【朝ドラ】まんぷくヌードルついに完成! 泣き虫・名木君が才能開花、鈴さんが緊急入院だなんて

NHKで放送中の連続テレビ小説・「まんぷく」のレビュー。ドラマウォッチャー・チンチロ鈴がお送りします。

【朝ドラ】まんぷくヌードルついに完成! 泣き虫・名木君が才能開花、鈴さんが緊急入院だなんて

「まんぷくヌードル」がついに完成しました! 今回は、「まんぷくラーメン」の開発以上に、具の選定やカップ容器など問題が山積みで、見応えがありましたねー。具の主役となる肉は、萬平さん(長谷川博己)と福ちゃん(安藤サクラ)が担当。あの謎肉には、豚肉のミンチのほかに大豆タンパクと野菜エキスも入っているとは知らなかった! 麺がカップ容器の底に当たって折れてしまう問題は、麺を容器の中間に固定することで解決。麺が容器に真っすぐに入らない件は、萬平さんが見た“天地逆転する夢”でひらめき、麺を先に固定して、その上からカップを落とす方法を採用することに。そしてカップの蓋は、飛行機の機内で配っていたマカダミアナッツの容器の密封パックをヒントにして作り、食品業界初の試みとして透明なビニールでシュリンクパックすることで衛生面もアップ。

また商品の売り上げを左右するパッケージデザインは、なんとあの泣き虫・名木君(上川周作)が担当することに! まんぷくラーメン同様にデザインを依頼された忠彦さん(要潤)は、「洋風で新しさがあって、世界に通用するデザイン」という注文を受けて、あえて若い名木君に任せることにしたんです。人生初の恋人ができたことで、画風が変わり、才能が開花し始めた名木君なら絶対にできると、大抜擢! もちろん名木君は悩みに悩みますが、「パーラー白薔薇」のしのぶ(牧瀬里穂)に励まされながら、斬新なデザインのパッケージを見事完成させ、萬平はじめ開発チームも絶賛。もちろん名木君は、泣き崩れていました。私も、もらい泣き!

ちなみに、まんぷくヌードルのモデルである「カップヌードル」の初期パッケージデザインを実際に担当したのは、大阪万博のシンボルマークも手がけたグラフィックデザイナーの大高猛さん。現在もその時に作られたロゴやグラフィックなど基本的なデザインは一切変更されていないらしい。にしても、『まんぷく』でカップ麺の開発秘話を知り、カップヌードルって、本当に画期的で、日本の食文化に革命を起こした偉大な発明品だったんだなーと改めて実感。私が生まれた時にはすでにカップヌードルは発売されていたし、チンチロ一家は共働きだったので、姉がよく作ってくれていたなじみの味でした。カップヌードルのほかに、カレー味とシーフード味もあって、それをフーフーしながら、3姉妹で回しながら食べていた昭和の記憶が。あれからもう30年以上も経っているなんて! 幼少時代は箸が上手に使えなかったのでフォークで食べていたけれど、小学生になりカップヌードルを初めて箸で食べた時は、なんかちょっと大人の仲間入りを果たしたようでうれしかったなー。

実際、100円という強気な価格もあって最初は売れなかったカップヌードルは、1972年に連合赤軍が人質を取って軽井沢の「浅間山荘」に立てこもった、いわゆる「あさま山荘事件」で、機動隊たちがカップヌードルを食べている姿がテレビで報道されたことで、人気が爆発。発売から約半世紀、他社から新商品が続々と登場しているのに、今もなおコンビニやスーパーに陳列され続けるカップヌードル、半端ない! またまた話が脱線するけれど、カップヌードルを製造・販売する日清食品が、このたび完全栄養食市場に参入することを発表しました。3月27日に発売された「All-in PASTA」は、1日に必要なビタミンやたんぱく質、カルシウム、食物繊維などすべての栄養素の3分の1を、この1食で摂取できるんだとか。完全栄養食は、大手メーカーが参入するにはまだまだマーケットが小さ過ぎるけれど、日清食品は、食事の偏りなどにより摂取カロリーが足りているのに特定の栄養素が不足している「新型栄養失調」の人が増えていることから、発売に踏み切ったそう。カップヌードルが、核家族化による食生活の変化を視野に入れた商品であったように、いまでもその時代々々の課題を解決するための商品の開発に力を入れているんですね。萬平さん、いや創業者の安藤百福の意思がずっと引き継がれているんだなー。

