2018年4月23日 公開
2019年5月24日 更新

au回線が使える格安SIMはどこ?おすすめできる7社を一挙公開!

auユーザーが格安SIMに乗り換えるなら、au回線が使える格安SIMを選びたいですよね。 でも、実はau回線を提供している格安SIMは希少で、現状ほとんどの格安SIMがドコモ回線を提供しています。 今回は、そんなau回線が使えるおすすめの格安SIMを、7社厳選してご紹介します。 今お持ちのauの端末を、格安SIMに乗り換えて使いたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。 ※掲載している料金は、全て税抜きです。

84 view

au回線が使える格安SIMのおすすめ7社を一挙に紹介!

Smartphone Mobile Phone Social - Free photo on Pixabay (10276)

現在au回線が使える主要なMVNO(格安SIMを提供する事業者)は、以下の7社になります。

・UQモバイル
・IIJmio
・BIGLOBEモバイル
・mineo
・LINEモバイル<
・楽天モバイル
・QTモバイル

順番に各社の特徴を紹介しますので、お気に入りの1社を見つけてください。

つながりやすさNo.1のUQモバイル

⇒UQモバイルのバナー

UQモバイルは、KDDIの傘下でauのサブブランドです。

au回線の帯域を幅広く契約しているので、au回線が利用できるMVNO の中でつながりやすさNo.1を誇ります。

回線が混雑している時間帯でも、UQモバイルなら安心ですね。

また、UQモバイルは、初めての格安SIMに不安な方も安心してお試しできる「15日間無料で試せるtryUQ」も実施中。手に取って確かめて、通信状況に納得してから契約することができます。

格安SIMでは希少なキャリアメール「@uqmobile.jp」も月額200円で使用可能。このアドレスからならau・ドコモ・ソフトバンクなどのキャリアメールに送信しても迷惑メール扱いされません。

安定した通信速度を求めるなら、UQモバイルがおすすめNo.1です。

高い技術力を持つパイオニアIIJmio

⇒IIJmioのバナー

IIJmio(アイアイジェイミオ)は、1992年創業・高い技術力を誇る「インターネットのパイオニア」IIJ(Internet initiative japan)が運営しています。

IIJmio利用者アンケート調査では、「料金の安さ・通話品質・通信品質」の満足度が80%を超え、安心品質で通信障害もほぼ起こらないと評判。

アプリを使えば通信速度を200kbpsの低速モードに切り替えることも可能。低速モードでも、一瞬高速通信になる「バースト転送」が使えるため、WEBサイトの閲覧もストレスなくできます。

低速モードはデータ容量は消費されませんので、容量を節約しながらスマホを使いたい方に向いているMVNOですね。

安心と品質重視ならIIJmioがおすすめです。

オプションが大好評のBIGLOBEモバイル

⇒BIGLOBEモバイルのバナー

BIGLOBEモバイルはNECから独立し、現在KDDIグループに属するMVNO。UQモバイルと同じKDDIの傘下で、端末販売には力を入れていないものの「オプション」に力を入れているという特徴があります。

特にyoutube・AbemaTV・LINE MUSICなどのエンターテイメントが定額で使える「エンタメフリーオプション」が大好評!通話SIMなら月額480円、データSIMなら月額980円で見放題・聞き放題です。

かけ放題などの「通話オプション」も4種類から選択できるので、ニーズに合わせたものをチョイスできますよ。

アットホームなmineo

⇒mineoのバナー

mineoは、関西電力の子会社で2014年から営業開始。日本のMVNOで初めてau回線を取り扱いはじめた事業者です。

mineo独自のコミュニティサイト「マイネ王」でわからないことを質問できたり、余ったパケットをみんなで分け合える独自サービス「フリータンク」を展開していたりと、斬新なサービスを提供している面白い会社です。

mineoの通信品質がプチ体験できるサービスも実施中で、お手持ちの端末で最大2ヵ月間使用できる「mineoプリペイドパック」は200円(税抜)で利用できます。

「mineoプリペイドパック」はデータ通信のみで音声通話はできませんが、つながりやすさなど通信品質が格安で体験できるので、通信速度や安定性を試したい方にはうってつけですね。

みんなで楽しく♪が好きな方にはmineoがおすすめです。

破格のキャンペーン価格を提供したLINEモバイル

⇒LINEモバイルのバナー

LINEモバイルはLINE株式会社の子会社で、2018年にソフトバンクと業務提携。ソフトバンク傘下のMVNOとなりました。

現在、「通話SIM」を月額300円~利用できる破格のキャンペーンを行っており、LINEモバイルユーザーは急増中。

通常でも、月額500円~という価格で利用できるので、少しでもスマホ代を節約したい方におすすめです。

特に、LINEトーク・LINE音声通話・LINEビデオ通話など特定のデータ通信容量が消費されない「データフリー」機能が、LINEユーザーに大好評。

インスタグラムなどのSNSやLINE MUSICのデータフリープランも好評で、20代~30代の若い世代を中心に人気を集めているMVNOです。

LINEやSNSを頻繁に利用している方には、LINEモバイルがおすすめです。

契約数No.1!楽天モバイル

⇒楽天モバイルのバナー

楽天モバイルは、MVNOの中で国内契約数1位。2019年10月から自社回線にて運営を開始し、「第4のキャリア」となる予定のMVNOです。

契約数の増加に伴い、都市部の混雑する時間帯がつながりにくいといった不満が一部のユーザーから出ていますが、キャリアになれば解消される見込みです。

自社回線になってしばらくはau回線・ドコモ回線を利用できるようですが、自社回線への移行を推奨しているので、今後の動向を見守りましょう。

au回線を使い続けたい方には現状おすすめではありませんが、楽天ポイントが貯まりますし、お手持ちの楽天ポイントを通信量の支払いに使えたりと、楽天ユーザーにとっては非常に使い勝手の良いMVNOと言えるでしょう。

