2018年12月19日 公開
2018年12月19日 更新

【2018年冬】人気のSIM(シム)フリースマホを一挙紹介

SIMフリースマホには多くの機種がありますが、初めて格安SIMに乗り換えるときにはどれがいいか迷ってしまいますよね。そこで、スマホ選びに悩んでいる方におすすめしたい人気のSIMフリースマホを選んでみました。SIMフリースマホの選び方、人気機種を使うメリットもまとめて紹介します。機種選びで迷ったらチェックしてみて!

63 view

格安スマホを購入しようと思ってもたくさんの種類があって悩んでしまいます。そこで、SIM(シム)フリースマホのなかでも人気の機種を編集部が厳選しました。

それぞれ、性能が優れていたり、デザインがかっこよかったり、コスパが良かったりなど魅力的なポイントがあります。しっかり比べればきっと満足できるSIMフリースマホが見つかるはず!

人気のSIM(シム)フリースマホの選び方

 (9409)

SIMフリースマホとはSIMカードの制限がなく、使いたい格安SIMを自由に選べるスマホです。

通常はドコモやauなどの携帯電話キャリアで売られているスマホにはSIMロックと呼ばれる制限がかけられています。SIMロックがかかっていると、購入したキャリアと同じ回線のSIMカードしか利用できません。

SIMフリースマホなら使い方にあわせて好きなSIMカードと組み合わせて利用できます。

SIM(シム)フリースマホはどんな人におすすめ?

  • 格安SIMを利用して通信料金を節約したい方
  • 海外でもスマホを利用する予定の方

SIMフリースマホのメリットは自由に格安SIMが使えることです。SIMフリースマホと格安SIMを組み合わせることで通信料金を節約できることがあります。

また、SIMフリースマホは海外によく行く方にもおすすめです。わざわざ海外用にスマホを用意しなくても海外で購入したSIMカードを挿してそのまま使えます

ただし、注意しなくてはいけないのは使いたいSIMカードとSIMフリースマホの通信方式や対応する電波の周波数が合っているかということ。SIMカードは読み取れても、通信方式が対応していなければ通信ができなかったり電波が弱いことがあります。

SIM(シム)フリースマホのスペックはどう見る?

SIMフリースマホには1万円程度から10万円を超える端末まで、さまざまな価格帯の機種があります。もちろん、価格によってスペックにも差があります。

スペックによってできることが変わってくるため、自分の利用スタイルを考えながらどの程度の価格のモデルを買うか決めましょう。

  • ハイエンドモデル:5万円以上
  • ミドルレンジモデル:3万円から5万円程度
  • エントリーモデル:1万円から2万円程度

例えば、普段から動画やアプリを楽しんでいて、できるだけ動作がサクサクしているスマホを使いたいならハイエンドモデルがおすすめです。動画もアプリも楽しむけれど価格は抑えたいならミドルレンジモデルがぴったりです。とりあえずSIMフリースマホを購入して使ってみたい方はエントリーモデルを選ぶといいでしょう。

機種によっては防水・おサイフケータイなどの機能に対応していたり、カメラの性能などにも違いがあります。ハイエンドモデルでは一眼レフのような写真が撮れるカメラを搭載していることもあります。

“全部入り”の高機能な機種は価格も高くなることが多いので、必要な機能をしっかり考えて選ぶことをおすすめします。

人気のSIM(シム)フリースマホを使うメリット

たくさんのSIMフリースマホのなかでも、やはり購入するならば人気のある機種がいいでしょう。理由は3つあります。

  • 利用者の感想を見てから購入できる
  • 実物を見たり、価格比較をして購入できる
  • 周辺機器を入手しやすい

人気機種は利用者が多いため、SNSなどへの口コミもよく投稿されています。事前に情報収集がしやすいため、購入してから想像と違ってがっかりすることは少ないでしょう。

取り扱い店舗や取り扱いをしている格安SIMの事業者が多いので手にとって試しやすく、比較して安い事業者でお得に購入できます。

SIMフリースマホは機種が多いため、量販店や雑貨店などですべての機種のケースや画面保護シートの取り扱いはありません。簡単に入手できるのは人気のあるメーカーや機種のサイズに合わせた周辺機器のみです。

他の人とは違う機種がいい、特別な機能のある機種を探している、などの理由がなければ人気機種を選ぶメリットは大きいといえるでしょう。

編集部が選ぶSIM(シム)フリースマホの人気機種まとめ

 (9410)

それでは2018年の冬におすすめしたいSIMフリースマホの人気機種を紹介します。編集部おすすめの人気SIMフリースマホの特徴をまとめましたので、自分にぴったりのスマホを探してみてくださいね。

