お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ハタヨガの意味や効果とは? 初心者におすすめのポーズ3選

Mika Saiki

初心者さんにおすすめのハタヨガポーズ3選

ではここからは、初心者さんにもおすすめのハタヨガポーズを3つ紹介していきます。

(1)ダウンドッグのポーズ

1.四つ這いの姿勢になる。

ハタヨガ ポーズ

2.つま先をマットに突き立て、手で床を押してお尻を上げる。

ハタヨガ ポーズ

3.かかとを床に下ろす。かかとを下ろす際に足の筋肉(ハムストリングス)が硬い方は膝を曲げてもOKなので、背中を伸ばすことを意識する!

ハタヨガ ポーズ

詳しい動き、解説は以下の動画をチェック!

ダウンドッグが難しい時の対処法

ハタヨガ ポーズ

ダウンドッグのポーズが難しい人は、ダウンドッグの軽減法である「子犬のポーズ」を行うのがおすすめ。

足や肩の柔軟性がまだ足りないうちに、無理してダウンドッグを行おうとしても、背中が丸まった状態のままとなり、肩に力が入って肩こりの原因になってしまいます。

ダウンドッグの目的は背中を伸ばすことです。そのため、ダウンドッグのポーズを取るのがつらいという人には、子犬のポーズがおすすめ。

子犬のポーズは、四つ這いの状態から両手を前へ伸ばし、手で床を押して、背中を伸ばすポーズです。

まずはこのポーズで背中の柔軟性を身につけて、ダウンドッグのポーズを正しく行うことを目標にしましょう。

動きの解説、その他のポーズは以下の動画をチェック!

(2)戦士のポーズ

1.両足をそろえて立つ。

ハタヨガ ポーズ

2.左足を後ろに引き、足1本分くらいの幅を開ける。

ハタヨガ ポーズ

3.右のつま先を前、左のつま先を斜め45度へ向け、右膝を曲げる。膝を曲げた時、膝がつま先よりも前に出ないように注意する。

ハタヨガ ポーズ

4.左右の腰骨をマットの前のラインと並行にして、息を吸いながら両腕を上げる。(「戦士のポーズ1」)

ハタヨガ ポーズ

5.そのまま体を左側へ向け、息を吐きながら両手を肩の高さへ下ろす。視線を右手の指先へ向けてキープ。(「戦士のポーズ2」)

ハタヨガ ポーズ

6.同様の動きを反対側も行う。

実際の動きは以下の動画をチェック!

(3)三角のポーズ

1.足を1m前後の幅に開いて立つ。

ハタヨガ ポーズ

2.左のつま先を前、右のつま先を内側に向け、両手を肩の高さに上げる。

ハタヨガ ポーズ

3.そのままお尻を右側へ突き出し、左側に体を倒す。「もうこれ以上倒せない!」と思うくらいまでを目安に倒したら、左手をつま先かすねに当て、右手を真上に上げる。

この時、手のひらは正面を向けるように意識する。

ハタヨガ ポーズ

4.心地の良いところで右の手のひらが床と平行になるように腕を下ろす。おなかを使って体側を伸ばすことを意識するとGOOD!

ハタヨガ ポーズ

5.体を元に戻し、両手を腰に当てる。続いて、同じ動きを反対側も行う。

実際の動き、詳しい解説は以下の動画をチェック!

ハタヨガで理想のボディを手に入れよう

世界中で多くの人が行っているハタヨガ。簡単そうに見える動きでも、実際に行ってみると想像以上にハードで、「普段使えていない筋肉が多い」と実感する人が多いのではないでしょうか。

ヨガで感じる体や心の変化は、継続して行った人にしか分からないものです。最初は簡単なポーズから始めて、楽しみながら実践することが大切です。

継続して行えば、できるポーズが増えたり、ポーズをより美しく取れたりといった変化を実感できるはず。しなやかな体を目指して頑張りましょう!

(監修:Mika Saiki、取材・文:田島佑香/マイナビウーマン編集部)

※一部画像はイメージです

※本記事はトレーナーの見解に基づき解説しております

※この記事は2021年09月03日に公開されたものです

Mika Saiki

ヨガ講師。現在は、渋谷駅から徒歩5分のヨガスタジオで毎週土曜日に英語と日本語のバイリンガルヨガクラスを開催する他、YouTubeチャンネルや動画配信サービスVimeoで月額購読のオンラインレッスンを配信中。

自身のニューヨークヨガ留学をきっかけに「ニューヨークスタイルヨガ」を考案。体を引き締めること、集中力・創造力を高めること、ヨガを楽しむことの3つを同時に行うニューヨークスタイルのアクティブなヨガのレッスンは、日本だけでなく世界各国の人に支持されている。

公式HPNEW YORK STYLE YOGA
YouTube:mikamikayoga
Instagram:newyorkstyleyoga

この著者の記事一覧 

SHARE