結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 好きじゃない人と結婚しても、幸せになれるの?

好きじゃない人と結婚しても、幸せになれるの?

好きじゃない人と結婚しても、幸せになれるの?
恋愛・婚活ライター

婚活をはじめると必ずといっていいほど起きる「どうでもいい人には好かれるけど、好きになる人とはうまくいかない問題」。

誰しもが一度は言われる「高望みしすぎ。現実見なよ問題」。

そして「大好きになれる男性にまったく出会えない問題」。

婚活をはじめたころに描いていた“理想の結婚”は夢物語だったのだと思い知らされ、「大好きな人と結婚できないのなら、せめて条件のいい男性と結婚しよう」と、少々やさぐれた考えを持ってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

「好きじゃない人と結婚して幸せになれるの?」

今回は、その問いにお答えしたいと思います。

好きじゃない人と結婚してもいいのか?

好きじゃない人と結婚してもいいのか

結論から言うと「好きじゃない人でもいいから結婚しようというスタンスでは、そもそも結婚することができない」というのが私の考えです。

私自身も7年間、婚活をしました。

婚活をはじめた当初は恥ずかしいほどの高い理想を掲げていましたが、結婚できないまま30代に突入し、見事に現実を突きつけられました。

そのころから「恋して結婚」はあきらめ、「そんなに好きじゃなくてもいい、普通の条件の男性なら結婚しよう」と決めました。失礼な話ですが、妥協のような気持ちでお付き合いしたこともあります。

「最終的には結婚相談所に駆け込んで誰でもいいから結婚しよう」と安易に考えてもいました。それでも婚活はうまくいきませんでした。

「やっぱり結婚は好きじゃない人とはしたくない」結局は自分がそう思ってしまうのです。

婚活5年目にやっと現実と向き合い、本当に大切だと思える男性と結婚することができました。

好きじゃない人と結婚する理由って?

女性が好きじゃない人と結婚しようと考えてしまうのには3つの理由があります。

(1)恋はできないとあきらめている

恋はできないとあきらめている

婚活では好きになれる人となかなか出会うことができません。「いい人だけど手をつなぐのは無理」「嫌いじゃないけどなんか微妙……」と思ってしまうことも。まわりからは「高望み」と言われ、「あぁ、もう恋はできないんだな。好きじゃない人でもいいから結婚しよう」とあきらめてしまうのです。

(2)結婚は「安定」が大切だから

結婚は「安定」が大切だから

女性は「子どもを安全に産み、育てたい」という本能があるので、「経済的安定」を重要視します。恋できる相手だったとしても稼ぎに不安があれば結婚に踏み切ることはできません。

(3)好きになれる人とはうまくいかないことが続く

好きになれる人とはうまくいかないことが続く

婚活では、好きになれる人とはうまくいかないことが多いです。出会いと別れの繰り返しは、精神的に追い込まれます。そのため「もう恋愛はこりごり! そこまで好きじゃなくてもいいから結婚しよう」と考えてしまうのです。

好きじゃない人と結婚するメリット・デメリット

好きじゃない人と結婚するメリットデメリット

では、それほど好きではない人と結婚するメリット・デメリットはなんでしょうか。私自身は、それほど好きではない人と結婚するメリットは正直に言って「ない」に等しいと思っているのですが、あえてメリットも挙げてみたいと思います。

メリット

経済的安定

そんなに好きではない人であっても、経済力のある男性と結婚すれば「生活の安定」を手に入れることができます。生活が安定し、病気やケガのときに支えてくれる人がいれば心強いですよね。

結婚できる

婚活中は「なぜ結婚していないの?」という言葉がつらかったです。恋愛ももうこりごりだと思っていました。結婚すればそんな気持ちから解放されます。

デメリット

離婚の可能性が高い

好きじゃない人と無理に結婚したとしても離婚する可能性のほうが高いのではないでしょうか? 好きな人だったら許せることでも、好きじゃない人がやればムカつく。好きな人だったらなにがあっても支えていこうと思えるけれど、好きじゃない人ならそんなふうには思えません。

そもそも結婚できない可能性が高い

好きじゃない人とでもいいから結婚しようなんて、よく考えたら失礼な話です。逆にそんなふうに思われていたら嫌じゃないですか? 「そんなに好きではないけど結婚してあげます」というスタンスでは結婚できない可能性のほうが圧倒的に高いのです。

毎日が苦痛

大好きで結婚した人でも、何年も経てば不快に思うことが出てきます。たとえば使用済みの靴下がポトッと落ちているのを見て「イライラ」、朝起きたときの寝顔を見て「イライラ」。お互い様なのですが、好きな人でもそう思うことがあるのです。女性は一度「無理!」となると相手の一挙一動がカンに触ってイライラします。そんな毎日は苦痛以外のなにものでもありません。

好きじゃない人と結婚して幸せになれる?

