2018年3月9日 公開
2019年8月30日 更新

格安SIMになぜSMS機能を付けたほうがいいの? 徹底解説

格安SIMのデータ通信のみプランの場合、SMS機能が付いているプランと付いていないプランがあります。このSMS機能は月額150円程度のオプションですが、メリットが大きいので付けることをおすすめします。なぜ付けたほうが良いのか、そもそもSMS機能とは何なのかを徹底解説します!

731 view
格安SIMには、SMS(ショートメッセージサービス)機能という便利なサービスをオプションで付けることができます。これは、電話番号だけで相手にメッセージを送信することができるサービスです。

また、SMS機能を付けることでLINE認証ができたり、スマホのバッテリーが早く消費してしまう現象も防げるようになるんです! オプション料金自体も100円から200円程度の価格帯に設定されているので、できれば付けておきたい便利な機能です。

格安SIMにSMS機能が必要な理由

 (206)


SMS機能とは、電話番号で相手にメッセージを送信することができる機能です。

大手携帯会社にも付いているオプションですよね。ドコモやソフトバンクではショートメッセージ、auではCメールと言われている機能が、格安SIMではSMS機能と呼ばれています。使える機能も同じような内容です。

このSMS機能を付けていると、電話番号を知っているだけの相手ともメッセージをやりとりできます。わざわざメールアドレスから送らなくてもいいので、操作も簡単です。

メッセージの送受信という基本的な使い方のほかに、SMS機能を付けることによってLINEやゲームのアプリ登録が簡単にできるようになるというメリットもあります。さらに、バッテリーの消費が激しくなる現象もSMS機能を付けることで対処できるので、格安SIMにはSMS機能が必要と言えるでしょう。

それでは、少し分かりづらい2つのポイントについて、もう少し詳しくご紹介します!

  • LINEやゲームなどの登録の際になぜSMS機能が必要なの?
  • SMS機能を付けるとバッテリーの消費が減って長く使える?

格安SIMにSMS機能が必要な理由①:LINEなどの登録で使う

LINEなどのアプリをダウンロードをして利用する際に「SMS機能」が必要になります。

登録のときにSMSで送信されてくる認証番号を確認して、本人確認をしなければいけないからです。これは、LINEをはじめとするアプリや一部のサイトで、本人確認のために採用されている方法です。

このSMSを利用することで、セキュリティーの強化にもつながります。インターネット上にデータを保存できるDropboxなどのサービスでも同様の方法で本人の認証をしています。LINEやインターネットのサービス以外に銀行などのサービスでもSMS認証が求められることもあります。

LINEの場合はFacebook(フェイスブック)認証もできるのですが、Facebook(フェイスブック)経由で認証するとFacebook(フェイスブック)で友達になっている仕事上の付き合いの人など、思わぬ人が友達に表示されてしまうなど不安もありますね。

それに、Facebook(フェイスブック)のアカウントを持っていない場合はFacebook(フェイスブック)アカウントを作らないといけないため、手間が増えます。

格安SIMにSMS機能が必要な理由②:バッテリー消費の減り方が改善される

SMS機能を付けていないと、バッテリーの消費が早くなってしまう可能性があります。

これはアンテナピクト問題セルスタンバイ問題と呼ばれる問題が発生してしまっている現象です。すべてのスマホでこれらの現象が起こるわけではありませんが、機種によっては頻繁に起こる場合もあります。

アンテナピクト問題とは

アンテナピクトとはスマホの画面の上部に表示されている電波状況を知らせるアイコン(マーク)のことで、アンテナピクト問題は、スマホの電波の状態を表すアイコンが圏外になっていることをいいます。電波が1本なのか3本なのか表示されずに、ずっと「圏外」と表示されるため、電波状況をつかめないことになります。

