2018年9月3日 公開
2019年8月30日 更新

SIMフリースマホを買うなら防水機能付きがおすすめ!

SIMフリースマホを購入するなら防水機能付きがおすすめです。防水のスマホなら万が一の水没でも買い替えや修理の費用がかかりません。水濡れの故障で大事なデータがきえてしまうこともありません。キッチンやお風呂場などでも防水のスマホなら安心して利用できる防水スマホのなかからおすすめの機種をまとめました!

245 view

SIMフリースマホの購入を考えているなら、防水の機種がおすすめです。スマホが雨に濡れても、水に落としても問題なく利用できます。

この記事では防水機能付きのおすすめSIMフリースマホを紹介します。キッチンなどの水場でスマホを使いたい方、お風呂場でのんびり動画を見たい方は防水のSIMフリースマホをぜひチェックしてみてください。

SIMフリースマホを買うなら防水の機種がおすすめなワケとは

 (7009)

予期しないトラブルを防ぐ1つの方法が防水のスマホです。防水のスマホはドコモやauで売られている機種だけではありません。SIMフリースマホにも防水の機種があるんです!

防水のスマホなら雨の日の外出やアウトドア、お風呂場やキッチンなどでも安心して利用できます。

たとえばスマホでレシピを見ながら料理をしたり、半身浴をしながらYouTube(ユーチューブ)を見たり、キャンプなどのアウトドアシーンで友達と写真を撮ったりとスマホを活用できるシーンが広がります。

そのほかにも、防水のSIMフリースマホのメリットはまだまだあります。いくつかあげてみましょう。

☆万が一の修理代がかからない

防水機能が付いていないスマホを使っていて水没で故障させてしまった場合、修理に出したりスマホを交換したりする必要があります。MVNOの端末保障オプションに加入してれば修理費用を抑えることができますが、加入していない場合は修理の方が高くついてしまって買い替えることになります。防水機能付きの格安スマホなら万が一水没したとしても故障しないので安心してスマホが使えます。

☆大切なデータが水没で消えてしまわない

microSDカードなどのメモリカードやクラウドにデータをマメにバックアップをしている人なら問題ありませんが、水没でスマホが故障してしまうとデータを取り出せなくなることがあります。大切な写真や動画、連絡先、SNSの履歴などスマホにはたくさんの情報が入っています。うっかり水に落としてしまって大事な思い出が消えてしまうなんて耐えられませんよね。

☆防水&SIMフリースマホなら長く使える

防水で故障しにくいのはもちろんですが、SIMフリースマホなら別の格安SIMやキャリアへの乗り換えのときにも多くの場合はそのまま利用できます。データの移行の手間や機種の買い替えの費用がかからず、使い慣れた機種をそのまま使えるのは便利です。

☆防じん機能や耐衝撃機能付きのスマホもある

防水のSIMフリースマホには防水以外にも防じんや耐衝撃機能がついていることがあります。スマホを日常的に使うなら、防水以外のトラブルにも対応したいところですよね。防水・防じん機能、耐衝撃が付いたSIMフリースマホならアウトドアなどでも安心。

防水機能の見方とは?

SIMフリースマホをはじめとする防水機能の見方は、国際電気標準会議による国際基準で決められています。SIMフリースマホの防水規格は、International Protectionの略称でIPという言葉であらわします。

  • IP◯△

SIMフリースマホでは、「IP58」や「IP67」といった形で表記されています。IPに続く◯部分の最初の数字が防じん機能、次の△部分の数字が防水機能の等級を表しています。防水機能付きのSIMフリースマホでは「IP58」や「IP67」の等級になっている機種が多いでしょう。防水・防じんのいずれかのみをあらわす場合は「IPX8」、「IP6X」というように、もう1つの等級はXと書かれます。

防じん性能の等級5は「粉じんが内部に侵入することを防止する。若干の粉じんの侵入があっても正常な運転を阻害しない」、6は「粉じんが内部に侵入しない」ことをあらわします。

防水性能の等級7は「規程の圧力、時間水没しても水が浸入しない(水面下15㎝〜1m、30分間)」、8は「継続的に水没しても水が侵入しない」ことをあらわします。そのほか、水に沈めるのではなく水の噴射に耐えられることをあらわす等級5「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」もあります。水没と噴射への耐性は違うので、機種によってはIPX5/IPX8などのように両方書かれている場合があります。

IP規格が主流ですが、耐衝撃や耐振動、低温・高温への耐性があるタフネススマホなどではIP規格とあわせて米国国防総省の調達基準であるMIL規格に準拠した機種もあります。こちらについてもメーカーの公式ページや機種のカタログに記載されています。

防水機能付きSIMフリースマホはいくらで買える?