AQUOS R compact SH-M06

AQUOS R compact SH-M06 製品ページ (9058)

  • 革新デザイン『EDGEST fit』で持ちやすさと狭額縁を両立
  • 防水・防じんでお風呂でも使える
  • ハイスピードIGZOディスプレイで美しい画面

AQUOS R compact SH-M06はSHARP製のスマホです。液晶テレビで人気のAQUOSシリーズ同様に、美しい画面が魅力的なSIMフリースマホです。ハイスピードIGZOディスプレイを採用し、AQUOSテレビから受け継がれた技術で実物に近い色味を鮮やかに再現します。

さらに、動きの激しい動画や画面スクロールをしたときも従来のAQUOSシリーズのスマホの2倍のコマ数で描画できるため、文字も鮮明に見えます。動画やアプリでその実力をたしかめてみてください。

デザイン面では『EDGEST fit』を採用。三辺の縁がギリギリまで削られている狭額縁デザインながら、自由に形状をデザインできるディスプレイ技術で丸みのある持ちやすい端末になっています。とても大きな画面に見えますが実際は4インチ台のスマホ。手の小さい方でも片手で収まるサイズ感のスマホは少なく貴重です。

AQUOS R compact SH-M06におすすめのMVNOはBIGLOBEモバイルです!BIGLOBEモバイルは、エンタメフリーオプションがあり、YouTubeなど対象の動画や音楽の通信量がカウントフリーになります。高画質の動画を楽しみましょう。

HUAWEI nova lite 2

HUAWEI nova lite 2 製品ページ (9050)

  • 18:9の超ワイドディスプレイでとにかく見やすい
  • 画面の大きさに対して持ちやすいコンパクトボディ
  • ダブルレンズカメラでプロ級の写真が撮影できる

HUAWEI nova lite 2は、格安スマホの中でも人気のメーカーであるHUAWEI製SIMフリースマホです。HUAWEIのスマホは、高機能ながら手頃な価格で買いやすいスマホが多く、このモデルもコストパフォーマンスがとても良い機種です。

ディスプレイは流行りの18:9ワイドディスプレイ。これまでのスマホと比べると縁が削られていて大きな画面であることが分かります。本体のサイズに対して大画面で、5.65インチのディスプレイを搭載しながら女性でも片手で持てるコンパクトボディが魅力です。

また、デザインだけでなくカメラ機能が優れています。1,300万画素と200万画素のダブルレンズカメラでいつでもプロ級の1枚を撮影可能です。さらに、ワイドアパーチャ機能で撮影後にボケ感を調節できます。まるで一眼レフで撮影したかのような写真が撮れるのでInstagram(インスタグラム)やFacebook(フェイスブック)を使っている方にもおすすめです。

HUAWEI nova lite 2におすすめのMVNOは楽天モバイルです!楽天モバイルは機種代金を割引するキャンペーンやセールを実施していることが多く、多くのMVNOで2万円前後の価格で売られているHUAWEI nova lite 2が音声通話SIMとセットなら1万円程度で手に入ることがあります。

ZenFone 5Q

ZenFone 5Q 製品ページ (9063)

  • 4つのカメラを搭載したクアッドカメラスマホ
  • 十分な基本性能と安心のセキュリティで快適に使える
  • 目を惹くビビッドなカラーリング
ZenFone 5Qは格安スマホブームの火付け役ともいえるZenFoneシリーズの最新SIMフリースマホです。これまで、幅広いニーズに応えたスマホを発売しています。誰にでも使いやすいデザインやスペックが特長で万人におすすめできるスマホです。

ZenFone 5Qは、カメラに特化したSIMフリースマホ。両面に2つずつ計4つカメラが付いています。背面は1,600万画素+800万画素広角レンズを搭載。前面は2,000万画素+800万画素広角レンズとどちらで撮影しても美しい写真が残せます

レンジからハイエンドモデルの中間程度の価格帯で快適に使えるスペックなので動画やアプリ、ネット閲覧などスマホの操作でストレスが溜まることはないでしょう。使いやすい指紋認証や顔認証などのセキュリティも充実していて、安心して利用できます。

デザイン面でおすすめしたいのがカラーリング。シンプルなムーンライトホワイト、ミッドナイトブラックに加えて、ビビットなルージュレッドがラインアップされています。この中で特におすすめなのが目を惹くルージュレッド。ほかのスマホには少ない発色の良いカラーを求めている方にぴったりです。