セルスタンバイ問題とは

このセルスタンバイ問題のせいで、バッテリーの消費が激しくなります。普通、スマホの電波というのは「データ通信用」と「音声通話用」の電波を一緒にキャッチします。

しかし、格安SIMに乗り換えてデータ通信のみプランに入ると音声通話用の電波を拾わないのです。そのためにアンテナピクト問題が起こります。

スマホの画面上部のアイコンの表示が圏外になっているため、スマホは音声通話用の電波をキャッチし続けようと電波を探し続けます。これを、セルスタンバイ問題といいます。

つまり、本来はあるはずの電波がないので、スマホが電波を探して四六時中働いている状態になっています。ずっと働いている状態なので、その分バッテリーの消費も激しくなります。

格安SIMにSMS機能が必要な理由③:多くの問題を月150円程度で解消できる

こんな問題を解決するために必要なのがSMS機能を付けることなのですが、その費用も月に150円程度なんです。

SMS機能を付けていないと、LINE登録などの認証が大変になったり、スマホのバッテリー消費などを毎日気にしないといけません。このストレスと比べれば月に150円のオプションをつけるだけで快適に使えるSMS機能は必要と言えそうです。

格安SIMで音声通話プランではSMS機能は付いている

格安SIMのプランでは、通話機能がないデータ通信のみプランと通話に対応した音声通話プランの主に2つから自分に合ったものを選択します。

今までお話ししていたのは、データ通信のみプランの場合です。

音声通話プランとは、大手携帯会社と同じように電話もできる格安SIMです。音声通話プランでは、最初からSMS機能が付いています。そのため、音声通話プランを選択した場合はSMS機能に付いて特に気にする必要もありません。

ただ、最近ではLINEやSkypeで通話をしている人も多いため、データ通信のみプランを選ぶ人もたくさんいるのではないでしょうか。データ通信のみのプランと比べると音声通話つきは少し割高になりますが、大手携帯会社と比べると格安であることには変わりません

格安SIMのSMS機能付きプランのおすすめMVNO4選

それでは、格安SIMでSMS機能付きのおすすめのMVNOをご紹介します。選ぶ際のポイントとしては、安さと使いやすさです。やはり格安SIMなので、料金も選ぶ際の大切なポイントです。

また、いくら安くても全く使えないのはダメですよね。数あるMVNOの中から厳選し、おすすめのSMS機能付きのプランを選びました。データ通信のみプランにSMS機能を付けようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

LINEモバイル(ラインモバイル)

LINEモバイルの特徴は、LINEとの相性が良いことが挙げられます。LINEを主に使っている人の場合、LINEフリープランに加入することで、LINEでのデータ通信は利用量にカウントされずに使い放題となるサービスもあります。

また、別のプランでは、Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)などのSNSもカウントされないカウントフリーサービスもあります。LINEモバイルは主にSNSを利用する人におすすめです。

◆SMS機能オプションは「130円/月」です。

プラン名 容量 月額料金
LINEフリープラン 1GB 540円
LINEフリープラン 2GB 1,080円
LINEフリープラン 3GB 1,620円

DMM mobile(DMMモバイル)

DMMモバイルの特徴は料金の安さです。データ通信のみプランでは、なんと業界最安値の水準。SMS機能を付けても、やはりその魅力は基本料金の安さです。とにかく安くスマホを持ちたいという人にはおすすめです。

◆SMS機能オプションは「162円/月」です。

プラン名 容量 月額料金
シングルコース(ライト) なし(最大通信速度200Kbps) 475円
シングルコース(1GB) 1GB 518円
シングルコース(2GB) 2GB 832円
シングルコース(3GB) 3GB 918円

楽天モバイル

楽天モバイルは、テレビCMでもその名前を見かけたことのある人も多いのではないでしょうか。その知名度の高さも魅力のうちの1つです。

さらに、下記でご紹介するプランでは050電話を利用することができ、番号を通知して相手の電話にかけることが可能です。


◆下記のプランにはSMS機能が付いていて、月額130円が含まれています。

プラン名 容量 月額料金
050データSIM(SMSあり) ベーシックプラン
(通信速度は最大200kbps)
697円
050データSIM(SMSあり) 3.1GB 1,102円
050データSIM(SMSあり) 5GB 1,696円