さてまんぷくヌードルの開発の裏では、もう1つ大変なことが起きていました……! 鈴さん(松坂慶子)が倒れてしまうんです。総合病院に入院することになりますが、鈴の主治医、小山内良治(湯浅崇)がもう頼りない! 「今井鈴さんは虫垂炎だと思われますが、あの~、ま、まだはっきりしません。虫垂炎に該当する右下腹部の痛みが弱いんです。むしろ左側の痛みが強い。ひょっとするとお母さんは内臓が逆転しているのかもしれませんね。あの~内臓が左右逆なら虫垂炎で通常の反対側の左下腹部が痛んでも、これはあのつじつまが合います。うん、合います」と、脂汗じっとりのこの医者、虫垂炎しか知らないのでは? と思うほど、信用できない。抗生物質を投与して様子を見ることになりますが、再び激しい痛みを訴えて、開腹手術をすることに。その結果、実はなんと腸が破裂していたのです。病名は「大腸憩室症」という命にかかわる病気! こんなヤブ医者が、自分の主治医だと思うとゾッとするわ! 

無事退院した鈴さんですが、来週の予告で鈴さんのお葬式が!? どうか鈴さんのお葬式シーンは夢であってほしい! そして最終回、どんな結末を迎えるのか、楽しみです。

(文・チンチロ鈴)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
「朝ドラの時間です!」記事一覧

第1週:これぞ朝ドラ、1週目から見どころ満載
第2週:波乱だらけの2週目。まさか、咲姉ちゃんがっ!?
第3週:拷問シーンにキュンキュン。無事釈放され、「萬平、今日から息子です!」
第4週:浴衣姿の萬平の「おいで」に悶絶! ラブラブの新婚生活から目が離せない
第5週:ようやく戦争が終わった……。→イケメンパラダイスで目の保養!
第6週:ふんどし姿で雑魚寝の“塩軍団”に釘付け! 福ちゃんはついにマネジメント力を発揮 
番外編:『黄昏流星群』がイチオシ! 今からでも間に合う 秋ドラマを独断と偏見でレビュー
第7週:祝「たちばな塩業」初出荷! いっぽう塩軍団には暗雲が……!?
第8週:塩軍団が一緒にいきみ、福ちゃん出産! 萬平さんはついに……
第9週:塩チームVSダネイホンチームの裸対決、軍配は?
第10週:たちばな塩業の男性陣、進駐軍に全員逮捕! 雑居房はイケメンパラダイス
第11週:ダネイホンでいざ東京進出! 鈴観音にくいだおれ萬平、そして衝撃の事件が……
第12週:“東大一”の東太一先生こと菅田将暉がついに登場!
第13・14週:釈放された萬平は次なるステージへ。物語もついに後半戦突入!
第15週:萬平が理事長になって8年。浮気騒動、融資打ち切り、次々と事件が!
第16週:万能調理器が完成も、萬平の自宅が差し押さえ! 忠彦さんの元には謎の美女……!?
第17週:待ってました……! 萬平のラーメン開発物語、やっと開幕
第18週:チュー顔の萬平、半端ないって! そしてラーメンの試作は続く…… 
第19週:壇蜜、既成概念をぶち壊す衝撃のマンボ! 麺作りには革命的アイディアが!?  
第20週:意外な“性悪”福ちゃん、壇蜜マンボ! まんぷくラーメン、ついに完成
第21週:祝・まんぷくラーメン大ヒット! 田中哲司の憎ったらしい演技が光るパチモン大騒動 
第22週:大阪万博まで一気にワープ、いよいよカップ麺の開発に着手!  
第23週:気になる幸とダ・ヴィンチ君の恋路! 源はフリーズドライにたどりつく
第24週:まんぷくヌードル完成! 泣き虫・名木君も大成長&鈴さん、緊急入院!  ★現在の記事
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

小学生の頃に放送されていた『ずっとあなたが好きだった』(1992年)に衝撃を受け、TVドラマ好きに。3姉妹の末っ子のため、チャンネル権争いに負けて号泣することもしばしば。一人暮らしを始めてからは、誰にも邪魔されずテレビ独占で、毎日ドラマ漬けの日々を送る。一番好きな朝ドラは『カーネーション』(2011年下半期)。
twitter:@ChenChiroRin