2018年5月31日 公開
2018年10月1日 更新

格安スマホは端末のみで買える? SIMなし購入のメリット・デメリット

格安スマホは端末のみでも購入できます。端末のみで購入するときの注意点や事前に確認することをまとめました。端末のみで購入した格安スマホ向けの保証サービスも紹介。また、端末のみでの購入する場合と格安SIMとセットで購入する場合、それぞれのメリット・デメリットを比較して解説します。

2,493 view

格安スマホは端末のみでも購入できます。最近は家電量販店や携帯電話ショップ、Amazonなどのオンラインショップでも購入できるようになっているので、自分で好きな機種を選んで買えるのが良いところです。

ただしキャンペーンによっては格安SIMとセットで申し込んだほうが安くなる可能性もありますし、中古で買ったスマートフォンなら保証の問題もあります。端末を自分で用意する場合のメリットやデメリットを確認して、快適・お得に格安スマホを使えるようにしましょう。

格安スマホを端末のみで購入する方法は?

 (4374)

格安スマホはMVNOショップや家電量販店で格安SIMとセットで販売されていますが、実は端末のみを購入する方法もいくつかあるので紹介します。

新品の格安スマホを買う

SIMフリーの格安スマホは、多くのオンラインストアや携帯電話ショップ、家電量販店などで販売されています。

新品の格安スマホを端末のみで買える場所

  • Amazon、楽天市場、家電量販店のオンラインストアなど
  • 携帯電話ショップ
  • 家電量販店などの実店舗

現在はインターネット通販で多くのSIMフリースマホが販売されているので、店舗に行かずとも購入できるようになっています。もちろん家電量販店の実店舗では実機(デモ機)が設置されているところもあるので、実際に手にとって試したい場合には家電量販店を訪れるのもアリですね。

中古の格安スマホを買う

中古の携帯電話を販売しているオンラインストア/通販サイトや実店舗を展開しているスマホショップもあるので、これらの場所から中古で格安スマホを購入することもできます。

最近ではメルカリやラクマなどのフリマアプリも多いので、これらを利用して買うこともできます。

格安スマホを中古で購入できる場所

  • 中古スマホを販売しているオンラインストア
  • 中古スマホを取り扱っているスマホショップ
  • メルカリやラクマなどの、フリマアプリで買う

中古の良いところは、通常販売価格より安く買えることがあったり、キャリアが販売した高性能スマホを安く買って格安スマホとして使えるところだったりします。端末のみをとにかく安く購入したい、ということなら新品購入だけでなく中古商品にも目を向けてみましょう。

もちろん、中古の格安スマホならではの注意点もあります。契約するSIMで使えるかを自分で確認する必要がありますし、端末の状態も未使用品から状態の悪いものまでさまざまです。中古で購入したいときは、こういった部分をしっかり見極めてから購入する必要があります。

格安スマホを端末のみで買うときの注意点

格安スマホを端末のみで購入するときの注意点も少し紹介しておきましょう。

契約する格安SIMで使えるかどうかを自分で確認する

格安スマホを端末のみで買うとなると、格安SIMとセット販売されている商品ではないので、動作が保証されていません。自分で契約する格安SIMで使えるかを確認する必要があります。

格安SIMを提供する各社が公開している動作確認済み端末一覧のページなどを見れば、使えるスマートフォンが確認できます。

Googleで「格安SIMの名前 動作確認」と検索すれば公式ページが検索結果に出てくるので、その格安SIMで使えるという確認がとれているか、あらかじめチェックしておきましょう。

中古はネットワーク利用制限や不具合など状態を確認

端末のみを中古で購入する際には、さらにいくつか気を付けることがあります。

まずは商品の状態。中古のスマホは未使用品から状態の悪いものまでピンキリ。正しく動作しないジャンク品もなかにはあるので、購入するときにはよく確認しておく必要があります。店舗で状態が確認できるものはよいですが、オンラインショップでは説明文や商品の状態をあらわすランクをあてにするしかありません。

ドコモ/au/ソフトバンク/Y!mobileで販売されたキャリア版の端末は、中古で買うときにはネットワーク利用制限を確認しておきましょう。

ネットワーク利用制限はそのスマホが不正使用・入手されたり、元の購入者の分割支払いが滞ったりした場合に、通話やインターネットの利用に制限をかけるものです。ネットワーク制限がかかっていると通話も通信もできません。

特に注意しておきたいのが、ネットワーク利用制限が「△」となっている場合です。△は元の購入者が端末の分割支払いを終えていないときなどに表示されるもので、△の状態ならまだ使えますが、元の購入者が分割代金支払い不履行などを起こすと使えなくなってしまう場合があります。

またキャリア版のスマートフォンには基本的にSIMロックがかけられています。これは他社回線のSIMの利用にロックをかけるもので、例えばドコモ版のスマホはau回線で使えませんし、au版のスマホはソフトバンク回線で使えません。

