結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 46.2%が600万以上を希望! 結婚相手の年収はいくらあれば幸せなのか

46.2%が600万以上を希望! 結婚相手の年収はいくらあれば幸せなのか

46.2%が600万以上を希望! 結婚相手の年収はいくらあれば幸せなのか
恋愛コンサルタント

婚活市場における現実として、「男は年収、女は年齢」なんてことがよく言われております。

どういうことか? というと、男性は女性を年齢で足切りをして、女性は男性を年収で選別をかける……ということ。

なかなか年収が伸び悩む昨今、結婚生活に「経済的な安定」を求める女性が増えています。別に玉の輿に乗りたいわけじゃないけど、お金に困るような生活もしたくない。そう考える女性は意外と多いのではないでしょうか。

しかしながら、婚活市場で女性が年収うんぬんというと、猛バッシングを受けてしまうことも。男性が美人を好き好んでも誰も文句は言わないのに、女性が「お金持ちがいい」と言うと、叩かれてしまう現実……。

なにかと論争を巻きおこす「結婚相手の年収」問題についてまとめてみたいと思います。

結婚相手に求める理想の年収は?

では、女性はどのぐらいの年収を男性に求めるものなのでしょうか? アンケート結果を見てみたいと思います。

年収600万円以上を求める女性が、全体の46.2%! 約半数! という結果になりました。さらに、年収1000万円以上を求める女性が、なんと9.4%もいるという驚愕の事実です。「普通の人」と結婚できればいい、という婚活女性が多いものですが、その普通の基準が実は普通じゃないのかもしれませんね。

結婚相手の年収の現実とは

では、実際に独身男性の平均年収はどのぐらいなのでしょうか? 

国税庁による「平成29年分民間給与実態統計調査」によると男性全体の平均年収が532万円。しかしながら、これは既婚者や50代60代の年配者も含まれる数字なので、これを独身男子限定にすると、300~400万ぐらいじゃないかと。

一説によると、年収600万円以上の25~34歳の独身男性はわずか3.5%しか存在しないという調査結果も。

私自身も結婚相談所の門戸を叩き、「年収1000万円以上」を希望してみたことがあるのですが、アドバイザーさんの白い目が痛かったです。「戯言は慎みなさい」と言う彼女の心の声が聞こえてきそうでしたとも。トホホ。ちなみに、年収1000万円以上の独身男性は絶滅危惧種並みの存在です。

結婚相手に経済力を求めてはいけないのか?

女性が男の年収について口に出すと、四方八方からのバッシングにあってしまうことがあります。なぜなら、現実問題として多くの女性が言う希望年収(600万円以上)をクリアできる男性がほとんどおらず、実際に結婚している多くの女性も年収には目をつぶっていることがほとんどだからではないでしょうか。そんなアホな! という揶揄と、嫉妬も半分あるんじゃないかな。

当然ながら、男性に経済力を求めると、婚活が難航することになるでしょう。だって、女性陣が「普通」と評価する年収600万円以上の男性がごくわずかなのだから。

さらに、女性だって経済力だけで相手を選びませんよね? 経済力にプラスして許容範囲の見た目、性格、価値観、年齢、家事育児に対する協力度なんてまた別の視点も追加されていくと、目ぼしい男性と出会えなくなってしまうでしょう。

結婚に相手の経済力はどれほど重要か?

現実として言わせてもらうなら、結婚相手の経済力はある程度必要です。ただし、それは年収〇〇万円以上というような数字で表せるものではありません。

たとえば、年収300万円だったとしても、節約や工夫をすることで、500万円の貯蓄をしている男性もいます。その一方で年収1000万円でも車のローンやリボ払いなどを多用し借金まみれという男性もいる。

また、高収入で激務な男性は家事育児に物理的に協力できない人も大勢います。でも、年収が低くてもその辺を柔軟に対応してくれる男性もたくさんいます。大切なことは収支や家庭環境のバランスであり、年収〇〇万円ではないと思うんだわ。

また、住む場所や自身の年収によってもかかるお金って全然ちがってきます。相手の年収だけではなく、「世帯収入」で考えることが時代の主流になってきているのではないでしょうか。

たとえば、山手線の内側、超高級住宅街に住もうと思ったら、世帯収入1500万円でもかなりカツカツになってしまいますが、私の地元水戸なら世帯収入が500万円程度でもそれなりの暮らしが営めます。

どういった場所に住み、どのような生活レベルを希望するのかによって、どのぐらいのお金が必要なのかを一度計算してみるといいでしょう。

結婚の幸せは「年収」だけでは語れません!!

確かに現実問題として結婚生活におけるお金の話はキレイ事では済まされないのかもしれません。衣食住すべてにお金が関わってくるし、子どもの教育だって上を目指そうと思えばいくらでもお金がかかるものだから……。

だけど、絶滅危惧種並みの高収入男性を求めて、婚活砂漠をさまようよりも、世帯収入で切り盛りする! と覚悟を決めたり、節約や工夫をしたり……という努力で家庭を盛り立てていくことが近現代の結婚の幸せの形なのではないでしょうか。

億万長者と結婚したものの、大ヤケドを負って離婚した経験がある私から言わせれば、どれだけお金があっても悩みは尽きないし、お金では買えない幸せもたくさんあるものです。
年収ばかりに気を取られず、長い目線でお相手選びをすることも大事ですよ。

(ひろん)

※画像はイメージです

(※)マイナビライフサポート調べ
調査日時:2019年4月11日~4月17日
調査人数:171人(20~44歳の未婚女性)

人気の婚活マッチングアプリ [PR]

Omiai

人気の婚活マッチングアプリ [PR]

1日約1万組がマッチング!恋活・婚活なら『Omiai(オミアイ)』

結婚に関するキーワード

結婚に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 46.2%が600万以上を希望! 結婚相手の年収はいくらあれば幸せなのか
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 46.2%が600万以上を希望! 結婚相手の年収はいくらあれば幸せなのか

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。