白髪染めはいつから? 美容師・坂狩さんが教えるアラフォーのグレーカラー

ヘアも、メイクも、ファッションも、カラダの中も。 40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。

白髪染めはいつから? 美容師・坂狩さんが教えるアラフォーのグレーカラー

大人世代が集まると、必ず盛り上がる話題のひとつが“白髪問題”ですよね。「数本、顔を出し始めた」「周りに気づかれているか心配」と、白髪との闘いに戦々恐々。ちょうど、アラフォーは、白髪との向き合い方を考えるタイミング。いつから、どんな風にグレーカラーを取り入れればいいのか、ヘアスタイリストの坂狩トモタカさんが教えます。

坂狩トモタカさん/ヘアサロン『SHEA』代表。資生堂美容専門学校卒業。『STORY』などの女性誌をはじめ、『PREPPY』、『SHINBIYO』などの業界紙でも多く取り上げられる。『PREPPY』では大人世代コンテストで優勝。ロレアル、アリミノ、ナプラなど企業主催の美容師向けセミナーで講師を務める。

坂狩さんが現場で感じる、間違いだらけのグレーカラー

白髪はチラホラと見つけただけでも、やっぱり気になるものですよね。ただ、白髪が出てきたら、すぐにグレーカラーに移行すればいいかというと、実はそうではないんです。

即効性を求めるばかりに、いかにムラなく隠すかを意識して、ベタッと根元から暗いカラーにする人も少なくありません。でも、それはかえって逆効果。頭皮を傷めるのはもちろん、根元が少し伸びただけでも白髪が目立って、サロンに行く頻度が高くなってしまいます。

また、白髪を染める薬剤は、通常のファッションカラーに比べて、どうしても髪にダメージを与えやすいもの。グレーカラーを始めるタイミングは、なるべく遅いに越したことはありません。

白髪対策で大切なのは、「いつからグレーカラーを始めるか」、そして「この先グレーカラーを楽しめる髪を、いかに初期に作っておくか」の2つです。最初に正しく種まきをして土壌を整え、その土壌を育てていく。“グレーカラーデビュー”こそが、未来を決めるカギです!

全体の何%が白髪になってきたかで、アプローチを変える

白髪が出始めたばかりの人も、髪のほとんどが白髪という年配の方も、染め方は同じと思われがちですが、まったく別モノ。僕のサロンでもそうですが、全体の髪に対して何%くらいが白髪になってきたかで、美容師はアプローチの仕方を変えていきます。

個人差があるので一概には言えませんが、アラフォー世代だと10%~30%が白髪という人が多いかもしれませんね。まさに、“グレーカラーデビュー”に悩む時期。今回は、白髪率10%と30%の白髪染めについてお話していきます。

数本出てきたかも? 「白髪率10%」になったらすべきこと

髪をかき上げたときに数本白髪が見える、たまにピョコンと白髪が顔を出すという程度なら、恐らく10%と考えてOK。まだ“グレーカラーは使わず”、ファッションカラーで対応します。ここで重要なのが、明るめの毛束をところどころ混ぜる「ハイライト」を入れること。

髪は上から下に向かって生えるので、白髪は“縦線”として目に映ります。ハイライトで“疑似の縦線”を作ってあげれば、白髪がまぎれてぼやけるので、かなり目立たなくなります。下の写真の方は、白髪10%程度。ファッションカラー+ハイライトでアプローチしたのですが、パッと見、ほとんど白髪が気になりませんよね。

【カラー施術担当&撮影/佐藤幸治(SHEA)】

ハイライトで対応できる間は、髪の傷みを抑えるためにも、できる限りファッションカラーを選ぶのが正解。10%の段階でハイライトのアプローチを数回繰り返しておけば、全体にキレイな縦線が入る。その状態を作っておくことが、“土壌作り”になるんです。

自分的には大問題! 他人の目も気になる「白髪率30%」の対応

周りから見ても「ちょっと白髪があるな」と認識されるようになったら、白髪率30%程度。この段階で、はじめてグレーカラーを取り入れます。ただし、全体をグレーカラーにする必要はないんですよ。

