お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

結婚相手に「重要な条件」と「妥協してOKな条件」ランキング【既婚者アンケート】

ファナティック

結婚相手に「重要だった条件」ベスト5

ではまず、既婚女性たちに結婚してわかった「これは重要だったな……!!」と感じた条件を教えてもらいました。

istock-613556140

第1位「居心地のよさ」……54.5%

・「ずっと一緒にいるので、気心が知れていて楽な相手でないとつらい」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「一緒にいて楽しくないとずっとは一緒にいられない」(29歳/その他/その他)

一緒にいるときの居心地のよさは、重要ですよね。ひとつ屋根の下に一緒に暮らすわけですから、「この人といるとストレスが溜まる!!」という相手とは結婚できません。

第2位「性格」……43.1%

・「性格が合わないと一緒に生活できない」(33歳/その他/その他)

・「性格が悪かったら、一緒にいるのが苦痛」(31歳/その他/その他)

どんなに好みだと思う相手でも、性格が合わなければ、どんどん相手のことを嫌いになってしまうかもしれません。逆に、性格が合えば一緒にいて楽しい、うれしいと感じるでしょうね。

第3位「愛情」……42.4%

・「やっぱり愛されていないと、何もはじまらないと思う」(30歳/その他/その他)

・「自分が相手に愛情を注いであげないと、何もはじまらないし、うまくいかないと思うから」(31歳/その他/その他)

夫婦はお互いのことを愛してこそ、円満な関係が生まれるもの。愛がない家庭は、いつか冷え切り、破たんしてしまう可能性が高いはず。

誰にも言えない恋の悩み、プロに相談してみては?

・恋愛に関する悩みごとを相談できる人がいない

・相談できる人はいるが、相談して解決したことがない

こんな風に感じているのなら、電話占いを試してみてはいかがでしょうか?

電話占いなら店舗に足を運ぶ必要もなく、すきま時間でくつろぎながら相談も可能。さらに第三者に話を聞いてもらうことで、今の状況を客観的に見られるようになります。

しかも相談相手は、恋愛相談のプロである占いの鑑定士。 あなたの悩みに対するベストな解決方法を提示してくれるはずです。

はじめての電話占いに最適! 上場企業が運営している「ウラナ」

手軽に恋愛相談ができる電話占いを活用している人も多いため、数多くの電話占いサービスが存在しています。 中でも「ウラナ」は、はじめて電話占いを試してみたい人にぴったりのサービス。

その特徴は、下記のとおりです

・一部上場企業が運営し、プライバシーマークを取得している

・電話番号やメールアドレスが鑑定士に知られることがない

1分以内に電話を切れば無料

メール占い、チャット占いができるので電話が苦手な人でも安心

「占いと聞くと、なんだか怪しそう……」と心配な人も、これだけ安心材料が揃っていれば試しやすいですよね。

電話占いウラナはこちら

会員登録すると初回1,000円分のポイントがもらえる!

ウラナの場合、無料の会員登録をするだけで1,000円分のポイントがもらえます。1分200円くらいの鑑定士の場合、このポイントを使えば5分間分の相談料が無料に!

鑑定士によっては「初回の鑑定は10分無料」としているケースもあり、ポイントと合わせれば合計15分ほどの時間が無料となります。

この点も、電話占い初心者にとって安心できるポイントといえますね。

電話占いウラナの無料会員登録はこちら

ひとりで悩みを抱えて苦しまず、ぜひ誰かを頼って心を軽くしてくださいね。

第4位「金銭感覚」……31.1%

・「金銭感覚がちがうと、夫婦の貯金や加入する保険などで衝突するから」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「金銭感覚がずれていると喧嘩の原因になってしまうため」(32歳/学校・教育関連/専門職)

金銭感覚がずれていると、小さな買い物ひとつとっても、意見が食いちがいがちに。たとえば、散財癖のある人と、倹約家の夫婦はなかなか意見が合わないでしょうね……。

第5位「年収」……27.2%

・「年収は大事! 今特にカツカツで生活していてつらい」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「まともな給料がないと、生活も苦しいし、それによってストレスがたまり夫婦仲も悪くなっていく」(33歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

生活の基盤は何と言っても「お金」。自分が家庭のことをほとんど引き受ける、ということであれば、パートナーには家計を支えられるだけの収入を条件として求めてしまうことも。

結婚相手に対し、重要視すべき条件は、結婚生活に何を求めるかによって変わってくるかもしれませんね。自分が結婚に何を求めているか考えれば、自然と妥協してはならない条件が見えてくるのではないでしょうか。

次ページ:結婚相手に「妥協して問題なかった条件」ベスト5

お役立ち情報[PR]