2018年3月9日 公開
2019年8月30日 更新

格安SIMで使えるメールアドレスは? メリットとデメリットまとめ

大手キャリアから格安SIMに変更する場合、メールアドレスはどうなるのでしょうか。格安SIMに替えてみたい初心者の人は、このようなことが心配になりますよね。今回は、格安SIMで使えるメールアドレスの種類や、そのメリット・デメリットについてまとめたので、ご紹介します!

2,329 view
格安SIMに乗り換えると、メールアドレスがどうなるか気になりますよね。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手携帯キャリアで使っていたメールアドレスが使用できるのか、また格安SIMでも独自のメールアドレスがもらえるのか、についてまとめました。大手キャリアから格安SIMへの乗り換えを考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

格安SIMにメールアドレスを移すことはできる?

 (183)

今まで大手キャリアでメールアドレスを使っていた場合、できることならそのまま格安SIMに移したいですよね。

結論から言うと、大手キャリアからそのままのメールアドレスを格安SIMに移すことはできません。

しかし、これは大手キャリア同士の乗り換えでも同じです。「~@docomo.ne.jp」から「~@softbank.ne.jp」にそのままのメールアドレスでは変更できません。格安SIMに変更する場合も、今までのメールアドレスは使えなくなり、また新しいメールアドレスを作成することになります。

格安SIMでメールアドレスって持てるの?

初めて格安SIMに乗り換えようと考えている人は、このメールアドレスも悩みどころですよね。今までのメールアドレスが使えないことに加えて格安SIMでもメールアドレスがもらえない場合、LINEなどで代用できるものの少し不安もあるのではないでしょうか。

しかし、安心してください!

たしかに、格安SIMでは大手キャリアのメールアドレスを引き継ぐことはできませんが、さまざまな方法でメールアドレスを持つことができます。

格安SIMでも今のメールアドレスを残したいなら…

まずは今使っているメールアドレスを残したい場合の方法について。

それは今まで使っていたスマホと格安スマホの2台を持つことです。今まで使っていたスマホは安いプランに入り直し、メールアドレスを維持するためだけに持つという方法です。そして、データ通信や音声通話などは格安SIMを利用します。

ただ、これでは大手キャリアの携帯・スマホはただメールアドレスを維持するだけになります。

最近ではLINEを利用している人が多く、携帯キャリアのメールサービスを使っていない人も多いのでは? 2台持ちになると荷物もかさばりますし、メールアドレスを残すためだけに維持費を支払い続けるのも効率的ではありません。

スマホ代を安くするために格安SIMを契約したはずが支払う料金も今までと変わりがなく、荷物が増えるだけになるということになってしまいますので、あまりおすすめはできません。

格安SIMで使えるメールアドレスの種類

それでは格安SIMではどんなメールアドレスを使えばいいの、と思いますね。格安SIMに乗り換えるときに考えるメールアドレスについて紹介します。

格安SIMで使えるメールアドレスは2種類あります。「フリーメールアドレス」と「格安SIM独自のメールアドレス」です。

フリーメールアドレスは、GoogleやYahoo!が無料で提供してる「~@yahoo.co.jp」「~@gmail.com」のことをいいます。

そして、もう1つは格安SIM独自のメールアドレスです。格安SIMを提供する事業者、MVNOの1つであるUQ mobileを例に出して言うと、「~@uqmobile.jp」というメールアドレスを発行してもらえます。

それでは、それぞれのメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

格安SIMでフリーメールアドレスを使うメリット・デメリット

格安SIMでYahoo!やGoogleなどのフリーメールアドレスを使うときのメリットとデメリットをご紹介します。それぞれのメリット・デメリットを理解して、自分に合った用途で選んでみてください。

フリーメールアドレスのメリット

フリーメールアドレスのメリットとしては、その使いやすさです。皆さんも一度ぐらいは使用したことがあるのではないでしょうか。操作が簡単だということは、とても大きなメリットです。

また、普段から「LINEで連絡をしていて、大手キャリアのメールアドレスはあまり使っていない」という人は、このグーグルが提供しているフリーメール、Gmailのアドレスで十分です。

特にandroidの端末の人はグーグルのアカウントを持っているので、新たに登録するする必要もありません。

フリーメールアドレスのデメリット

デメリットは通信キャリアのメールアドレスにGmailなどのフリーメールアドレスからメールを送信すると、届かない場合があること。

理由は、迷惑メール対策をしていて、すべてのPCからのメールの受け取りを拒否しているためです。そういった人には、個別に連絡をして受け取り設定をしてもらう必要があります。

またアプリなどの登録をするときに、大手キャリアのメールアドレスしか受け付けていない場合があります。

格安SIM独自のメールアドレスを使うメリット・デメリット

格安SIMが独自のメールアドレスを提供している場合もあります。実はこの格安SIMのメールアドレスのサービスは2種類あります。

まずは一般的な格安SIMの事業者のメールアドレスについて、大手キャリアやフリーメールとの違い、メリットとデメリットを見てみましょう。

格安SIM独自のメールアドレスのメリット

一般的な格安SIMでも独自のメールアドレスが用意されている場合があります。

メリットはフリーメールよりもセキュリティーが高いサービスが多いこと。GoogleのGmailなどでもセキュリティの設定はありますが、迷惑メール対策やサービスの不正利用などが不安な人はサービス内容をよく比較して選んでみてください。

