お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

全部どうでもいい。突然「どうでもよくなる心理」の正体

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

急にすべてがどうでもよくなってしまう心理とは? 「何もかも投げ出したい」というあなたへ、催眠心理療法士の浅田悠介さんが無気力状態の脱却法をお伝えします。

突然ですが、

「ああああもうどうでもいいわ!!!!」

ってなることありません?

このストレスフルな現代において、仕事や、人間関係や、趣味や、プライベートにおいて、とにかくひとりの肩にいろんなものがのしかかってきますよね。

ひとつひとつの出来事は些細なことかもしれません。それが積み重なると何もかもどうでもよくなる瞬間があらわれます。マグマが噴火するみたいに。

今回は、そんな「どうでもよくなる心理」を解説します。

私も執筆作業を投げ出して、スタバに行ってダークモカチップフラペチーノを飲んでひたすらボケッとしたい衝動を抑えて解説しますので、どうか最後まで付き合ってください。

突然「どうでもよくなる心理」とは?

まず、私たちは、どんなときに「どうでもよくなる」のでしょう?

例をあげると、仕事が大量発生したときや、急なトラブルに巻きまれたとき、シンプルに体調が悪いとき、上手くいかなかったとき、気分が落ちこんでいるとき──失恋した直後だってあるでしょう。

これらの共通点は「キャパオーバー」なのです。

精神的にか、体力的にか、あるいは両方か。

ああ、もう無理だ、自分の処理の限界を越えていると感じたときに「どうでもよくなる」のですね。逃げたくなるのです。

どうでもいいと投げ出したくなる原因

原因としては、

・軽いパニック状態
・本能が逃げろと言っている

二種類がありえます。

前者は一度に多くの作業をパソコンにさせて、画面が真っ白になるようなものです。限界を迎えたというわけです。

後者は、生存本能が関係しています。

生物界では、そんな負荷のかかる状況にいるほうが危ないからです。命にも関わります。そんな状況では、さっさともっとしんどくない場所に逃げるほうが正しいですよね。

ただ、私たちは人間です。サバンナを駆けるシマウマではありません。さまざまなしがらみによって、逃げたくても逃げられないという悲しい生物なのです。

次ページ:どうでもいいってダメなこと?

お役立ち情報[PR]