  • 2万円台から10万円台まで

防水機能付きのスマホは安いものであれば2~3万円程度で購入可能です。防水が付いているからといって端末代が特別高いわけではありません。スペックが良いものであれば、そのぶん端末代が高くなります。防水機能付きのSIMフリースマホはいろいろなメーカーから販売されているので、自分の予算と使い方に合ったものを選びましょう。

防水機能付きのおすすめSIMフリースマホ5選!

 (7017)

最後に、防水機能付きのSIMフリースマホを紹介します。どのスマホがどれくらいの防水機能を持っているのか確認しながら購入を考えてみてください。

arrows M04

  • 防水:IPX5/IPX8
  • 防じん:IP6X
  • MIL-STD-810Gの23項目準拠

arrows M04は、FUJITSU製の国産SIMフリースマホです。ハンドソープで洗えるスマホという特長で人気の1台。防水規格はIPX5/IPX8なので、水の噴射や水没に耐えられます。アウトドアでアクティブに利用しても故障の心配はないので、外での利用が中心の方におすすめ。MIL規格の23項目に準拠し、さらにより厳しい基準の独自の試験として、1.5mの高さからコンクリートへの落下試験をクリアしているスマホでもあるので耐衝撃もばっちりです。

★arrows M04を契約するならどこがおすすめ?

LINEモバイルなら

  • 一括払い:3万5,424円
  • 分割払い:1,530円(24回)

arrows M04を契約するならLINEモバイルがおすすめです。LINEモバイルはドコモ回線のすべてのプランに対象SNSやサービスの通信量がカウントされずに使い放題となるデータフリーを採用しています。少しでも安くスマホを使いたい方はLINEモバイルの契約を検討してみましょう。

DIGNO A

  • 防水:IPX5/IPX8
  • 防じん:IP5X
  • MMIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure IV準拠

DIGNO Aは、KYOCERA製の国産スマホです。UQモバイルの専売商品となっており、バランスの良い格安スマホとして人気です。防水規格はIPX5/IPX8で水の噴射や水没に耐えられます。さらに耐衝撃機能としてKYOCERA独自のハイブリッドシールド構造を採用。水にも衝撃にも強いスマホになっています。

★DIGNO Aを契約するならどこがおすすめ?

UQモバイルなら

  • 一括払い:3万1,212円
  • 分割払い:プランにより実質負担額が変動

DIGNO AはUQモバイル専売のスマホです。UQモバイルでは、一括での購入またはプランと組み合わせて購入できるのでどちらか好きな購入方法を選びましょう。

HUAWEI Mate 10 Pro

  • 防水・防じん:IP67

格安スマホで人気のHUAWEI製のスマホならHUAWEI Mate 10 Proをおすすめします。ハイエンドモデルと呼ばれるトップクラスの性能が魅力的なスマホになっており、防水機能とともにスペックの高いスマホが欲しい方におすすめです。防水規格はIPX7なので短時間の水没であれば問題ありません。

★HUAWEI Mate 10 Proを契約するならどこがおすすめ?

楽天モバイルなら

  • 一括払い:9万6,984円(データSIM)/8万6,378円(通話SIM)
  • 分割払い:4,041円+分割手数料(24回・データSIM)/3,599円+分割手数料(24回・通話SIM)

HUAWEI Mate 10 Proを契約するなら楽天モバイルがおすすめです。一括払いと分割払いで支払い可能となっています。また、楽天モバイルは頻繁にキャンペーンを行っているのでキャンペーン中の契約なら、さらにお得にスマホが購入できます。

AQUOS sense lite(SH-M05)

  • 防水:IPX5/IPX8

AQUOS sense lite(SH-M05)は、SHARP製のSIMフリースマホです。AQUOSシリーズは、IGZO液晶と呼ばれる高繊細な表示に対応しています。防水規格は、IPX5/IPX8で、濡れた手やお風呂での利用は問題ありません。国産スマホなの防水・防じん、おサイフケータイなど日常に必要な機能が揃っているので使いやすいスマホです。

★AQUOS sense lite(SH-M05)を契約するならどこがおすすめ?

