結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 【イラストで解説】お見合い写真にオススメの服装と撮るコツ

【イラストで解説】お見合い写真にオススメの服装と撮るコツ

【イラストで解説】お見合い写真にオススメの服装と撮るコツ
婚活アドバイザー

お見合い写真というと、写真館で撮った分厚いアルバムを仲人さんが手渡しするような古いイメージをお持ちかもしれませんが、それは昔の話。

今どきの結婚相談所では、入会3日~1週間後に、顔のアップと全身のカットなどを数パターン撮影し、システム上のプロフィール写真として登録し、会員のみなさんがパソコン画面上で見られるようになっています。それがいわゆる「お見合い写真」となります。

そこで、婚活中の女性に向けて、「結婚できる、今どきのお見合い写真」について解説していきます。

お見合い写真の重要性とは?

お見合い写真を撮るときの服装

結婚相談所において、「お見合い写真」は非常に重要です。結婚相談所では、オークションのようにパソコン画面上に顔写真が並び、気になる人がいたらクリックしてプロフィールを見て、会ってみたい人を選ぶという仕様になっています。つまり、写真でパッと目を引かなければスルーされてしまうのです。

また、最初の1週間は、「新規入会者情報」に掲載されることが多く、たくさんの人の目に触れやすくなります。その後は、条件検索に引っかかったり、担当の婚活アドバイザーがイチオシしたりしなければ、埋もれてしまいます。ですから、注目度が高まる最初の1週間に、どれだけクリックされるかどうか。これが、その後の成婚率を上げるために重要になるのです。

お見合い写真を撮る上でのポイント&注意点とは?

クリックされるお見合い写真には法則があります。どんな表情や服装で、どこで誰にどんなふうに撮ってもらうのいいのでしょうか? 詳しく解説します。

1.絶対にロケで撮影するのがオススメ

お見合い用のプロフィール写真は、男性でも女性でも、断然プロのカメラマンによる「ロケ」がオススメです。なぜなら、背景や光によってごまかしがきく上、自然で明るい雰囲気になるから。特別な場所でなくてもいいので、明るい自然光のもと、さわやかなグリーンが写り込んでいるような背景がいいでしょう。逆に、古い写真館で撮ったようなグレーの背景で棒立ちしているような写真はやめたほうがいいでしょう。今どきではありません。

2.上半身に明るくキレイな色で目を引いて

画像一覧に並んでもパッと目を引くような、明るいカラーを上半身に持ってきてください。女性はピンクや赤のトップスやふんわりしたワンピースやスカート。男性の場合、ネクタイにピンク、赤などを取り入れるのが効果的です。色合いにこだわるのは、実際のお見合いの服装でも同様。実際、私の結婚相談所では、プロフィール写真やお見合い、デートなどのスタイリングを提案したり、予算に合わせて買い物に同行したりもしています。

3.まるで別人! 画像加工詐欺は禁止

お見合い写真と実物が全然ちがって待ち合わせ場所で会えない、という珍事件があるあるになっています。顎をシャープにして目が2倍になるような原型をとどめない加工はやめましょう。加工しすぎ、盛りすぎは、会ったときのガッカリを助長するだけ。あくまでカメラマンのテクニックで魅力を引き出し素敵に見せ、多少のシミやニキビ、クマなどを修正する程度にとどめましょう。

4.口角が上がり白い歯を見せた笑顔

私の結婚相談所で成婚した人のお見合い写真は、ほぼ全員歯が見えています。逆にいうと、一気に10~20人の写真を一覧で見るとき、笑っていないだけで無意識に落とされてしまうんです。そして、口角がキュッと上がっていることと、白くてキレイな歯をしていることでも印象がよくなります。婚活は歯が命! 話すとすごく感じがいい人なのに、まっ茶色の歯だったり、笑顔がへたでうまくいかないことがあります。ぜひ鏡で口元をチェックして、笑顔の練習をしてみてください。

5.スタイルをよく見せるポージングを!

モデルじゃないんだからポージングなんて、と思うかもしれません。逆です、素人だからこそスタイルをよく見せるポージングを知るべき! 首をかしげて小顔に見せたり、身体をひねったりしてほっそり見せたり、足をうまく重ねてスラリと見せることができるのです。全身鏡でキレイに見えるポーズを探すしかないのですが、自力ではなかなか難しいもの。レッスン料だと思って、ポージングを指示してくれる腕のいいカメラマンに撮影をお願いしたほうがうまくいきます。

【年代別】お見合い写真にオススメの服装

20・30・40代、それぞれの年代に合わせた、服装やヘアメイクのコツをお伝えします。外見は内面の一部ですから、どんな印象に見られたいかということと合わせて、年齢ごとのポイントをおさえていきましょう。ファストファッションなどもうまく活用しながら、3~5セットほどそろえておいて損はないはずです。

20代女性

お見合い写真にオススメの20代の服装

特徴と解説

20代の服装は、ふんわりしたウエストリボンつきの白いワンピース。もしくは色味のキレイなパステルカラー、マカロンカラーを取り入れた、上品なお嬢様ファッションが基本です。イメージはプリンセスの佳子さま! 

