結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 「性格の不一致」は離婚につながる。正しい結婚相手の選び方

「性格の不一致」は離婚につながる。正しい結婚相手の選び方

「性格の不一致」は離婚につながる。正しい結婚相手の選び方
フラクタル法律事務所代表弁護士

芸能人の離婚に関するニュースなどで、「性格の不一致による離婚」という言葉を聞くことが多いと思います。

性格の不一致で離婚するというのはどういうことなのか、定義や具体的な実例を紹介したうえで、性格の不一致による離婚を防ぐにはどうしたらよいかを解説します。

性格の不一致による離婚の実態とは?

「性格の不一致」は、離婚の原因の中で一番多いといわれています。浮気やDVなど離婚の原因は多種多様ですが、どの場合も突き詰めると根本にあるのは性格の不一致です。

では、性格の不一致を理由に離婚することは法的に可能なのでしょうか。

民法770条1項では「夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる」として離婚できる理由を列挙していますが、その中の5号に「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」とあり、これが性格の不一致により離婚が可能とされる根拠になっています。つまり、重大な性格の不一致により結婚生活を継続することが難しいと認められれば離婚できるということです。

とはいえ、夫婦のうちどちらか一方が離婚したいと考えているときに、単に性格が一致していないというだけでは裁判で離婚を勝ち取るのは困難です。そのため、性格の不一致によって結婚生活を継続することが難しいと客観的に認められる証拠が必要になります。そのため、性格の不一致に加えて、長期間別居している、話し合いをしたが修復の見込みがなかったなどの事情が考慮されることが多いです。

このように、性格の不一致が離婚の理由になるといっても「この人とは気が合わない」という程度では離婚は認められません。離婚の相談で「気が合わないのをずっと我慢していました」とおっしゃる方は少なくありませんが、本来他人と価値観がぴったり一致していることのほうが珍しいので、それ以外のプラスアルファの理由を探すことになります。浮気や暴力などがない場合、長期間別居をするのが現実的な方法です。

性格の不一致による離婚実例2つ

では、性格の不一致が離婚に発展してしまうのはどういうケースなのでしょうか。実際にあった事例をご紹介します。

その1:気前のいい彼氏が浪費夫に

A子さんとB男さんは20代後半で結婚した夫婦です。B男さんは結婚前はいつも高級なレストランに連れていってくれたり、ブランド品をプレゼントしてくれたり、おしゃれにも気を遣う、A子さんにとっては自慢できる彼氏でした。

ですが、結婚してもB男さんのお金の使い方は変わらず、外食が多く、身なりにもお金を使います。気前のいい彼氏は、家族になってみると単なる浪費癖のある夫になってしまったのでした。

子どもが生まれても相変わらず浪費を続けるB男さんに「学費のために貯金したいから」と節約するよう頼んでも、「お前がパートで働けばいい」と怒る始末。結局A子さんは子どもを連れて家を出て、別居をしたのち離婚することになりました。

その2:「すべては子どものため」のお受験ママ

30代後半のC夫さんとD美さん夫妻。子どもが小学校に上がったころからD美さんはママ友に影響されて、熱心に中学受験の勉強をさせるようになりました。

テストの結果に一喜一憂して、子どもを激しく叱りつけることも。塾への送り迎えや、情報交換と称したママ友との付き合いに忙しくなったD美さんは、家事をほとんどしなくなってしまいました。

子どもはのんびり育てたいと思うC夫さんが「そんなに必死にならなくても……」とたしなめても、D美さんは「あなたにはわからないのよ」と血相を変えて怒ります。

たまに作る食事も頭がよくなるとママ友から聞いたメニューばかりで、子どもと自分の分しか作りません。C夫さんは外食したり買ってきた総菜を食べたりと、子ども中心を通り越して空気のような扱いになっていきます。