イオンモバイルなら

  • 一括払い:3万5,424円
  • 分割払い:1,476円(24回)

AQUOS sense lite(SH-M05)を契約するならイオンモバイルがおすすめです。スマホの取り扱いがない店舗も一部ありますが、全国各地のイオンで申し込みの相談や実際に端末を触って試すことができるので、ショップを積極的に利用していた方におすすめです。また、プランの幅が広く500MBから50GBまでのプランが用意されています。

HTC U11 life

  • IP6X/IPX7

HTC U11 lifeは、HTC製のSIMフリースマホです。防水規格はIP6X/IPX7で一定時間の水没なら問題なく利用できます。スマホを手で握るだけで操作できる「エッジセンス」をはじめとする豊富な機能で、防水・防じん機能以外にも役に立つSIMフリースマホとして人気です。

★HTC U11 lifeを契約するならどこがおすすめ?

楽天モバイルなら

  • 一括払い:4万2,984円(データSIM)/3万8,858円(通話SIM)
  • 分割払い:1,791円+分割手数料(24回・データSIM)/1,619円+分割手数料(24回・通話SIM)

HTC U11 lifeを契約するなら楽天モバイルがおすすめです。特に、契約するMVNOが決まっていない方は楽天モバイルでの契約を検討してみてください。

防水機能付きSIMフリースマホを購入して快適に使おう!

防水機能付きのSIMフリースマホについて紹介しました。万が一のトラブルの際にスマホの修理費用を考えると、あらかじめ防水機能付きのスマホを購入したほうが費用はかかりません。

今までは、防水・防じん機能がついているスマホは国内製のものがほとんどでしたが、最近では海外製のスマホも防水・防じん機能がスタンダードになっているため選択の幅が広がっています。おすすめ機種を参考に、お気に入りの防水スマホをぜひ探してみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安スマホを買うならおすすめしたいおしゃれな端末5つを紹介!

格安スマホを買うならおすすめしたいおしゃれな端末5つを紹介!

格安スマホがブームになり、多くの端末が登場しています。中でも注目したいのがおしゃれな格安スマホです。選べる端末が増えたことでおしゃれな端末も増えました。今回は格安スマホからおしゃれで使いやすい端末を5つを紹介します! デザインやスペック、値段をチェックして自分にピッタリの格安スマホを見つけましょう。
SIMフリースマホでもおサイフケータイは使えるの? 気になる詳細と対応スマホを徹底紹介

SIMフリースマホでもおサイフケータイは使えるの? 気になる詳細と対応スマホを徹底紹介

SIMフリースマホに変えたいけれど、おサイフケータイが使えなくなったら困る! そんな人も大丈夫。実は、SIMフリースマホでもおサイフケータイを使えるんです。この記事ではおサイフケータイ対応のおすすめSIMフリースマホ、SIMフリースマホでおサイフケータイを利用する方法をまとめて紹介します。
MVNO各社の特長を一覧にまとめました! 契約したい格安SIMは?

MVNO各社の特長を一覧にまとめました! 契約したい格安SIMは?

数あるMVNOの中から自分にあった格安SIMを提供している会社を選ぶのは難しいですね。そこで、MVNO各社の特長を一覧で紹介します。魅力的な特長があるMVNOだけを厳選してまとめましたので、これからMVNOで格安SIMの契約を考えている人はぜひチェックしてみてください。
小さくて持ちやすい4インチ台のSIMフリースマホおすすめ機種まとめ

小さくて持ちやすい4インチ台のSIMフリースマホおすすめ機種まとめ

性能が上がりどんどんサイズも大きくなるスマホですが、本当はもっと小さくて使いやすいスマホが欲しい人も多いのでは。この記事では4インチ台に絞っておすすめのSIMフリースマホを紹介します。片手で操作しやすいSIMフリースマホが欲しい、ポケットに入るSIMフリースマホが欲しい人はこの記事で気になる機種をぜひ見つけてください!
【2018年冬】人気のSIM(シム)フリースマホを一挙紹介

【2018年冬】人気のSIM(シム)フリースマホを一挙紹介

SIMフリースマホには多くの機種がありますが、初めて格安SIMに乗り換えるときにはどれがいいか迷ってしまいますよね。そこで、スマホ選びに悩んでいる方におすすめしたい人気のSIMフリースマホを選んでみました。SIMフリースマホの選び方、人気機種を使うメリットもまとめて紹介します。機種選びで迷ったらチェックしてみて!

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部