お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚15周年「水晶婚式」とは? 意味とプレゼントの選び方

kirara

結婚15周年の節目をお祝いする「水晶婚式(読み方:すいしょうこんしき)」。その意味や由来とは? 水晶婚式にちなんだおすすめのプレゼントと一緒に詳しく解説します。

「水晶婚式(すいしょうこんしき)」は、結婚記念日をお祝いする別名称であり、「水晶」にちなんだ大切な意味が込められている特別な日です。

ただ、日常では耳にする機会が少ないため、どのようにお祝いするのか分からない人も多いでしょう。

そこで今回は、水晶婚式に込められた意味からプレゼントの選び方まで、詳しく解説していきます。

水晶婚式の意味と由来

水晶婚式をきちんとお祝いするためにも、まずは名前に込められた意味や由来などをしっかり学んでいきましょう。

水晶婚式は「15周年の結婚記念日」のお祝い

結婚記念日の1〜15周年と、その後5年ごとに名称をつけてお祝いすることを「結婚記念式」と言います。

中でも水晶婚式は、結婚15周年の結婚記念日をお祝いする名称。

今までの結婚生活の中にはどのようなことがあったのか振り返り、改めて夫婦の絆や感謝の気持ちを再確認してみましょう。

水晶のような曇りのない信頼関係を表す

水晶は、ガラスのような透明感と光沢感を持つ鉱物で、濁りのないクリアな美しさを持っています。

水晶婚式は、この水晶の美しさが由来となっており、水晶のように不純物のない透明な信頼関係を築いてきたことを表しています。

また、お互いに隠し事などをせず、常に自然体でいられる安心した関係は、これからの結婚生活を円満にするためにも大切なものです。それが20年30年と長く続いてほしいという願いも式には込められています。

水晶婚式は「結婚記念式」の1つの区切り

水晶婚式のような「○○婚式」は、1周年の紙婚式から始まり、毎年さまざまな名前がつけられています。

実は、15周年の水晶婚式で、毎年お祝いを続ける「○○婚式」は区切りを迎えます。以後は15周年、20周年と、5年ごとに「○○婚式」という名前でお祝いをすることになります。

次の結婚記念式は5年後。従って、水晶婚式ではしっかりとお互いの気持ちや感謝を伝え合っておきましょう。

次ページ:水晶婚式のプレゼントの選び方

SHARE