お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

革婚式は結婚3年目の記念日。由来やおすすめギフト

武田 麻希

結婚記念日には年数ごとに名前がついていて、3年目は革婚式といい、革のアイテムを贈り合うことが多いです。この記事では、革婚式の由来や読み方、贈り物の選び方、プレゼントにおすすめのアイテムなどを紹介します。

結婚記念日にパートナーへの感謝の気持ちを表すなら、これまで過ごしてきた年数にふさわしいアイテムを贈りたいもの。結婚3年目は革婚式といって、革製品を贈り合うのが習わしです。

今回は、結婚3年目の結婚記念日である革婚式の由来や、革婚式にパートナーへどのようなアイテムを贈れば良いのかなどを見ていきましょう。

革婚式とは。読み方や意味・由来

結婚記念日には年数ごとに異なる名称がつけられています。

革婚式とは何年目?

3年目の結婚記念日は「革婚式(かわこんしき)」または「皮婚式(かわこんしき)」といいます。

革製品など、革にちなんだアイテムを贈り合う習わしがあります。

革婚式を英語で言うと?

西洋の習慣が日本に伝わったもので、英語表記は「Leather wedding」です。

革婚式と呼ぶ理由

結婚生活も3年目ともなると、マンネリ化して倦怠期を迎えてしまう夫婦もいるかもしれません。

そんな結婚3年にこそ革のようにしなやかな心で乗り越えようという意味を込めて、3年目の結婚記念日は「革婚式」と呼ばれるようになりました。

菓子婚式ということもある

3年目の結婚記念日は、革婚式・皮婚式の他に「菓子婚式(かしこんしき)」と呼ばれることもあります。

菓子婚式にはずっと甘いお菓子のように甘い夫婦仲が続いていくように、との思いが込められています。

紙婚式や銀婚式など他の結婚記念日の呼び方

3年目以外にも、結婚記念日にはそれぞれ名称がつけられていますので、革婚式と共に覚えておきましょう。下表では、革婚式に近い年の結婚記念日の名称を紹介しています。

結婚記念日

名称

1年目

紙婚式(かみこんしき)

2年目

綿婚式(めんこんしき)、藁婚式(わらこんしき)

4年目

花婚式(はなこんしき)、花実婚式(かじつこんしき)、書籍婚式(しょせきこんしき)

5年目

木婚式(もっこんしき)

どのような習わしがあるのかを調べて、夫婦でお祝いするのも良いでしょう。

参考記事はこちら▼

25周年の「銀婚式」、50周年の「金婚式」など、年数に合わせた結婚記念日の呼び方を紹介します。

次ページ:お祝いの記念品に。夫や妻へに喜ばれるギフトの選び方

SHARE