お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚25周年「銀婚式」とは? 意味やプレゼントの選び方

kirara

銀婚式(読み方:ぎんこんしき)は結婚のお祝いの中でも、とても大切な記念日。その意味や由来、プレゼントの選び方を詳しく解説します。

結婚記念日のお祝いである「銀婚式(ぎんこんしき)」は、有名な記念日であるため聞いたことのある人も多いはず。

ただ、身近に銀婚式のお祝いをした人がいないと、何周年のお祝いなのか、どんなプレゼントが良いのか分からないですよね。

そこで今回は、銀婚式の意味や由来、プレゼントの選び方を紹介していきます。

銀婚式とは?

まずは、銀婚式の意味や由来を押さえていきましょう。

銀婚式は「結婚25周年」のお祝い

銀婚式は、結婚25周年を迎える結婚記念日のお祝いのことです。

日本では結婚1周年から15周年までは毎年、以降は5年ごとにお祝いの呼び名が決められており、銀婚式は5年ごとのお祝いに変わって2回目の結婚記念日となります。

結婚生活の1つの節目となる日

銀婚式は他の「○○婚式」よりも特別視される傾向があり、その理由が25年という年月です。

こどもがいる場合は成人を迎えたり、家庭によっては孫が生まれたりと、結婚生活の1つの節目となる時期でしょう。

そのため、他の結婚記念日には「○○婚式」のようなお祝いはせず、銀婚式から初めてお祝いをするという夫婦もいるかもしれません。

銀婚式の由来

銀婚式の由来となるのが、「銀」が持つ奥ゆかしい輝きです。

銀はアクセサリーで使われる美しい金属である一方、カトラリーや仕事道具などに使われる落ち着きのある輝きが魅力でもあります。

そのため、きらびやかな結婚当初から年月が経ち、銀のように落ち着いた輝きを放つ味のある関係になっていることを表していると解釈できるでしょう。

次ページ:銀婚式のプレゼントの選び方

SHARE