靴やバッグより、Tシャツにこだわる。スタイリスト・渋谷さんの真逆の発想コーデ

ヘアも、メイクも、ファッションも、カラダの中も。 40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。

靴やバッグより、Tシャツにこだわる。スタイリスト・渋谷さんの真逆の発想コーデ

「おしゃれは足元から」「長く使う小物はいいモノを」など、よく耳にするファッションのルール。それって、本当に正解なの? ファストファッションが増え、洋服に対する価値観が変わりつつあるいま、40歳はどこに“いいモノ”を取り入れるべきなのか。目からウロコの渋谷さん流コーデ術を教えてもらいます。

全身ファストファッションでは、アラフォーのボディーラインは隠せない

渋谷美喜さん/文化服飾学院スタイリスト科卒業。アイドルから俳優、アスリートまで幅広いスタイリングを手掛ける。化粧品や家電メーカーなどのCM・広告、映画の劇中衣装も担当。

大人は着るもの、身に着けるものにお金をかけるという概念が、世の中的に薄くなっていると感じる昨今。大人世代からも「どうぜ毎年トレンドが変わるんだから、ファストファッションでいっか」「服にお金をかけるより、ちがうことに使いたい」といった声を聞きます。

たしかに、いまはそれなりの洋服が手軽、かつリーズナブルに手に入るようになりました。しかも、ファストファッションの中にも、クオリティーの高いアイテムが存在します。だから、「服にお金をかける必要はないんじゃないか」という気持ちになるのも、わからなくはないんですよ。

けれど、大人世代が全身を安くそろえようとすると、やっぱりどこかにボロが出てしまうんです。重要なのは、いいモノはいいモノとして取り入れながら、ポイントでファストファッションをうまくなじませること。私も日常のコーデは、いいモノとファストファッションをミックスしながら、遊びをもたせて楽しむようにしています。

Tシャツにカットソー、デニム。カジュアルなアイテムほど上質なものを

渋谷さんがヘビロテしているTシャツやカットソーなど

存在感や風格が足りない若いころは、高級ブランドのバッグや靴の力を借りて、ステイタスを上げようという意識があったのですが、いまはむしろ逆になりました。着回し頻度が高く、シルエットに直接影響を与えるTシャツやカットソーこそ、いい素材を選ぶようにしています。

というのも、アラフォーになると、どうしてもカラダに“隠せない肉感”が出てきます。メリハリのなくなったボディーラインや背中についた肉、丸みのある後ろ姿などは気になりますよね。その肉感をカバーするには、肌に近い洋服の選び方が重要なんです。

特にTシャツやカットソーといった、カジュアルなものほど慎重に選びます。最初にたしかめるのは、やわらかさ。ストレッチが強いと、気になる肉感を強調してしまうことになりますし、かといって硬めの綿素材を選ぶと、今度はマニッシュになりすぎて、上品な女性らしさがなくなってしまいます。

私のおすすめは、上質なコットンなど、やわらかめの素材。ピチッと感やゴワつきがないので、下着がひびきにくく、ボディーラインをキレイに見せてくれます。ただ、やわらかさやラインの出方は、見た目で判断するのが難しいので、試着するのがベストだと思います。

そして、カジュアルファッションの主役になるデニムは、いいモノを1、2本持っておくといいと思います。デニムってオーソドックスのようで、じつは時代が如実に出るんですよ。昔のデニムを履いていると、古くささをかもし出してしまうため、できればちょこちょこと買い替えるのがベターです。

また、デニムは履くうちに伸びるので、新しく買うときには“少しタイト”と感じるくらいが、ちょうどいいと思います。個人的には、インポートものを買うことがほとんど。股上の深さや色味もトレンド感があり、大人女性に似合うデザインが多いように感じます。

小物はファストファッションで、日々のコーデに遊びを取り入れて

大人のステイタスを感じる、いいモノの代表として、よく挙がるのが靴やバッグですよね。でも、私は意外とリーズナブルな小物ですませることも多いんです。

高額なブランドものを買っても、結局はトレンドに左右されて使う機会が少なくなるので、最近は定番以外はファストファッションにしています。あと、いいモノって重さがあるので、日常的に使うには意外と不便なこともあるんですよね。

また、小物はファッションのアクセントになったり、遊びの部分を担ってくれたりするもの。ちがうデザインをいろいろと持っていたほうが、コーディネートの幅も広がります。

ファストファッションに見えない渋谷さんの私物小物

ポイントは、カジュアル度の高いもの避けること

ただ、安いものを買うときは、カジュアル度の高いものを避けています。バッグはシンプルで大人っぽく、上品な雰囲気のもの。靴は“横顔”をチェックするようにしていますね。目の高さに靴を持ってきて、横からのデザインを見たときに、ヒールやストラップなどが太くなくて、女性らしくスタイリッシュに見えるものを。あと、靴下もいろんな素材や色があると便利なので、比較的リーズナブルなものを使っています。

小物って値段より、ケアが大切なんです。いいモノを持っていても、傷や汚れが放置されていると台なし。それよりは、安いものでもいいので、常に靴やバッグをキレイに保つほうがアラフォー女性として美しく見えますよ。

一般的なファッションの概念を逆にとらえた、渋谷さんの洋服や小物の選び方は新鮮。また、ここぞというとき用に、「素材のいいジャケットとプレーンな黒のヒール、定番のチェーンバッグなどを抑えておくと便利」と言います。ぜひ、今後のお買い物のヒントにしてみて。

次回はヘアメイクの加藤恭子さんが、ご自身のポーチの中身を公開してくれます。外に持ち歩くものをミニマムにする、ヒントを学びましょう。

(取材・文:宮浦彰子/撮影:梅沢香織)

【オトナノきれい塾 記事一覧

この記事のライター

40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。各業界のトップで活躍するメイクアップアーティスト、ヘアスタイリスト、スタイリスト、料理家が、さまざまな角度から“40歳の美”を提案します。

関連するキーワード

きれい塾 チーム オトナノ