お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚13周年「レース婚式」とは? 意味とプレゼントの選び方

kirara

結婚13周年のお祝い「レース婚式」とは、どんな記念式なのでしょうか。今回は、レース婚式の意味や由来、適したプレゼントの選び方などを詳しく解説していきます。

結婚記念日のお祝いは、「金婚式」「銀婚式」など異なる名称がつけられていますが、全てを把握している人はそう多くないかもしれません。

結婚13周年の「レース婚式」もその1つ。一度しかない大切な機会だからこそ、記念日をきちんとお祝いをしたいですよね。

そこで今回は、レース婚式の意味からプレゼントを選ぶポイント、おすすめアイテムまでを詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

レース婚式とは

結婚記念式の1つであるレース婚式。どのような思いが込められているのか、その意味や由来を解説していきます。

レース婚式は「結婚13周年」のお祝い

レース婚式は、結婚して13周年の結婚記念日のお祝いのことを指します。

元々結婚記念日のお祝いは西洋発祥のもので、日本でも1〜15周年とその後5年ごとにさまざまな名前がつけられています。

13周年のレース婚式は区切りというよりも、これからも続いていく結婚生活の中間地点のお祝いとして考えておきましょう。

レース婚式に込められた意味と由来

「レース」は、ひと針ごとにしっかりと編み込むことで、きれいなデザインと耐久性を備えたものですよね。

レース婚式は、このレースの作り方や特性などを結婚生活に当てはめ、結婚後の困難や問題にたくさん直面しながらも、着実に2人で乗り越え、夫婦の絆が強く美しくなった状態を表しています。

そのため、レース婚式のお祝いをする時には、今までの苦労や感謝などを伝え合い、2人の絆の強さを再確認してみましょう。

レースのように広がっていく関係性を意味

レース製品にはコースターからカーテンまで幅広いサイズのアイテムがあるように、編み続けることでより大きな物を作ることができるもの。

そこで、レース婚式には「2人が協力して生活を続けていくことで夫婦の関係がより深くなり、これからも継続していく」といった意味もあります。

実際のレース作りとは異なり、最初からこのサイズで良いという目安がないのが夫婦関係。際限のない特大のレースを作り上げるように、13周年以降もしっかり夫婦の絆を深め、より良い関係を築いていきましょう。

次ページ:レース婚式のプレゼントの選び方

SHARE