結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 結婚相手の条件。「実はどうでもいいもの」と「実は重要なもの」とは

結婚相手の条件。「実はどうでもいいもの」と「実は重要なもの」とは

結婚相手の条件。「実はどうでもいいもの」と「実は重要なもの」とは
恋愛コンサルタント

巷では「恋愛と結婚はちがう」なんてことがよくいわれています。特に親世代はそういいますよね。ちなみに、結婚を2回している私もそれを痛感している昨今。

そんな私が「結婚と恋愛では何がちがうのか?」を解説するとともに、既婚女性のアンケート調査も織り交ぜながら、結婚相手の条件で「実はどうでもいいもの」と「実は重要なもの」は何なのか、考えてみたいと思います。

既婚女性に調査! 結婚相手に重要な条件は?

結婚のことは既婚女性に聞いてみることが一番です! 経験に勝るものはありません。彼女たちが結婚前、結婚後に変わった価値観はいったい何なのでしょうか? アンケート結果をみてみましょう。

結婚前に重視していた結婚相手の条件とは

結婚後にもっとも重要だと思った結婚相手の条件とは

結婚後にどうでもいいと思った結婚相手の条件とは

アンケート結果をみて、わかることはやっぱり人間は「中身」が重要ってことですよね。特にそれを結婚後に実感している人が多いようです。

逆に、外的要因(見た目や出身地)は案外どうでもいい。これは私も同感です。

私自身、若いころは「イケメンしか愛せない病」を患っておりましたが、今となっては生理的に無理じゃないレベルであれば、見た目なんて本当にどうでもいいです。

2回結婚しており、1回目はイケメンと結婚した私が切に思うことは、「イケメンは3日で飽きる」けど、生活は長らく続くということ。これから結婚を控えているみなさんにはこの既婚者たちの意見を十二分に参考にすることをオススメしたいです。

恋愛と結婚で相手に求める条件はちがう?

恋愛と結婚で相手に求めるものは違う?

恋愛と結婚は似て非なるものです! 断言っ!

一時的な感情に左右される恋愛とはちがい、結婚とは将来ずっと生活をともにするということ。だから、条件も異なって当たり前。

婚活がうまくいかない女性は「ときめきがほしい」だなんてよくいっていて、結局、恋活をしていることが多いんですよね。でも、結婚には「ときめき」なんて不要なんですよ。

というのも、「ときめき」の対になるものが「不安」だからです。

「相手が自分のことをどう思っているのか、不安」、
「次、いつ会えるのか、不安」
「記念日にサプライズがあるかどうか、(期待と)不安」など。

相手の気持ちがよくわからなかったり、これから先のことに一抹の不安があるからこそ、その不安が一瞬でも解消されたときにときめくという仕組み。

これは恋愛においてはスパイスみたいなものですけど、結婚生活においてはいつしか「不安」は「不満」に変わってしまうこともあるので、要注意。

ときめきを重視して恋愛相手を選ぶ人は多いものですが、それが結婚相手なら、むしろ「ときめき」に依存せず、冷静に結婚後のライフスタイルを熟慮して相手選びをするほうがうまくいくともいえます。

また、恋愛と結婚が決定的にちがうことといえば、結婚は「日常生活」だということ

週1~2回デートするだけの恋人同士ならみなくてすむことやイチイチ気にせずにすむことでも、それが365日の生活となると直面しなければならないことがたくさんあります。

家事に対する考え方とか、日々の小さなことへの思いやりとか、約束を守るとか、経済力など、結婚生活となると日常生活に直結していくので、甘く見てはいけません。

結婚相手に「必要ない」条件と「重要な」条件とは

結婚経験がないころは、「結婚=日常生活」というイメージがなかなかできず、上っ面のスペックばかりに目がいってしまうこともありますが、実際に2回結婚している私からいわせれば、上っ面のスペックってなかなかどうでもいいことです。スペックだけでは生活できませんから。その一方でスペックに気を取られがちな女性が見落としてしまう重要な条件とはなんでしょうか? 私が思う、「実はどうでもいい」条件と、「実は重要な」条件をまとめてみました。

「実はどうでもいい」条件

結婚相手に「必要ない条件」と「重要な条件」とは

(1)見た目に関すること

少し前述もしていますが、顔の造作とかファッションセンスなど、見た目に関することはもはやどうでもいいです。もちろん生理的に受け付けない相手を無理に受け入れる必要はありませんが、友だちになれるレベルの見た目であれば、中身を重視するべきです。

なぜなら、外見というのはいかようにでも変化するものだから。ファッションセンスなんてその最たるもの。結婚後に妻がプロデュースして、好きな服装をしてもらえばいいだけです。目先のものにとらわれず、長期的な視点でお相手選びをするべきなのが結婚なのではないでしょうか。

