なりたい自分を表現する。大人の“ちょうどいい春色”リップの選び方

ヘアも、メイクも、ファッションも、カラダの中も。 40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。

なりたい自分を表現する。大人の“ちょうどいい春色”リップの選び方

あと少しで春。気持ちを前向きに、軽やかにしてくれる季節は、生活の中にもわくわくするような、春色を取り入れたくなるものですよね。でも最近、明るめカラーやかわいい印象の色を取り入れることに、難しさを感じている人も多いのでは? そこで、チームオトナノのメンバーが、40歳の“ちょうどいい春色”を提案します。

口元は、第一印象を左右する重要なパーツ。リップのカラーを変えると、その人の雰囲気や相手に与えるイメージが変わります。今回はメイクアップアーティストの高松由佳さん、高木大輔さんが、40歳をよりキレイに魅力的に見せる春色リップの選び方とポイントをレクチャーします。

やわらかく、チャーミングな印象を与えたいならピンク系を

ピンクは、春色リップのアイコン的存在。かわいらしいイメージがあるため、少しハードルが高く感じる人もいるようです。髙木さんは、「大人女性がピンク系を取り入れるときは、クリーミーな柔らかい質感のリップを選ぶといいですよ。唇がふっくら見えて、やさしくチャーミングなイメージになります」と話します。
また、「ツヤがありすぎたり、マットすぎたりするリップではなく、ほどよい発色とツヤを感じられるものをセレクトして、品よく仕上げるのがポイント。軽やかな素材を使った、春コーディネートとの相性もいいと思います」と高松さん。

ワンポイント

あえてグロスを使わず、リップの重ね塗りで仕上げるのがおすすめ。輪郭を一度ティッシュオフしてから、中央に同じリップを重ねづけすることで、品のいいふっくら唇に仕上がります。

1. 全体に塗った後、輪郭を一度ティッシュオフする

2. 中央に同じリップを重ねづけすることで、品のいいふっくら唇に

レッド系で女らしさ&モードな雰囲気を漂わせる

女らしさと、おしゃれ感を上げてくれるのがレッド系リップ。大人には「やわらかすぎず、モードさも出せる、透明感のあるシアーなレッドがおすすめ。ワントーンコーデと合わせると、女っぽさとカッコよさの両方を引き立ててくれると思います」と高松さんは話します。また、「マットやクリーミーな質感だとちょっと重くなりがちですが、シアーなら春らしく軽やかに仕上がります。お肌も明るく見えますよ」と髙木さん。

ワンポイント

シアーなレッドは発色がおだやかなので、そのまま直塗りしたほうがキレイに仕上がります。

フレッシュ&いきいきした印象を与えるならオレンジを

フレッシュさや元気さ、いきいきとした雰囲気がほしいときはオレンジが正解。高松さんは「大人の女性におすすめなのは、赤み寄りのオレンジ。肌なじみがよく失敗がないと思います」とアドバイス。髙木さんも「大人のカジュアルを目指すなら、セミマットな質感が似合うと思います」と話します。

ワンポイント

オレンジは、ラフでカジュアルな雰囲気に仕上げるのがポイント。唇の内側から外側に向け、指でぼかすようにつけて。力が入りすぎない薬指を使うと、ほどよくなじみます。

大人ならではの春色を取り入れたい、ちょっと自分を変えたいと思ったら、まずはリップの色を変えてみて。その日の気分、なりたい自分に合わせて、3色の春色リップを使い分けることで、よりメイクの楽しみも広がります。次回はヘアスタイリストの松島春樹さんが、春色メイクを引き立てるヘアアレンジをお届けます。

(文:宮浦彰子/撮影:小川健[willcreative])

今回教えてくれたのは、この方。「チームオトナノ」メンバーPROFILE

高松由佳さん/美容師を経験後、資生堂SABFA卒業。ヘアメイクアーティスト山本浩未氏に師事した後、独立。年齢にとらわれない女性の内なる美しさを引き出すメイクを得意とし、『美的』『oggi』『MORE』『リンネル』『anan』『LEE』といった女性誌、TVCF、企業広告などで幅広く活躍。

髙木大輔さん/Atelier Salon DD代表。資生堂SABFA、(株)資生堂を経て独立。日本で初めてヘアメイクアップアーティストとして「化粧ファッション学」修士号を取得。『ELLE』『marie claire』等の媒体やTV、CDジャケット、国内外でのショーやデモンストレーション等、幅広く活躍。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
【オトナノきれい塾 記事一覧
各界のスペシャリストが「40歳の美」をサポート。チーム オトナノ発足!
座談会第2弾。40歳からの美容って“ちょうどいい自分”を探すこと
ある日、黒が似合わなくなった…スタイリスト渋谷さんの葛藤&取り入れ術
【黒を味方に①】“なんだか寂しく、疲れて見える”解決の極意
【黒を味方に②】“全体的に重くて表情が暗く見える”解決の極意
【黒を味方に③】“顔がぼんやりやぼったく見える”解決の極意
40歳がぶち当たるペタンコ髪・ツヤなし髪の壁、どうすればいいの?
ペタンコ髪を蘇らせるには? ふんわりトップ&色気ほんのりニュアンスヘア
ツヤがなくなってきたら、こんなツヤ髪スタイリング。きくらげ朝食にも注目!
潤う冬[1] 40歳の砂漠肌を抜け出そう。オイルでしっとり潤いケア
潤う冬[2] パサパサ髪には「アウトバストリートメント」で潤いをチャージ!
潤う冬[3] 乾燥したカラダはファッションでも潤せる!
潤う冬[4]白い食材で内側からカラダを潤す“美容ミルク鍋”
なりたい自分を表現する。大人の“ちょうどいい春色”リップの選び方
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。各業界のトップで活躍するメイクアップアーティスト、ヘアスタイリスト、スタイリスト、料理家が、さまざまな角度から“40歳の美”を提案します。