九州を拠点に展開するQTモバイル

⇒QTモバイルのバナー

QTモバイルは、九州電力グループ「QTnet」が提供する格安SIMです。

九州地方にのみ実店舗が6店舗・サポート店が13店舗ありますので、九州地方にお住まいの方におすすめとなります。

QTモバイルの料金プランは「利用開始月〜12ヵ月目」までがお得になるプラン設定で、今なら「6GBついた通話SIM」が月額990円(税抜)の「ばり得キャンペーン」を実施中。

QTモバイルのau回線プランは、MNPで乗り換える以外「いつ解約しても違約金がかからない」ので、お試しに最適ですよ。

また、タブレットや他の端末も最大5台まで登録できて、1年間で2回まで修理・交換できる「端末補償サービス(ワイド)」が月額500円と、もしもの時も安心です。

初めて格安SIMを利用しようと思っている方や、九州地方にお住まいの方にはQTモバイルがおすすめです。

格安SIMに乗り換える際の注意点

Iphone 6 Apple Ios - Free photo on Pixabay (10278)

auは少し複雑な仕組みになっているので、乗り換える際に注意が必要になります。

間違えてしまうと余計な出費が増える可能性があるので、しっかり確認しておきましょう。

格安SIMの公式サイトで動作確認済みかを確認する!

auから格安SIMに乗り換える前に、使いたい端末が「動作確認済み」かどうかを確認しましょう。動作確認済みかどうかは、乗り換え先の格安SIM公式サイトで確認が可能です。

動作確認済みであれば、今までauで使っていた端末をそのまま使用できます。

au回線でもSIMロック解除しないと使用できない場合があるので注意!

基本的に、auで購入したスマホはau回線であればSIMロックを解除しなくても使用できますが、一部の端末はSIMロックを解除しないと使用できません。

SIMロック解除をする必要がある端末は「VoLTE対応端末」です。(すべてではない)

格安SIMの公式サイトの「動作確認済み」一覧の項目でSIMロック解除が必要かどうか確認して、必要であればキャリアを解約する直前までに、「my au」から解除手続きをしましょう。

SIMロック解除の手続きは店頭でも対応してもらえますが、手数料が3,000円(税抜)かかるので、無料でできる「my au」から手続きすることをおすすめします。5分程度で終わる簡単な手続きです。

また、「VoLTE対応端末」をお持ちの方は、格安SIMと契約する際も「VoLTE用」のマルチSIMを選択する必要がありますので、間違えないように気をつけてくださいね。

わからないことがあれば公式サイトから「チャット」で質問できるようになっているので、営業時間内に質問してみましょう。

au回線が使える格安SIMおすすめ7社まとめ

Woman Grown Up Within - Free photo on Pixabay (10279)

今回ご紹介した7社は、どれも個性的なサービスを展開している格安SIM。ぜひ、お気に入りの1社を見つけてください。

各社、ユーザーの争奪戦を繰り広げていて様々なキャンペーンやサービスを打ち出していますので、乗り換える際はキャンペーン情報の確認も忘れずに。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

34 件

毎月のスマホ代、半額にしませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

auから格安スマホに乗り換えたい……今のスマホはそのまま使えるの?

auから格安スマホに乗り換えたい……今のスマホはそのまま使えるの?

auから格安スマホへの乗り換えならau回線のMVNOがおすすめ。au回線のMVNOを選ぶメリットや、今のスマホのまま乗り換える方法を初心者にもわかりやすく解説します。はじめてauから格安スマホに変えてみようと思っている人は参考にしてみてください。
auのSIMロック解除方法は? お金はかかるの?

auのSIMロック解除方法は? お金はかかるの?

格安SIMでauのスマホを利用するにはSIMロック解除をする必要があったり、費用はかかったりするのでしょうか? この記事を読めば、明日にでもauのスマホで格安SIMデビューできる準備がバッチリです。
格安スマホに乗り換えて後悔しないためには? よくある事例と対処法を紹介!

格安スマホに乗り換えて後悔しないためには? よくある事例と対処法を紹介!

料金が安くなるといわれている格安スマホですが、乗り換えをして後悔しないのか心配。そんな不安を解消! 格安スマホで後悔することが多いポイントを具体的な事例で紹介、どう対処すればいいのか、どんな格安スマホなら大丈夫なのかを解説します。格安スマホに乗り換えてから後悔することがないよう、乗り換えの前にチェックしましょう。
MVNOでau回線を提供している主要5社を比較してみた!

MVNOでau回線を提供している主要5社を比較してみた!

MVNOが提供する格安SIMにはドコモ回線やau回線、ソフトバンク回線の3種類があります。この記事はau回線のMVNOをピックアップ、人気サービスの特長をまとめました。au回線のMVNOが増えてきたので、auから格安SIMに乗り換えたい人は確認してみてください。
ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えよう! 電話番号をそのまま引き継ぐ「MNP」の手続きは誰でも簡単なので、初めて乗り換える人も安心です。格安SIMへ移行する前の注意点と対策もまとめたので、事前にしっかり確認してお得な格安スマホに変更しましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部