結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 あきらめるのはまだ早い。40代にオススメの出会いの場3つ

あきらめるのはまだ早い。40代にオススメの出会いの場3つ

あきらめるのはまだ早い。40代にオススメの出会いの場3つ
恋愛コラムニスト

40代になり、婚活しているけれどまったく出会いがない。

職場や友人は既婚者ばかりだったり、合コンでも年齢が外れて参加できないものが増えたりと、40代になるとぐっと難しさのレベルが上がるのが婚活です。

ですが、それなら結婚はあきらめたほうがいいのかというと、決してそんなことはありません。

40代女性の出会いの場はどこにあるのか、恋愛コラムライターのひろたかおりがお話します。

40代女性の結婚は難しいのか?

40代女性の結婚は難しいのか

たとえば、これまで交際していた男性がいたけれど別れてしまい婚活を考えるようになった女性や、40代になってから婚活をはじめた女性など、いざはじめてみると「こんなにも出会えないのか」と落胆することが幾度かあります。

初婚の年齢が上がっているとはいえ、やはり婚活の場で求められるのは20~30代を中心とした若い女性が多く、40代の女性を希望する男性の数は少ないのが現実です。

「数は少なくても、ゼロよりマシ」と手当たり次第会ってみたとしても、お互いに気に入らなければ交際に発展することはなく、結婚へのハードルは想像以上に厳しいことを多くの女性が実感しています。

ですが、「40代なんだから仕方ないか」と不安の残る相手でも妥協してしまったり、「結婚は無理だろうな」と婚活そのものをあきらめてしまったり、ステージから降りるのは早計です。

40代は、仕事もこなしてプライベートでもいろいろな楽しみを経験してきて、いわば人生が熟成している年代。目先の条件に振り回されて男性を物色するような婚活ではなく、自分が望む結婚とはどんなものなのか、またそれに合う男性とはどんな人なのかをじっくり考え、軸を持って取り組む姿勢が大切です。

「どんな人と結婚したいか」を突き詰めていくと、年収の高さより働き方のほうが重要だったり、実年齢より精神年齢を重視するべきだったりと、いろいろな「引き算」ができることに気がつきます。

それは、妥協ではなく本当に身の丈にあった男性を見つけるための視線です。結婚するのは、条件ではなくひとりの人間。表面だけの数字や肩書きにとらわれるのではなく、より「ひとりの人間として」愛せるかどうかを40代の婚活では考えていきたいですね。

40代女性が幸せな結婚を掴むための心得とは?

それでは、40代女性が「本当に幸せになれる結婚」を掴むためにはどんな心得が必要なのでしょうか。

相手に求める年収は、自分とのバランスを考える

相手に求める年収は、自分とのバランスを考える

「どうしても相手の年収は800万以上じゃないとイヤ!」などと考えている40代女性は、はっきり言ってどんな場所でも男性から相手にはされません。それは、「40代なのに高望みしている」と思われるのが理由ではなく、「自分の収入とのバランスを考えていない」ことがわかるからです。

いわゆる好条件な男性は、早い段階で結婚を決めているか、残っていても女性に求める条件が厳しくてクリアできる人がいないなど、そうそう希望通りにはいかないのが現実です。

相手に高い年収を一方的に望むより、自分の年収とのバランスを考え「私がこれくらいだから、相手の男性は○○万円くらいなら大丈夫」と、より現実の生活を見据える目を持ちましょう。

そのためには、自分がどんな結婚生活を送りたいかをもう一度見直すことが重要です。ただ贅沢がしたい、セレブな暮らしがいいなど現実離れした希望では、男性も相手にする気が起こりませんよね。

「平日は自炊するけど、週末はふたりで外食したいな」など、具体的に思い浮かべてみれば男性に求める年収もおのずと決まってきます。男性と話したとき、「この人となら地に足の着いた暮らしができそう」と思われることで、結婚がよりリアルになります。

「どんな仕事をしているか」より「仕事を愛している」人

「どんな仕事をしているか」より「仕事を愛している」人

「職業は医者か弁護士がいいな」「公務員じゃないと無理」のように、高いステータスを持つ男性にあこがれる気持ちはわかりますが、では実際に結婚したとき、本当に思い描いていたような暮らしができるでしょうか。