IIJmio(みおふぉん)

2016年には「顧客度満足度No.1」になるなど、評判の高い会社です。また、スタンダードなプランでもデータ容量が3GB付いているのも特徴です。

◆SMS機能オプションは「162円/月」です。

プラン名 容量 月額料金
ミニマムスタートプラン(タイプD) 3GB 972円
ライトスタートプラン(タイプD) 6GB 1642円
ファミリーシェアプラン(タイプD) 10GB 2765円

格安SIMにSMS機能を付けることで面倒な問題を簡単に解決できる!

 (216)

格安SIMのSMS機能が必要な理由をご紹介しました。このオプションは、月額にすると150円程度の費用がかかりますがメリットが大きいサービスです。

LINEなどを利用するときにも簡単に設定をすることができますし、さらに機種にもよりますが電池消費のスピードを抑えることができる場合があります。

電池の減りの早さは毎日のことなので、気になるだけでも相当なストレスにもなります。格安SIMを選ぶときにはSMS機能を付けることはおすすめします。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オネェの格安SIM道場 ~格安SIM乗り換え特集 初級編~

オネェの格安SIM道場 ~格安SIM乗り換え特集 初級編~

これさえ見れば格安SIMへの乗り換えに必要な事が丸わかり!!「格安SIM道場」のオネェライターの穴宝寺理子が再び登場!ズボラ女子の美咲と一緒に自分に合った格安SIMの選び方をお勉強しましょう! 今回は、初級編! 格安SIMのスマホ本体の準備方法、プランの種類、支払い方法についてまとめました!
格安SIMをデータ通信用に使いたい!おすすめはこの5社!

格安SIMをデータ通信用に使いたい!おすすめはこの5社!

格安SIMをデータ通信用に使いたい。 メイン使いではなく、サブのスマホ用に格安SIMを選ぶ際は、通話なしのデータのみプランを検討する人も多いのではないでしょうか。 今回はそんなニーズに応え、つながりやすくて総合的におすすめできるMVNO5社を厳選してまとめました。 それぞれ特徴があり、おすすめポイントが異なりますので、ご自身の目的に合ったものを選んでくださいね。 ※掲載している価格は、すべて税抜きです。
格安SIMとは? 初心者が分かりにくい部分を丁寧に解説!

格安SIMとは? 初心者が分かりにくい部分を丁寧に解説!

スマホを持っていて、「スマホ代」が高いと感じている人も多いのではないでしょうか。そんなときにおすすめしたいのは「格安SIM」。今回は「格安SIMとは何か?」といった基本を初心者の人に分かりやすく丁寧に解説します。格安SIMを選ぶ際にぜひ参考にしてみてください!
月額1,000円以下のデータ専用格安SIMをまとめて紹介!

月額1,000円以下のデータ専用格安SIMをまとめて紹介!

データ専用の格安SIMなら月額1,000円以下で利用できるのを知っていますか? 携帯電話番号での音声通話には対応していませんが、その分安い料金で手軽に使えて最低利用期間などの縛りがないというメリットがあります。この記事では特にお得な月額1,000円以下のプランに絞って、おすすめのデータ専用格安SIMを紹介します。
相性抜群! 格安SIM×ポケットWiFiでコスパ◎なネット環境を作ろう!

相性抜群! 格安SIM×ポケットWiFiでコスパ◎なネット環境を作ろう!

外出中にタブレットやパソコンをWiFiでネットに接続したいけれど、スマホと別にポケットWiFiを契約するのは料金が気になる。そんな人に格安SIMとポケットWiFiを組み合わせて、通信料金を抑えながら快適なネット環境を作る方法を紹介します。モバイルルーターを契約する前に、よりお得な方法を確認してみましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部