お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚30周年「真珠婚式」とは? 意味とプレゼントの選び方

上色ゆるり

結婚30周年の節目をお祝いする「真珠婚式(読み方:しんじゅこんしき)」。その意味や由来とは? 真珠婚式にちなんだプレゼントの選び方を、贈る相手別に分けて詳しく解説します。

1年に1度の結婚記念日。毎年、何を贈るか迷ってしまうという人も少なくないでしょう。特に節目となる記念日には、印象に残るプレゼントを贈りたいですよね。

そこで今回は、結婚30周年を祝う「真珠婚式」におすすめのアイテムを紹介します。

そもそも真珠婚式とは何か知らない、という方のために、言葉の意味や由来も解説するのでぜひチェックしてくださいね。

そもそも真珠婚式とは?

真珠婚式は、「銀婚式」「金婚式」などに比べるとメジャーではないため、どういうものなのか、いつ行うものなのかよく知らない人というも多いはず。

真珠婚式のプレゼントを選ぶ前に、意味と由来を改めて確認しておきましょう。

真珠婚式の意味

「真珠婚式」とは、結婚して30周年の結婚記念日をお祝いすること。

夫婦で互いにプレゼントを贈り合ったり、子どもから両親へ、孫から祖父母へ贈ったりしてお祝いします。

基本的に入籍日を結婚記念日として真珠婚式を行いますが、挙式を行った日を記念日とすることも。中には、入籍日と挙式日の両方を結婚記念日として、真珠婚式のお祝いをすることもあるようです。

真珠婚式は、長年寄り添ってきた夫婦を祝福し、さらなる絆を深めることが目的。「こうでなくてはならない」という明確な決まりはないので、それぞれの夫婦に合った形でお祝いするのが一番です。

真珠婚式の由来

ネックレスやピアスなど、女性もののアクセサリーによく使われている、「真珠」。真珠には、「富」「健康」「長寿」などの意味が込められています。

また、真珠は海の中で、ゆっくりと時間をかけて育つもの。

それを長年寄り添ってきた夫婦に例え、そして「これからも2人が豊かに、健康に長生きできますように」という願いを込めて、真珠婚式と呼ぶようになったと言われています。

次ページ:真珠婚式に贈るプレゼントの選び方

SHARE