白髪染めをするのは、根元だけ。それ以外は10%のときと同様、ファッションカラー+ハイライトで対応します。下の写真は、まさにそのアプローチ方法で染めたもの。10%のときに作った土壌が生かされています。

【カラー施術担当&撮影/佐藤幸治(SHEA)】

より髪をいたわるなら、毛先専用のカラーやマニュキュアで染めるという選択肢もアリです。白髪が気になるとはいっても、まだまだ70%は黒髪。もとの髪を生かしながら、最低限のグレーカラーで抑えるのが大切なポイントです。30%は土壌を“育てる段階”と考えるといいと思います。

さらに、50%になるとまたアプローチは大きく変わるのですが、土壌を作り育ててきた髪なら、下記の写真のようにグレーカラー感のないカラーリングが楽しめます。

【カラー施術担当&撮影/佐藤幸治(SHEA)】

【Column】白髪率10%と30%の間をつなぐ「ファッショングレーカラー」

チラホラの白髪がもう少し増えてきたと思ったときは、「ファッショングレーカラー」で染めるのがおすすめです。名前の通り、ファッションカラーとグレーカラーの合いの子的薬剤(笑)。白髪を染めながら、ファッションカラー特有の透明感もキープできますよ。

「髪や頭皮に負担のかからないカラーリングは、白髪が増えるスピードを遅らせることにもつながりますよ」と坂狩さん。今回のレクチャーを参考に、“土壌を作って育てる”グレーカラーを目指しましょう。

●グレーカラーのスペシャリスト・佐藤幸治さん(SHEA)のInstagramはコチラ

次回スタイリストの渋谷美喜さんが、梅雨を楽しく過ごすための“雨の日コーデ”をお届けします。


(取材・文:宮浦彰子/撮影<トップ画像、坂狩さん>:須田卓馬)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
【オトナノきれい塾 記事一覧
各界のスペシャリストが「40歳の美」をサポート。チーム オトナノ発足!
座談会第2弾。40歳からの美容って“ちょうどいい自分”を探すこと
ある日、黒が似合わなくなった…スタイリスト渋谷さんの葛藤&取り入れ術
黒を味方に[1] “なんだか寂しく、疲れて見える”解決の極意
黒を味方に[2] “全体的に重くて表情が暗く見える”解決の極意
黒を味方に[3] “顔がぼんやりやぼったく見える”解決の極意
40歳がぶち当たるペタンコ髪・ツヤなし髪の壁、どうすればいいの?
ペタンコ髪を蘇らせるには? ふんわりトップ&色気ほんのりニュアンスヘア
ツヤがなくなってきたら、こんなツヤ髪スタイリング。きくらげ朝食にも注目!
潤う冬[1] 40歳の砂漠肌を抜け出そう。オイルでしっとり潤いケア
潤う冬[2] パサパサ髪には「アウトバストリートメント」で潤いをチャージ!
潤う冬[3] 乾燥したカラダはファッションでも潤せる!
潤う冬[4] 白い食材で内側からカラダを潤す“美容ミルク鍋”
なりたい自分を表現する。大人の“ちょうどいい春色”リップの選び方
春色メイクに合わせたい。超簡単・春のすっきり大人アレンジ
大人こそ、明るい色を着て欲しい! スタイリスト渋谷さん流・春色スタイルの作り方
大人の美容&体調維持にもピッタリ。心ときめくキャベツとアサリの春色パスタ
スポンジやチップ、いつが捨てどき? メイク道具を断捨離しよう
クローゼットの断捨離で心もスッキリ! スタイリスト渋谷さんが実践したこと
カラダのなかのいらないものを断捨離! レンチンでできるデトックスおかず
昔を引きずったヘアを断捨離! セミウェットないまどき大人スタイル
料理家・両角舞さんも実践! 香りと彩りで気分をあげる、春のお手軽レシピ
スカーフで華やぎを。レフ版効果もうれしい! 渋谷さん流・巻き物コーデ
目指したいのは“すっぴん風眉”。ヘアメイク・加藤恭子さんが教える大人眉
白髪染めはいつから? 美容師・坂狩さんが教えるアラフォーのグレーカラー
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。各業界のトップで活躍するメイクアップアーティスト、ヘアスタイリスト、スタイリスト、料理家が、さまざまな角度から“40歳の美”を提案します。