SIMロック解除をすることで他社回線でも使えるようになるのですが、現在ドコモ/au/ソフトバンクのSIMロック解除の条件は基本的に、元の契約者/購入者のみがSIMロック解除できるようになっており、SIMロックがかかった状態で中古端末を購入すると、正規の方法では自分でSIMロック解除ができません。

ですので、購入キャリアと別の回線を利用した格安SIMを使いたい場合にはSIMロック解除済みかどうかも、必ず確認しておきましょう。

格安SIMとセットで購入した方がお得なときも

欲しい端末が格安SIMとセット販売されている場合、SIMカードの契約と同時に買ってしまった方が安くなるケースもあるので確認しておきましょう。

MVNO・格安SIMでは格安スマホのセット購入キャンペーンを開催していることがあります。セットで買うと大幅に割引を受けられるケースもあるので、まずは格安SIMとのセット購入で欲しい機種が安くなっているか確認しましょう。

また、端末のみの購入だと、端末に対する保証オプションに加入できない場合があります。格安SIMのセット購入機種なら、その多くがMVNO独自の保証サービスに対応しているので安心です。

格安SIMと格安スマホをセットで買ったほうが良いケース

  • 本当に使える機種か、自分で調べるのが面倒だしわからない
  • SIMカードとセット申し込みすることで、端末のみで購入するより安く買えるときがある
  • MVNOが提供する保証サービスに加入したい

格安スマホを端末のみで購入しても、保証してくれる格安SIMがある!

以前は格安SIMと端末をセット購入しないと保証に申し込めないというMVNOが多かったのですが、現在は自分で用意したスマホでも格安SIMの申し込みで保証に加入できるオプションが多くなってきました。

簡単にいうと、持ち込み端末にも対応した保証サービスですね。端末のみ購入したい+あとで保証も申し込みしたい、という方はこれから紹介する格安SIMをチェックしておきましょう。

OCN モバイル ONE『あんしん補償』

OCN モバイル ONEでは『あんしん補償』のオプションに加入できます(音声通話SIMのみ対応)。月額料金は540円で、自然故障(発売してから36カ月間)、画面割れ、落下、水濡れなどに対応しています。修理の場合は5万円を超えなければ0円で、交換は1回目が4,320円、2回目が8,640円です。

Android、iOSの両端末に対応しているので、基本的には格安スマホ/iPhoneどちらでもカバーすることができるのもおすすめポイントです。

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)『BIGLOBE SIM端末保証サービス』

BGLOBEモバイルが提供する『BIGLOBE SIM端末保証サービス』は月額540円で加入できる保証オプションです。単体購入のSIMフリースマホや以前購入したキャリア版のAndroid端末でも、対象機種となっており条件を満たせば使うことができます。iOS端末には現在非対応なので注意してください。

自然故障や破損・水濡れなどに対応し、保証を利用する場合は年2回まで、修理代金は4万円を超えなければ無料で、交換の場合には1回目が4,320円、2回目が8,640円です。

楽天モバイル『つながる端末保証 by 楽天モバイル』

楽天モバイルのユーザーが月額540円で加入できるオプションです。修理は5万円を超えなければ無料で、交換の場合には毎年1回目が4,320円、同年内で2回目が8,640円。Android端末だけでなく、iPhoneやiPadにも対応しています。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

69 件

毎月のスマホ代、半額にしませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安SIMでも無料で通話! なるべく電話を安くかける方法は?

格安SIMでも無料で通話! なるべく電話を安くかける方法は?

格安SIMでも、アプリを使えば無料通話ができるって知っていますか? かけ放題や電話料金割引オプションも充実しているので、実は格安SIMの通話サービスって安いんです。今回の記事では、できるだけ安く通話する方法を教えちゃいます!
格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

iPhone 6sが動作確認済みのおすすめ格安SIMを徹底比較! 今使っているiPhoneのまま格安SIMに乗り換えもできちゃう。ドコモ回線だけでなく、au、ソフトバンク回線の格安SIMも紹介します。iPhone 6sでテザリングを利用したいときの注意点もあるので、申し込み前にチェックしておきましょう。
MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOや安いけれどデメリットがあるのでは? と不安な方は多いはず。もちろんMVNOにはメリットだけでなくデメリットもあります。この記事ではMVNOのデメリットとどうすればそれを解消して快適に使えるかを解説しています。これから乗り換える方は事前に確認しておきましょう。
主要格安SIM一覧! 10社の特徴とおすすめしたい人をまとめてみた

主要格安SIM一覧! 10社の特徴とおすすめしたい人をまとめてみた

格安スマホのブームで多くの格安SIMが登場しています。数が多すぎてどの格安SIMにどんな特徴があるのか分からない人のために主要なサービスを一覧で紹介します。格安SIMの特徴とおすすめしたい人をわかりやすくまとめたので、初心者でも自分に合った格安SIMを見つけられますよ!
ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えよう! 電話番号をそのまま引き継ぐ「MNP」の手続きは誰でも簡単なので、初めて乗り換える人も安心です。格安SIMへ移行する前の注意点と対策もまとめたので、事前にしっかり確認してお得な格安スマホに変更しましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部