お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「プラチナ婚式」とは何周年? 意味とおすすめのプレゼント

髙橋めぐみ

プラチナ婚式を知っていますか? プラチナ婚式とは、結婚70周年に当たる結婚記念日のことを指し、「奇跡のような最高の幸福を祝う日」とされています。今回は、プラチナ婚式について説明していきます。思い出深い素敵な記念日にするために、確認しておきましょう。

結婚70周周年の結婚記念日は「プラチナ婚式」。

プラチナ婚式を越える結婚記念祝いもあるといわれていますが、一般的に広まっている結婚記念としては、プラチナ婚式が最後となります。まさに、祝えることそのものがうれしいセレモニーですね。

今回は、そんなプラチナ婚式について紹介していきます。

プラチナ婚式とは

プラチナ婚式とは、結婚70周年に当たる結婚記念日のことです。

ここでは、プラチナ結婚式の意味と由来について紹介していきます。

「プラチナ婚式」の意味

プラチナ婚式には、「新婚の頃と変わらぬ関係を続けていこう」という意味が込められています。

またプラチナ婚式は、最後の結婚記念日と称されることもあり、二人でこの日を迎えられた奇跡を、最高の幸福として祝福する日とされています。

「プラチナ婚式」の由来

「プラチナ婚式」の由来は、その名前の通りプラチナからきています。プラチナは白金ともいわれるほど、耐久性に優れた金属です。

70年も夫婦として共に過ごせるのは奇跡に近く、とても美しいことから、プラチナになぞらえて名づけられました。

次ページ:プラチナ婚式におすすめのプレゼント

SHARE