毎日忙しくてろくに家に帰ってこなかったり、転勤ばかりで落ち着いて暮らせなかったり、肩書きで相手を選んでしまうとあとで「こんなはずでは」と悩むこともあります。40代の婚活では、「どんな仕事をしているか」より「仕事を愛しているか」を重視してみましょう。

普通の会社員であっても、その仕事が好きで一生懸命がんばっている人なら、この先転職を繰り返して生活が不安定になる恐れも少なく、落ち着いた暮らしが望めます。何より、自分の仕事にプライドを持っている男性は芯が強く、結婚相手となる女性のこともしっかり大切にしようとする気概があるので、結婚後もお互いを思いやる生活が送れるといえます。

女性も仕事をしているのなら、家事の分担なども考え、ふたりで協力して暮らしていける男性を選ぶことが長い結婚生活では重要です。肩書きにとらわれていては、本当に自分に合う男性を見逃す可能性があると心得ましょう。

性格は「歩み寄る」ことを前提に

性格は「歩み寄る」ことを前提に

性格は誰もが一長一短、すべて完璧に合うなんてことはめったにありません。

「やさしいけれど優柔不断」「怒りっぽいけれど根は真面目」など、その人の性格は個性のひとつ。合わない部分があるから無理、とあきらめるのではなく、こちらからも歩み寄る姿勢、お互いに長所はより伸ばし、悪いところは補い合えるような関係が理想です。

短所より長所に目を向けて、受け入れられる部分を探しましょう

もちろん、一方的に自分を押し付けるような男性では結婚前の交際も難しいですが、互いを尊重しあえる人であれば、短所は話し合うことで改善していけます。相手にとっても自分は歩み寄ってもらう側であることを忘れず、ふたりでいい関係を築いていきたいですね。

40代女性にオススメの出会いの場 

40代女性がいい出会いを掴むには、どんな場所があるのでしょうか。どんな場であれ、参加するなら楽しく、積極的に人と関わる姿勢がいい出会いを呼び込みます。「結婚相手を探す!」と意気込みすぎると逆に目がくもってしまうので、まずは意識せずにリラックスして過ごしましょう。40代のひろたがオススメする出会いの場をご紹介します。

(1)結婚相談所

結婚相談所

まず、40代の女性が結婚相手を探す場として外せないのが、結婚相談所です。本当に結婚したい男性が登録しているので、結婚を前提とした出会いが期待できます。年収や婚歴なども事前にわかるので、焦らずいい相手を探しましょう。さまざまな年代の男性と知り合えて、最初から結婚を意識した交際で相手を見極められるのが、結婚相談所を利用するメリットです。

(2)サークルなど趣味の場

サークルなど趣味の場

登山や語学、ジムなど、趣味のサークルは気が合う人が見つかりやすい場所です。40代の女性にサークルなどの場がオススメなのは、自然な出会いを求めることができるから。

家と会社の往復だけではなかなかいい人との出会いは望めませんが、
趣味を通したつながりなら、好きなものが同じ人と出会える上に、定期的に顔を合わせることで親密度を高めることもできます。必ず独身の男性と出会いがあるとは言い切れませんが、幅広い年代の男性と知り合えるので意外なつながりを持てることも。

(3)マッチングアプリ

マッチングアプリ

スマホのアプリが手軽に使える現代、40代女性の出会いの場としてマッチングアプリは欠かせません。婚活専用のマッチングアプリには、40代以上の登録者が多いものなどもあり、以前より40代以上でも利用しやすくなっています。

数あるアプリのなかで安心して利用できるものを見つけるには、運営元や運営歴をしっかり確認し、身元がはっきりした人しか登録できないところを選ぶことが大切です。空いた時間で気が合う人を見つけられる手軽さを活かし、確実な出会いを掴みましょう。

40代でも婚活をあきらめる必要はなし!

婚活でくじける40代女性の多くは、まず「いい出会いがない」現実を目の当たりにすることで自分には価値がないと思いこんでしまいます。

ですが、相手に求める条件を見直し、またいい出会いが望める場所を見つけることで、独身男性と知り合うきっかけを掴めます。年齢にとらわれず、今の自分に自信を持って、幸せな結婚を目指しましょう。

(ひろたかおり)

※画像はイメージです
 

婚活に関するキーワード

婚活に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 あきらめるのはまだ早い。40代にオススメの出会いの場3つ
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 あきらめるのはまだ早い。40代にオススメの出会いの場3つ

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。