更新日:

学資保険の保障範囲とは?プランによる内容の差を知ろう

どこまで保障されるか把握できていますか? 学資保険は満期学資金が受け取れるだけでなく、育英年金や医療保障の特約がついているものなどプランはさまざま。学資保険でカバーできる保障内容と範囲について解説します。

学資保険というと、お子さまの教育費を確保するためのもの、という意識が強いかもしれません。しかし、学資保険はあくまでも保険商品ですので「保障」から成り立っています。今回は学資保険における保障内容とその範囲について解説します。

学資保険で受けられる保障内容は?

学資保険の保障内容は、学資金確保を目的とした保障がメインとなりますが、保険商品によってはお子さまの保障や契約者(親や祖父母)の万一に備えられる保障が特約として付加された商品もあります。

保障内容は大きく分けると下記の6種類です。

  • 満期学資金
  • 保険料免除特則
  • 育英年金特約
  • 医療保障特約
  • 傷害医療特約
  • 災害特約

満期学資金

保険が満期になったときに被保険者が生存していた場合に学資金が受け取れるという保障です。プランによっては、一定割合の満期学資金を前倒しして、祝い金として所定の時期に受け取れるものもあります。祝い金は、商品によって進学学資金、入学祝い金などとも呼ばれています。

保険料免除特則

保険料払い込み期間中に、契約者(親や祖父母)が死亡や高度障害状態に陥った場合に、以降の保険料の払い込みが免除されるものです。満期学資金は保険料を払い込んだ場合と変わらず支払われます。

育英年金特約

契約者(親や祖父母)が死亡や高度障害状態に陥った場合に、お子さまに年金が支払われる保障です。保険料免除特則は満期学資金の保障ですが、育英年金は満期になるまでの期間を年金によって保障します。もちろん、満期到達時には予定どおりの満期学資金が支払われます。死亡や高度障害に加えて、就業不能状態で年金支払いが可能な商品も登場しています。

医療保障特約

お子さまの病気に備える医療保障です。特約の内容は保険商品によって異なりますが、一般に入院や手術などに対して保険金が支払われます。

傷害医療特約

お子さまの不慮の事故やケガに備える医療保険です。特約の内容は保険商品によって異なりますが、一般にケガによる入院や手術などに対して保険金が支払われます。

災害特約

お子さまが不慮の事故で死亡もしくは高度障害となった場合に死亡保険金や障害保険金が支払われます。

「貯蓄型」と「保障型」の保障範囲の違い

学資保険の中には、貯蓄性を重視した「貯蓄型」と、万一の際に備える「保障型」に大別されます。

「貯蓄型」は学資金の確保を目的としており、受けられる保障も学資金確保に関する範囲が中心です。そのため、保険料免除特則が付けられているものが多いものの、各種の特約はついていません。受けられる保障は、満期学資金および祝い金となりますが、返戻率も高くなります。

一方、「保障型」に分類される学資保険では、学資金確保部分に合わせてお子さま自身に対する医療保障特約や育英年金制度などが付けられているため、「貯蓄型」よりも幅広い保障を受けることができます。しかし、保障部分のためにも掛金が使われることになるため、満期時に受け取れる学資金は、払い込み掛金総額を下回るのが一般的です。

合わせて読みたい→「貯蓄型」と「保障型」結局どちらを選べばいい?

学資保険で保障をカバーする場合の注意点

保障型の学資保険では、教育資金の確保と保障を両立できる点がメリットです。しかし、保障範囲については一般の保険よりも範囲が限られている点や、免責事項に該当する場合には支払いを受けられない点には注意が必要です。

単体の保険商品より保障範囲が狭い

学資保険の特約として設けられている医療保障特約や傷害医療特約は、単体の医療保険に比べ保障範囲が狭い場合も多いです。医療保障特約の場合、主に入院や手術が給付の対象となっており、通院保障はついていません。そのため、手厚い保障を考えるのであれば、貯蓄型の学資保険と通常の医療保険商品を組み合わせる方がメリットが高いです。

学資保険および特約で支払い対象とならないケース

学資保険および特約には、保険料支払事由に該当する場合でも、免責事項に該当する場合は、保険金が支払われません。

地震や噴火、津波などの天災による死亡や傷害、入院の場合は災害特約、傷害医療特約の免責事項とされています。加えて、戦争やテロの場合には、学資保険本体の死亡給付金および医療特約分についても免責となるのが一般的です。

なお、天災や戦争・テロの場合、該当する被保険者の数によっては、支払い対象となる場合もあります。このほか、被保険者の犯罪行為や故意または重大な過失の場合には、特約分の支払いは受けられません。

かんぽ生命学資保険の免責例

引用元:かんぽ生命

保険料免除特則が適用できないケース

また、契約者の万一の際に保険料免除特則がついている学資保険の場合では、特則が適用できないケースについても知っておく必要があります。

保険金同様、被保険者の故意によるものや、戦争やテロなどの場合には、契約者死亡・重度障害による払い込み免除は利用できません

このほか、注意が必要なのは契約者の自殺です。責任開始日から3年以内の自殺では、契約者死亡による保険料免除は受けられません。一般的な生命保険と同様です。

学資保険で保障もカバーするならデメリットにも注意

学資保険は保障型の商品を選択すれば、手軽にお子さまの病気や事故にも備えることができます。しかし、保障の手厚さを期待するのであれば、専用保険の方が有利な点も多いうえ、学資保険のメリットである100%以上の返戻率を得るのは難しいです。 学資保険と保障をまとめる場合には、このデメリットについても注意しておきましょう。

合わせて読みたい→学資保険の賢い選び方。目的別の注意点に着目!

>>保険コネクト(国内最大級)で保険を見直す<<

  • 画像はイメージです
  • 本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

その他の記事一覧

Copyright © https://woman.mynavi.jp/lifesupport/gakushi-hoken All rights reserved.