それほど好きではない人と結婚して幸せになれるのでしょうか? 幸せになる方法はあるのでしょうか? 解説したいと思います。

簡単には出会えない「運命の人」

簡単には出会えない「運命の人」

私が7年婚活をして気づいたことは「運命の人にはそう簡単に出会えない」ということです。たとえば100人の男性と出会えたとして、恋愛対象となるのはそのうちの20~30人、結婚前提でお付き合いできるのは3~8人。運命の相手はそのうちひとりいるかどうか……。

体感としてですがそれくらいの確率です。

運命の相手に出会うのは本当に難しいのです。しかも「高収入!! 高スペック!!」と条件にこだわり色メガネでお相手を判断しているときは、運命の人が目の前に現れても気づくことができず、相手に選ばれることもありません(なのでずっと結婚できない)。

結婚はお互いを大切に思い、自分らしさを尊重し合い、フィーリングや相性が合うことが重要です。条件や見栄えにこだわることをやめ、結婚の本質を理解し、心から「幸せになろう」と決意したとき、本当の婚活がはじまります。好きじゃない人と結婚しようと難しく考えるのではなく、好きになれる人が見つかるまであきらめず行動することが大切です。

「理想の結婚相手」の選び方

それほど好きではない人と結婚しようと考えている人は、「好きな人とは結婚できない」と思っています。確かに婚活で「恋して結婚しよう」と考えるのは、宝くじに当たることを期待するようなものです。

しかし、婚活に苦労して結婚した人だけが知っている「真実」があります。

ほとんどの人が心から好きな人と結婚しているのです。

恋心とは少しちがうこの気持ちを文字であらわすと、“彼と付き合って3年。恋する気持ちは薄れてきたけど一緒にいて落ち着くし安定している”。

そんなお相手を初対面から判断していくような感覚です。

「恋」を望んでいる人からすると「物足りない」と感じるでしょう。

恋愛の賞味期限は3年。恋をして、恋心が薄れてきたときに一緒にいられる人かどうかが重要です。

恋心がなくなっても一緒にいて心地いいと思える相性で、相手の男性に結婚願望があれば結婚できます。

婚活は、その「恋する段階」をショートカットするようなもの。

これから長く続く結婚生活をリアルにイメージし、それを本気で望んだ人にしか見分けられないと思います。しかし、あきらめず本気で望めばそんな人に出会える可能性は大いにあるのです。

120%惚れ込んでくれる人なら結婚してもいい

120%ほれ込んでくれる人なら結婚してもいい

好きな人と結婚することをあきらめないでほしいと思いますが、たったひとつ例外があります。

本当にあなたを好きで大切にしてくれる人、人生をかけて幸せにしたいと思ってくれる人が現れたら結婚してもいいと思います。

ただし、触れていて心地いいと思えることが条件ですが。

結婚で一番大切なのは『自分らしく毎日を過ごせるか』なのです。あなたが自分らしい生活を送り、愛されて大切にされていれ

ば意外と楽しい結婚生活が送れるかもしれません。

心から好きだと思える人と結婚しよう

婚活はいいことばかりではなく、苦しいことのほうが多いかもしれません。なかなか出会えないので、常に不安やあきらめたい気持ちとの葛藤です。

でも幸せになることをあきらめないでください。必ず結婚すると決め、心から好きだと思える人を見つけてくださいね。

(kana)

※画像はイメージです。
 

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

チャンステスト

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

プロフィール入力すると無料でマッチング診断、あなたに合った楽天オーネット会員をご紹介します。

結婚に関するキーワード

結婚に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 好きじゃない人と結婚しても、幸せになれるの?
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 好きじゃない人と結婚しても、幸せになれるの?