「40歳、前髪作るか問題」を解決! 美容師・松島さんが教える、大人の前髪の作り方

ヘアも、メイクも、ファッションも、カラダの中も。 40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。

「40歳、前髪作るか問題」を解決! 美容師・松島さんが教える、大人の前髪の作り方

サロンに行くたび迷う、“前髪を作るか問題”。前髪があるほうが、本当に若く見えるの? 長さによっては若作りに見えないか不安……。そこで、今回はヘアスタイリストの松島春樹さんに、40歳のちょうどいい前髪について教えてもらいます。

40歳の前髪は“若く見え”と逆効果のおそれも! ポイントは?

前髪があると若く見えるというメリットはあるけれど、あくまで似合っていればの話。一歩間違えると、40歳の前髪は若見せとは逆効果になってしまいます。まずは、前髪があったほうがいいのかを判断するところからスタート。判断材料のひとつは、顔立ちだと松島さんは話します。

「童顔と言われてきた人や、チャーミングな雰囲気の“たぬき顔タイプ”の人なら、前髪があることで若々しさを演出できます。逆にクールな顔立ち、キレイ系の雰囲気の“キツネ顔”の人は、短い前髪はつくらないほうがベター。口上くらいの長め前髪にすれば、毛先が鼻上あたりで流れるので、大人らしい上品な色気が出ると思います。まずは、自分がどちらのタイプに当てはまるかを考えて、前髪を作るかの判断してみてください」と松島さん。

「顔と髪の長さのバランス」で、似合う前髪は変わる

実際に前髪を作りたいとなったら、絶対にハズせないのが“全体のバランス”。松島さんは、「顔の長さと髪全体の長さのバランス、あとは額の広さによって、似合う前髪の長さが変わります。人それぞれなので一概には言えませんが、前髪をつくったときに顔の長さが強調されたり、逆に顎までの距離に違和感があったり、額が広く見えたりする場合は、似合わない長さと考えたほうがいいと思います」と話します。

松島春樹さん/ヘアサロン『EVOKE TOKYO』取締役。AFLOAT入社後、宮村浩気氏専属のカラーリストを経験後、スタイリストとしてデビュー。『AFLOAT D’L』代表として活躍したのち独立。『STORY』など大人世代のヘアも得意とする。

何より、「若く見せたいという理由で、前髪をつくるのは危険。昔の名残でぱっつんと直線的な前髪にしたり、量を多めにしたりすると、ただの若作りになりかねません。また、アラフォー女性は短めの前髪が似合いづらくはなりますが、ショートカットならちょっと短めでフレッシュな印象になったりもします。その絶妙なバランスを計算することが大切なので、自己判断に頼らず、美容師に任せるのがいちばんだと思います」と松島さん。

それでは実際に、アラフォーに似合う前髪にヘアチェンジ。目の下の長さの前髪を、似合うバランスでカットしていきましょう。

「今回のモデルさんはかわいい系の顔立ちで、いわゆる“たぬき顔”タイプ。前髪をつくることで、チャーミングさが引き立ちますが、まっすぐに下ろした、ふんわりバングにすると甘くなりすぎてしまいます。そこで、今回は“ちょい流し”ができるようにカットしました」と松島さん。たった数分のカットで、こんなにイメージが変わりました。

<前髪Before&After>”ちょい流し”スタイルが完成

Beforeは、目の下あたりのちょっと長めの前髪。クセがつきやすく、パックリとヘンな分け目がついてしまうのがお悩み。かつ、ストレートだとちょっと疲れた印象を与えてしまいます。

一転、Afterは目の上くらいの長さに設定。厚みが出すぎないように軽く、かつ流れやすいように仕上げています。

<HOW?>前髪のスタイリング

ボリュームがなくなりがちな40歳の髪。スタイリングなしだと、どうしてもペタンコ感が出やすく、「お疲れ顔」や「老け顔」に見える可能性があります。ほどよいボリュームと動きをつけていきましょう。

Process1

分け目やクセがつかないように、手で前髪をバサバサと揺らしながらドライ。髪を流したい方向と逆に風をあてて。

Process2

ストレートアイロンで根元を挟み、毛先までスーッとスライドさせて、毛先を少しだけ内側にカールさせる。このときも流したい方向と逆方向に。

Process3

手にスタイリング剤をなじませて、指でつまみながら調整する。

松島さんいわく、「今回は前髪が目の上程度の長さの人のスタイリングですが、長めの人は髪をかきあげるようにしてドライして、毛先だけアイロンでカールをつけるとベスト」とのこと。

髪全体の長さ、そして額の広さのどれもが違和感なく見える、ちょうどいいバランスを探ることです。パッと見の印象を変える大切なパーツなので、しっかり美容師さんと相談しながら、ちょうどいい前髪を見つけてください。

次回は、料理家の両角舞さんが、強い日差しでダメージを受けたお肌をケアする、とっておきの食材を紹介します。

(取材・文:宮浦彰子/撮影:アベユキヘ)

【オトナノきれい塾 記事一覧

この記事のライター

40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。各業界のトップで活躍するメイクアップアーティスト、ヘアスタイリスト、スタイリスト、料理家が、さまざまな角度から“40歳の美”を提案します。