが弱っているとき

・「病気で弱っているとき」(38歳/情報・IT/技術職)

・「風邪をひいて寝込んでいるとき」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「つらいことがあって自分が精神的に弱っているとき」(26歳/電力・ガス・石油/技術職)

病気だったりつらいことがあったときには、気持ちが落ち込んだり弱気になってしまうもの。そんなときには誰かにそばにいてほしいと思いますよね? こんなときに看病されたら、一気に結婚したい気持ちが高まってプロポーズ、なんて展開もあるかもしれませんね。

■幸せそうな家族を見たとき

・「街で幸せそうな家族を見たとき」(26歳/農林・水産/技術職)

・「子連れの夫婦を見かけたとき」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「幸せそうな家族のSNSを見たとき」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

幸せそうな家族の姿は、やはり結婚願望に火をつけるもののようですね。ただ本当は、そんな姿が目につくのはすでに結婚したい気持ちがどこかにあるからなのかもしれません。彼が街で家族連れを目で追っていたら、少しは結婚したい気持ちを持っているのかもしれませんよ!

男性たちが「結婚したい」と思う瞬間は、基本的には女性と同じと考えてもよさそうですね。寂しかったり不安だったり羨ましかったり。そんな気持ちのときには、ふと自分も……と思ってしまうのかもしれません。ただ、そんな気持ちの部分はまわりがコントロールすることはできません。彼にいつか訪れるかもしれないそんな瞬間に、タイミングよく一緒にいられることを願いたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数116件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]