結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 好意の返報性とは。婚活での効果的な活用法

好意の返報性とは。婚活での効果的な活用法

好意の返報性とは。婚活での効果的な活用法
心理カウンセラー

好意を持った相手に対しては、「相手も自分を好きになってほしい」と思うものです。でも嫌われたくないという気持ちが先行して待ちの姿勢になってしまうこともありますよね。

そこで役に立つ心理法則が「好意の返報性」です。この法則を上手に活用していくことで、好きな人との距離が縮まるかもしれません。好意の返報性が成立する条件などに注意しながら、実際に活用するためのコツをお伝えします。

好意の返報性とは

好意の返報性とは

好意の返報性とは、相手から好意を示されると、自分も同じように好意で返そうとする心理のことです。

たとえば、相手が忙しいのに快くお願いごとを引き受けてくれたら、自分も相手がピンチになったときは助けてあげようと思ったりしますよね。もともと私たちは、何かをしてもらったら、何かを返したくなる性質があり、好意の返報性はこれを応用したものになります。

恋愛における「好意を示す」とは、告白することではなく、雰囲気や表情などから好意をわかりやすく伝えていくことです。そうすることで、相手の中に自分の存在がいるような状態になる効果があります。

たとえば「〇〇さんが、あなたのこと気に入っているみたいよ」と信頼する友だちから伝え聞いたら、「そうなの? 俺のこと好きなの?」と、なんとなく相手のことを意識するようになり、笑顔で楽しそうに接してもらううちに好きになっていく、といったことが起きます。

好意の返報性が成り立つ条件とは

好意の返報性が成り立つ条件とは

恋愛において、好意の返報性が成り立つ条件は、まず相手が自分のことを嫌っていないことが必要です。悪いイメージを持たれていたり、まったく興味を持たれていなかったりする状態だと、この法則を使っても逆効果になりかねないので、そうした場合はまず人としてちゃんと話せるような状態にまで持っていくことからはじめてみましょう。

特別な好意は持たれていなくても「可もなく不可もなく」程度であればOKです。完全に友だちになってしまっている場合も難しいので、自分が異性として恋愛対象に入っていることがポイントです。

また、女性は恋愛がうまくいくと仕事にも熱が入り、すべてがうまく回り出すようなことがありますが、男性は恋愛と仕事を分けて考えている人が多いです。彼が、恋愛がしたいと前向きになっているかどうかをチェックしておきましょう。

もし彼が、彼女がほしい・結婚したいと思っているのなら、この法則を活用することができます。失恋したばかりでしばらく恋愛はいいや、と思っている場合や、仕事が忙しすぎて恋愛どころではないというような場合は、彼が前向きになるのをしばらく待っておくのがいいですね。

好意の返報性の上手な活用法

好意の返報性が成り立つ条件についてみてきましたが、それでは実際にこの法則を活用するためにはどんなことをすればいいのでしょうか。婚活での効果的な活用方法をご紹介します。

なるべく早い段階で、興味を示す

知りあってからなるべく早い段階で、相手に対する興味を示しましょう。早めに、がポイントです。というのも、時間が経って相手に対する気持ちが膨らんでいってしまうと、恥ずかしさや傷つく恐れなどから、どんどん好意を伝えるハードルが上がってしまうからです。

相手の目をじっと見て、「へえ~、そうなんですね」と相槌をうちながら真剣に話を聞きましょう。知りあった直後は、自分のことをわかってもらおうとするよりも、相手がどんな人なのかを知る時間に充てます。「すごく興味があります」「おもしろい方ですね」というように、積極的に興味を持っていることを表現していくと、相手も悪い気はしないものです。相手が気分よくいろんな話をしてくれるようになれば、いい感触です。

「会えてうれしい」を表現する

笑顔で話しかけられたら、人は悪い気はしないものです。何回か会っていても、会ったそのときに喜びを表現することがポイントです。恥ずかしさから、「あ、どうも」みたいにそっけなくしてしまったり、表情に変化がなかったりすると、男性も「自分はそんなに歓迎されていないんだな」と思ってしまいます。

「あなたに会えてうれしい!」を素直に表現しましょう。笑顔でうれしそうにあいさつをしたり、身振り手振りが大きくなったりすると、気持ちが伝わりやすく、男性もこちらに好意を持ってくれるでしょう。次に会ったときに、「あっ、〇〇さん、こんにちは~」と男性が前よりもうれしそうに表現してくれるようになったら、好意の返報性が働いているサインです。

「私は相手にどう思われているのかな?」と女性が不安になるように、男性も同じように自信がなく不安に思っているものです。そこで自分から「大歓迎です」と表現すると、男性も安心して近づいてきてくれるようになります。

いいところを見つけて積極的にほめる

男性はほめられることが好きです。ただし、ほめるのも、なるべく早い段階で、がポイントです。知り合いの段階から、相手のいいところを見つけて積極的にほめていける女性は、男性から好意を持ってもらいやすくなります。

早い段階でほめるのがいい理由は、そのほうが軽い好意なので、相手も受け取りやすいからです。ため込んでからほめると、エネルギーが重くなってしまうので、相手もどうしたらいいのかわからなくなってしまいます。ほめるときは、本当に心から思っていることを言いましょう。相手を観察して、どんなことを大切にしている人なのかを見ておきます。

仕事に価値を置いている人であれば、仕事でのがんばりを「すごいですね」「尊敬します」と伝えるのもいいでしょう。服装に気を配っている人であれば、「この服、オシャレですね!どこで買っているんですか?」と話せば、話が弾むきっかけにもなります。

男性は女性が思うよりも複雑ではないので、「こういうところがすごいなって思います」と、シンプルにストレートにほめるほうが伝わります。男性はほめられて気分がよくなると、「この女性と一緒にいると楽しい」と感じるようになります。

早めに軽い好意を伝えていくことが、好意の返報性を上手に活用するポイント

「好意の返報性」を、恋愛で使う場合は、知りあってからできるだけ早い段階で、軽い好意を伝えていくことがポイントになります。相手に興味を持ち、いいところを見つけてほめ、会えてうれしいことを表情や雰囲気、言葉、身振り手振りなどを通じて表現していくことで、相手にこちらの好意に気づいてもらいます。彼に「この人と一緒にいると楽しいな」と思ってもらえたら、恋愛のチャンスが大きく広がります。好意の返報性を上手に活用して、素敵な恋愛をしていきましょう。

(高見綾)

※画像はイメージです
 

【診断】あなたの恋愛傾向は? [PR]

恋愛傾向診断

【診断】あなたの恋愛傾向は? [PR]

理想の相手と出会うにはまずは自分を知ることから!30の質問に答えて自分の「恋愛傾向」をチェックしよう!

婚活に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 好意の返報性とは。婚活での効果的な活用法
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 好意の返報性とは。婚活での効果的な活用法

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。