格安SIM独自のメールアドレスのデメリット

容量制限などがある場合が多くあります。また、提供するMVNOのサービスによっては「PCと同じ送信」という扱いになるため、相手がPCからのメールを拒否している場合は届かないことがあります。

アプリや何かのサイトに登録する際にも、格安SIM独自のメールアドレスではできない可能性もあります。

格安SIM独自のメールアドレスが使用できるMVNO3選

格安SIM独自のメールアドレスについてのメリットとデメリットをご紹介しましたが、実は格安SIMのなかにも大手キャリアと同じように、他社の携帯などにもメールを送ることができるメールサービスを提供しているMVNOがあるんです。

そんなMVNOを3社ピックアップしてみました!
それが「UQ mobile」「楽天モバイル」「Y!mobile」です。

この3社のメールアドレスでは「PCからのメールを拒否設定」していても、相手のスマホ・携帯にはメールが届きます。

つまり、大手キャリアと同じような使い方ができるんです。大手キャリアのメールサービスを頻繁に使用している人にはおすすめの格安SIMです。

ただし、他の格安SIMのメールアドレス同様に、アプリやWEBサービスなどに登録するときに受け付けてもらえないこともあるので注意が必要です。それでは、3社それぞれの特徴についてご紹介します。

楽天モバイル

「~@rakuten.jp」を無料で利用できます。メールの保存容量がたっぷり15GBもあるので、メールがいっぱいになってしまう心配がありません。

ちなみに、この15GBというのはGoogleのGmailと同じ容量です。さらに、専用アプリもあるので簡単にメールを利用できます。また、楽天カードや楽天市場などで携帯メールアドレスとして登録できるので、「楽天」をよく利用している人にはおすすめです。

Y!mobile(ワイモバイル)

「~@ymobile.ne.jp」を無料で使用することができます。容量はなんと無制限!Y!mobileでは、写真を添付したり絵文字も送信できます。楽天モバイルと同様に専用アプリがあるので、メール管理なども簡単です。

UQ mobile(UQ モバイル)

「~@uqmobile.jp」を利用することができます。月額200円がかかります。メールサイズは1通につき最大3MBで、サーバの保存期間は30日です。また、このメールサービスが利用できないスマホもあるので、使いたい人は購入する前に確認しましょう。

【参考】SMSでメールをすることもできる

メールアドレスとはまた少し違いますが、メールを送るという意味ではSMS(ショートメッセージサービス)機能を付けるのもいいかもしれません。

相手がLINEなどを利用していない場合は、このSMSを利用してメールを送信するのが一番確実で簡単です。相手がSMSを利用していない格安SIMを使っている場合は送信することはできませんが、そのときはGmailかLINEなどで送信すれば問題ありません。

 (191)

格安SIMでもさまざまなメールアドレスが選択できる!

今回は格安SIMに乗り換えるときの疑問の1つでもあるメールアドレスについてご紹介しました。

大手キャリアのメールアドレスをそのまま引き継ぐことはできませんが、LINEが普及している現在では、大手キャリアのメールアドレスにこだわりを持っている人も少ないのではないでしょうか。

格安SIMのメールサービスでも、大手キャリアと同様のサービスを受けることができるものがあったり、フリーメールを活用する方法もあり、使い方にあわせて選べるさまざまな選択肢があります。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安スマホでキャリアメールは使える? 変更後の対策まとめ

格安スマホでキャリアメールは使える? 変更後の対策まとめ

格安スマホへ乗り換えると、ドコモやauで提供されているキャリアメールは使えなくなります。契約を変更した後に使えるメールについて徹底解説! GmailやYahoo!メールなどのフリーメールや独自のメールアドレスを使える格安スマホなど、これまでのキャリアメールの代わりになるサービスを紹介します。
格安スマホでも電話番号をそのまま使いたい! 引き継ぎに必要な手続きは?

格安スマホでも電話番号をそのまま使いたい! 引き継ぎに必要な手続きは?

格安スマホへ乗り換えても電話番号の引き継ぎは可能です。引き継ぎにはMNP予約番号など必要なものがあるので、必要な手続きとあわせて紹介します。格安スマホに変える前に、注意点やプランの比較方法、おすすめのサービスを確認しておきましょう!
格安スマホにするとメールアドレスがなくなる!? どうしたらいいの?

格安スマホにするとメールアドレスがなくなる!? どうしたらいいの?

格安スマホ・格安SIMに乗り換えのときに困るのはメール。今使っているドコモ・au・ソフトバンクのメールは使えなくなってしまうんです。そのかわり格安スマホ独自のメールアドレスを使える場合も。乗り換えるときにメールをどうしたらいいのかをわかりやすく解説します。
格安SIMと大手キャリアは何が違うの? 初心者にも分かりやすく解説

格安SIMと大手キャリアは何が違うの? 初心者にも分かりやすく解説

格安SIMとドコモやauをはじめとする大手キャリアのどこが違うのか実はよく分からない! そんな疑問はこの記事で解決しましょう。これから格安SIMに乗り換えたいなら知っておきたい格安SIMと大手キャリアの違いやそれぞれのメリット・デメリットを詳しく解説します。
格安SIMの料金は銀行引き落としでも支払える!

格安SIMの料金は銀行引き落としでも支払える!

格安SIMはクレジットカードがないと契約できないイメージがありますが、実は格安SIMのなかには銀行引き落としに対応したサービスもあります。銀行引き落としに対応している格安SIMやそれぞれの特長、銀行引き落としの手数料や注意点をまとめました。クレジットなしで格安SIMを契約したいならぜひ読んでみてください!

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部