ZenFone 5QにおすすめのMVNOはDMMモバイルです!DMMモバイルにはSNSフリーオプションがあり、LINE、Twitter、Instagramなど特定のSNSが月額270円でカウントフリーになります。

HUAWEI P20 lite

 (9354)

  • 大画面なのにスリムで持ちやすい
  • インカメラもアウトカメラも高性能で暗い中でも美しく撮れる
  • クラインブルーの端末カラーが美しい

さまざまなSIMフリースマホのランキングで上位になっている人気SIMフリースマホがHUAWEIのP20 lite。フランスの芸術家イヴ・クラインが作り出したカラーにちなんで、クラインブルーと名付けられたブルーの端末が印象的です。

アウトカメラは約1,600万画素と約200万画素のダブルレンズで、一眼レフのような美しいボケ味を表現できます。さらにインカメラも約1,600万画素と高性能。インカメラのポートレートモードでは受光感度を4倍に高めるライトフュージョンと呼ばれる技術で薄暗い場所でもはっきりときれいなセルフィーが撮れます。

約5.8インチと大画面ですが、19:9のワイドディスプレイのためスリムで持ちやすく長時間使っても疲れにくいデザインも特長といえるでしょう。

特に人気のあるSIMフリースマホのため取り扱っている格安SIMの事業者はたくさんありますが、OCN モバイル ONEなどでは格安SIMとセット購入で割引になるセールを実施していることがあります。

ミドルレンジのスマホですがセールを狙えば、1万円程度で買えることも。お得なタイミングを見逃さないようにチェックしておきましょう。

SIM(シム)フリースマホ選びに悩んだら人気の機種を見てみよう!

今買いたい人気のSIM(シム)フリースマホを選んでみました。これからSIMフリースマホの購入を考えている方は、まずはこの記事で紹介した人気機種をチェックしてみるといいでしょう。

多くの人が使っている人気機種なら、初めてのSIMフリースマホでも安心ですよ!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

35 件

毎月のスマホ代、半額にしませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SIMフリースマホを3つのポイントで徹底比較! おすすめのSIMフリースマホはこれ

SIMフリースマホを3つのポイントで徹底比較! おすすめのSIMフリースマホはこれ

たくさんのSIMフリースマホから自分に合った機種を選ぶのは難しいですね。この記事では人気のSIMフリースマホ3つをピックアップ、デザイン・スペック・価格の3項目で徹底比較しました。きっとSIMフリースマホをどうやって選べばいいのか困っている人の役に立つ内容です。新しい機種を買う前にチェックしましょう。
SIM(シム)フリースマホとは? 初心者にも分かりやすくメリットやおすすめ機種を紹介♪

SIM(シム)フリースマホとは? 初心者にも分かりやすくメリットやおすすめ機種を紹介♪

格安スマホについて調べているとよく目にするSIM(シム)フリースマホという言葉。なんとなく見たことはあっても詳しい意味までご存知ですか? そこで今回はSIM(シム)フリースマホについて、初心者にも分かりやすい解説からそのメリット、おすすめの機種までご紹介します。
格安スマホを買うならおすすめしたいおしゃれな端末5つを紹介!

格安スマホを買うならおすすめしたいおしゃれな端末5つを紹介!

格安スマホがブームになり、多くの端末が登場しています。中でも注目したいのがおしゃれな格安スマホです。選べる端末が増えたことでおしゃれな端末も増えました。今回は格安スマホからおしゃれで使いやすい端末を5つを紹介します! デザインやスペック、値段をチェックして自分にピッタリの格安スマホを見つけましょう。
格安スマホの人気機種を紹介! 回線契約とのセット販売で買うのがおすすめ

格安スマホの人気機種を紹介! 回線契約とのセット販売で買うのがおすすめ

格安スマホの人気はここ数年急上昇しています。キャリアで販売されているスマホに比べると安価で気軽に買えるのが主な理由でしょう。この記事では格安スマホの人気機種を3つ厳選して紹介し、それぞれの特徴や人気の秘密を明らかにします。格安スマホへの買い替えを検討している人は参考にしてください!
ドコモ(docomo)回線で使えるSIMフリースマホのおすすめは?

ドコモ(docomo)回線で使えるSIMフリースマホのおすすめは?

SIMフリースマホの種類はたくさんあり、スマホに詳しくないと選ぶのはなかなか難しいのではないでしょうか。そこで、ドコモ(docomo)回線で使えるおすすめのSIMフリースマホを編集部が厳選しました。ドコモ(docomo)回線の格安SIMへの乗り換えで、機種に迷っているならこの記事を読んでみて。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部