女性をジッと見つめる男性の心理って? ドキッとさせるリアクション・5つ

気になる男性が自分のことをジッと見つめていたら「脈アリかも……!?」とうれしい気持ちになりますよね。しかし実際のところ、男性はどのような心理なのでしょうか。そこで今回は、じっと見つめる男性の心理や脈アリかどうかチェックするコツ、見つめられたときのリアクションについて、男女の心理にくわしい織田隼人さんが解説します。

女性をジッと見つめる男性の心理って? ドキッとさせるリアクション・5つ

女性を見つめる男性の心理って?

まず、女性を見つめる男性の心理についてチェックしてみましょう。

イヤリングやネックレスが気になる

イヤリングやネックレスなど、光っているものがあると、男性はつい目を向けてしまう傾向があります。そのため、無意識に目が合ってしまっていることが多いです。これは、大昔に男性が狩りをしていたことが原因のひとつだと考えられています。

女性の顔が気になる

特にすれちがいざまなどに多いですが、女性の顔が気になって、つい見てしまう男性が多いです。うしろ姿を見たあとに、(知り合いであっても)顔を見ようとして、その結果目が合います。

かわいい・キレイな女性を見たい

かわいい女性や美人を見ると、男性は幸せな気持ちになります。そのため、かわいいと思ったり、美人だと思ったら、それだけで目を向けて、見つめ続けることが多いです。

女性のことが好き

気になる女性の動向は、どうしても気になってしまうもの。また、気になる女性を見ているだけで幸せな気持ちになります。この2つの要素から、ずっと女性の目を見てしまうことが多いです。また、目が合うと恥ずかしがって目を背けることがあります。

露出に反応している

露出の多い女性や体形のわかる服装を着ている女性がいると、男性はついそちらに目を向けてしまいます。男性本人は見たくないと思っていても、無意識に目を向けてしまうことも。たとえば、嫌いな女性で見たくないと思っていても、露出が高いと目で追ってしまい、結果、嫌な気持ちになるということもあるくらい、男性は露出に対して反応しやすいです。

脈アリかどうかチェックするポイントって?

見つめられたからといって、必ずしも脈アリとは限らないようです。ここでは、脈アリかどうか見極めるコツを解説します。

目が合ったあとに目を背ける

これは、相手が頻繁に見つめてきている可能性が高いと言えます。目が合うケースとして、女性が先に男性を見つめていて、それに気づいた男性と目が合ってしまうことがあります。しかし、男性が目を背ける場合は、男性が先に見つめている可能性が高いので、脈アリと言えます。

目が合ったあとに男性が笑う

仕事の場でよくありますが、目が合ったあとに、相手が話しかけてきて、何か相談やお願いごとをされた場合は、単純に相手の男性が「話しかけるきっかけを狙っていた」だけと言えます。そのため、脈ナシのことが多いです。

目が合ったあとに、相談やお願いごとをされる

仕事の場でよくありますが、目が合ったあとに、相手が話しかけてきて、何か相談やお願いごとをされた場合は、単純に相手の男性が「話しかけるきっかけを狙っていた」だけと言えます。そのため、脈ナシのことが多いです。

見つめられたときのリアクションって?

最後に、彼をドキッとさせるリアクションをご紹介します。

見つめ返してニコッと笑う

見つめ返して、ニコッと笑うだけでコミュニケーションが成立します。これは、相手が目を背ける前に先に笑顔になることが大事。笑顔が男性に伝わると、男性も笑顔を返すようになるので、関係が強化されやすいです。

手を振る

目が合うようになり、笑顔でアイコンタクトがとれたら、次は手を振ってみましょう。軽く振る程度で大丈夫です。手を振ることで、さらにコミュニケーションが続いていることを相手に伝えることができます。また、手を振るということは手が空いているということを伝えることができるので、場合によっては声をかけてくれる可能性も。

会話の最中はジッと見つめ続ける

男性は、8秒程度見つめ続けられると、ドキドキする傾向があります。なので、会話の最中に目が合ったときは、ずっと彼の目を見つめ続けてください。

顔を近づける

男性が近くにいるとき、目が合ったら、顔を近づけるしぐさをしてみましょう。男性に親密さをアピールすることができます。

まとめ

男性に見つめられたからといって、必ずしも脈アリとは言えないようです。しかし、織田さんによると、目が合ったあとに目を背けられたり、笑顔を向けられた場合は、脈アリの可能性が高いとのこと。もっと関係を進展させたい場合は、彼をドキッとさせるリアクションで自分のことを意識させちゃいましょう!

(監修:織田隼人)

プロフィール

織田隼人(心理コーディネーター)

心理コーディネーター。男女の心理のちがいを伝えることで、男女の行きちがいを少しでも減らすのが目標。著書に「やっぱり彼と復縁したい貴女へ」「彼女と復縁する59の方法」「愛でセックスを買う男・セックスで愛を買う女」などがある。

HP:http://oda999.tea-nifty.com/blog/
復縁のコラム:http://fukuen.kimo.jp/
twitter:@oda_hayato

この記事のライター

30代後半から40歳にかけては、自分自身にも環境にもさまざまな変化が訪れるタイミング。「そこそこ満足」と「これからどうする」で揺れることも多いのではないでしょうか。編集部では、オトナノ世代がこれから先もしなやかに、柔軟に、楽しみながら生きていくための道しるべを模索し、発信します。

twitter:@otonano_mynavi


心理学 操作者 人間関係