(2)長男か次男か

たまに「長男の嫁は大変そうだから、次男がいい」ということをいう人がいますが、それマジでどうでもいいです。なぜなら、次男の嫁も大変だから。なんなら長男の嫁と変わらない(笑)。もっというなら、長男か次男かではなく、そのご家庭によってお付き合いの仕方もまったく異なるものだからです。

少子化が叫ばれる昨今、「次男がいい」という条件を掲げるほど、バカバカしいものはありません。それで選択肢を狭めるよりも、自分に合う人を広く探すほうが得策です。

(3)趣味

「趣味が合う人がいい」という人もいますが、私はこれももったいないと思ってしまいます。確かに、絶対に受け入れられない趣味をお持ちの方は避けてもいいかもしれませんが、そうでない場合は、夫婦がちがった趣味を楽しんでいてもいいと思います。

むしろお互いの趣味をわかち合うことで、視野が広がるきっかけにもなるので、自分の知らない趣味を持つ相手も全然ありでしょう。

「実は重要な」条件

実は重要な条件

(1)「優しさ」の価値観が似ていること

「優しい人がいい」と99.9%の女性がいうと思いますが、その優しさの感じ方や尺度は人それぞれです。

お姫様扱いをされて、なんでもやってくれることに優しさを感じる女性もいれば、余計なことは何もせずに黙ってそばにいてくれることに心地よさを感じる女性もいます。自分にとって優しいと感じる相手と結婚することが一番ですよね。

(2)話し合いができること

実は「価値観の一致」よりも、だいぶ重要なことは話し合いができて、お互いに歩み寄り、譲り合いができる関係性です。

誰と結婚しても、新生活をスタートさせれば、次々「あれ?」と感じることや「これはもっとこうしてほしい」などの要望が出てくるものです。そりゃ元は他人ですから、生活の仕方や当たり前の基準がちがったとしてもそれは当たり前です。

そういうときに、お互いが思っていることや希望などを率直に話し合いができて、お互いに譲歩していけることが大事です。どちらか一方が我慢ばかりで、どちらか一方がいいたい放題といういびつな関係はいつか破綻してしまいます。だからこそ、お互いに歩み寄ることが大事なのよね。

(3)金銭感覚

最近は結婚相手に「経済力」を求める女性が急増しているようですが、「年収〇〇万円」という数字よりも大事なことは、「何にお金を使って、どこを節約するのか?」といったような金銭感覚です。

年収1000万円でも800万円の高級車をローンで購入するような男性に貯金はありません。たとえば年収400万円でも堅実で自炊が得意な男性は材料費をかけずにおいしい料理が作れて、貯金をたんまりしていることもあります。

私、思うんだけど、お金の使い方っていうのはその人の生き様だとも思うんだわ。だからこそ、何を大切に考えてどこにお金を使い、どこでお金を節約するのか……その感覚が理解し合えることはとても重要です。

結婚相手に求める条件の見直し方とは

結婚相手に求める条件の見直し方

理想を掲げるのは簡単ですが、1年婚活してみてその理想通りの人と出会えないのであれば、それは天上界の人物像を掲げている可能性が高いです。

1年をひとつの区切りとして、条件の見直しをする必要があるでしょう。

そのやり方としては、まず条件ひとつひとつに優先順位をつけること。そして、上から順にその条件の理由づけを自分なりに考えることです。

たとえば、「年収〇〇万円以上」という条件があるのなら、その金額の根拠はなんなのか? 本当にそれが必要なのか? それはなぜ? と、自分でよく考えること。

いわゆるスペックといわれる条件(年収、学歴、身長、出身地、家族構成など)については、特になぜの追求をする必要がありそうです。よく考えてみればみるほど、その条件が不要なものだと気づくのではないでしょうか。

結局のところ、「条件」度外視で、「それでも好き」と思える相手が最高のパートナーなんです

「結婚したい」とは思っているものの、具体的な相手がいないとき、理想の条件はうなぎ上りに高くなってしまうこともあるでしょう。それこそ、テレビドラマや雑誌なんかを見て、「こういう人がいい!」と現実的にはあり得ないような芸能人をイメージしてしまうことだってあるでしょう。少なくとも私にはあります(笑)。

しかしながら、結婚っていうのは人対人の究極の人付き合いなんですよね。

まぁ人間ですから、いろいろあります。お互いに。

でも、そのいろいろ「あれ?」と思うことがあっても、「それでも好き」「それでも一緒にいたい」と思える相手が最高のパートナーなのではないでしょうか。何があっても許し合える関係性って、深い絆で結ばれていると思いませんか?

(ひろん)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2019年6月25日~6月27日
調査人数:112人(既婚女性)

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

チャンステスト

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

プロフィール入力すると無料でマッチング診断、あなたに合った楽天オーネット会員をご紹介します。

結婚に関するキーワード

結婚に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 結婚相手の条件。「実はどうでもいいもの」と「実は重要なもの」とは
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 結婚相手の条件。「実はどうでもいいもの」と「実は重要なもの」とは