やがて中学受験を迎えるも、子どもは志望校に不合格。D美さんは怒りと失望のあまりに「落ちたのは全部夫のせい」「子どもなんて生まなければよかった」と暴言を吐くようになります。C夫さんも子どももすっかり疲弊してしまい、結局夫婦は離婚することになりました。

性格の不一致で離婚しないための相手選びのポイントとは

このように、性格の不一致は結婚生活に大きな影響を及ぼしてしまうことがあります。そうならないために、結婚相手を選ぶ段階でどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

結婚前からある欠点は直らないと理解しておく

上に挙げたひとつ目の事例では、夫は結婚前から浪費をするタイプの人でした。こういう男性と交際していても、「結婚したら浪費はやめるだろう」「子どもが生まれたら真面目になってくれるだろう」と思って、欠点を見過ごしたまま結婚してしまいがちです。

ですが、人の性格はなかなか変わるものではないので、結婚前からある欠点が直ることはまずありません。むしろ家族になったことで気を遣わなくなって悪化していくことのほうが多いです。これは浪費癖だけでなく、浮気性やギャンブル癖、暴力など、どの欠点にもいえることです。

「結婚したら」「子どもが生まれたら」「家を買ったら」と相手が変わってくれることを期待するのではなく、今見えているままの姿の彼と何十年も一緒に暮らせるかを現実的に考えてみるようにしましょう。

相手の親や友人をよく観察する

交際相手だけを見ていても、性格や価値観のすべてを知ることはなかなか難しいです。オススメなのは、彼の親をよく観察してみることです。親と子は似た価値観を持っていることが多いので、彼が自分に見せたことのない面を親が持っている場合、それは彼の将来の姿である可能性が高いです。

たとえば、上に挙げた2つ目の事例の場合、妻の親が過度に教育熱心なタイプだったかもしれません。そういった兆候を知ることができれば、妻が何かのきっかけで子どもの受験にのめり込んでしまうかもしれないと予測できます。

同じように、彼の友人にも会ってみるようにしましょう。彼と友人の会話を観察すれば、彼が何を楽しいと思って何を嫌だと思っているかなど、どのような価値観の中で生きてきたかがわかります。

また、自分の家族や友人に彼を会わせることも大事です。自分だけでは気づかない彼との性格や価値観のちがいに気づいてもらえることがあるからです。

「あの人やめたほうがいいと思うよ」とまわりの誰かにいわれるのなら、それには何か根拠があります。「彼のことは私が一番よく知っているから」とはねつけたりせず、なぜそう思うのかを聞いてみるようにしましょう。

重要なのは相手の性格や価値観を受け入れること

ここまで性格の不一致について解説してきましたが、そもそも生まれも育ちもちがう別々の人間である以上、性格は人それぞれにちがうものです。

結婚して家族になると同時に価値観を共有できるようになると思いがちですが、結婚はそんな魔法のようなものではありません。それなのに、夫や妻と考え方が合わないとつらいと思うようになってしまうのが人の心理なのです。

自分と性格がちがうことは結婚する前からわかっていたはずなのに、夫婦になったことで相手に対する見え方や期待するものが変わり、性格の不一致という形で夫婦生活に悪影響を与えるようになってしまいます。

つまり、問題の根本は性格が一致しないこと自体ではなく、一致していないことにお互いが不満を持ち、「どうして自分に合わせてくれないんだ」「どうしてわかってくれないんだ」と思うようになるところにあります。

夫婦とはいえ他人なのだから性格や価値観がちがって当たり前、結婚したからといって欠点が直らないのも当たり前。そう考えて、今の性格や価値観のままで受け入れられる、ちがう性格同士でもうまくやっていけそうな相手を選ぶことで、性格の不一致による離婚は防ぐことができるでしょう。

(堀井亜生)

※画像はイメージです
 

結婚に関するキーワード

結婚に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 「性格の不一致」は離婚につながる。正しい結婚相手の選び方
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 「性格の不一致」は離婚につながる。正しい結婚相手の選び方

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。