若い女性の場合、軽く見られず、相手に大事にされるためのファッションを心がけたいところ。デートで真っ白のワンピースを着てきた女性を、煙モクモクの焼き鳥屋やラーメン屋さんに連れていく男性はいません。ひらひらのスカートをはいていたら、暗い夜道をひとり歩きさせるのが心配になります。私を大事に扱ってね、というメッセージになるのです。

スカートやワンピースはAライン、トップスはパフスリーブ、ベルトや飾りにリボンがついているものなど、「若さゆえのかわいさ」を強調していきましょう。スカートの丈感は、脚に自信があればひざ上でもOKですし、ひざ下で落ち着いた印象にしてもOK。あまり制限はありません。ただし、靴には要注意。バックストラップのないミュールタイプは足音がうるさく歩き方もだらしなく見えます。指先のあいたオープントゥもコーデによっては下品に見えることも。上品なバックストラップパンプスがいいでしょう。汚れやかかとのすり減りなどもチェックしてくださいね。

ヘア&メイク

みつあみを入れたハーフアップなど、清楚なお嬢様ヘアが基本です。長さは、ミディアムからセミロングくらいが人気があります。髪は上半身の第一印象の多くを占めるので、きちんとセットした感を出したいところ。必ずヘアアイロンでゆるく巻くか、毛先をカールさせて。だらだら髪が顔にかかったり、素髪を束ねただけのひっつめ髪にしたりするのはNG。

メイクについては、若い女性はお肌も若くてメイク上手が多いので、あまり心配はいらないでしょう。主張の強いカラコンやバサバサのつけまつげなどの過度なメイクや、流行の赤リップやオルチャンメイクなどは男性に不人気……といわれることもありますが、正直、似合っていてかわいければOKです。

30代女性

お見合い写真にオススメの30代の服装

特徴と解説

30代になったら、実力派の女性アナウンサーやCAのような大人の華やかさと、女性らしく知性のあるセクシーさも感じるファッションがオススメです。かわいさアピールだけではなく、しっかりとした印象も出したいところですが、ただのオフィスファッションになってしまうのもNG。男性はオフィスファッションを見飽きていますから、婚活中にも仕事をしているような気分になってしまいます。きちんと感の中に、セクシーさもプラスするには、バスト・ウエスト・ヒップのうち、2つのラインをはっきりさせます。3つとも強調するとボディコン状態でやりすぎになりますが、2つなら大丈夫! 若いころと比べてすこし肉付きしてくる方も出てくる年齢なので、スタイルがよく見える着痩せコーデを選びましょう。

色味はショッキングピンクやパステルカラーはやや幼く、顔が浮いてしまうので、ボルドーやネイビー、ポイントで使うなら黒などの締め色も可。ただし、テーラードジャケットやワイドパンツなどは避け、ダークトーンのときほど肌見せやフレアなライン、大きめなアクセサリーなどで女性らしさをプラスします。ノースリーブに、カーディガンやストールを肩がけすると効果的です。ちなみにデートの場合、観劇や高級レストランなどでジャケットが必要なこともあるので、30代になったら襟なしのツイードジャケットを持っておくと便利です。

ヘア&メイク

昼間はしっかりお仕事をしているのに、デートのときはセクシー……そんなギャップのあるヘアメイクをイメージしましょう。ぽってりとした血色感のあるリップ、ほんのり上気したようなチーク、目尻の長いつけまつげなどは、大人にもマッチします。

髪型はやはりロングヘアが人気です。長め髪を太めのヘアアイロンでしっかり巻いてツヤを出し、ゴージャス感のある巻き髪にできればベスト。ボブやミディアムで短めの場合、ヘアセットでリップや首のラインをキレイに見せましょう。30代以上は髪が傷んで見えやすくなりますから、艶のないほったらかしの黒髪は逆効果。白髪などがちらほら出てきている人は、所帯染みた印象になるので必ずチェックと毛染めをしてくださいね。

40代女性

お見合い写真にオススメの40代の服装

特徴と解説

40代になったら、服装もヘアメイクも、「老け見えしない」が絶対条件です! 顔や身体の老けを隠したいところに対して、対抗していくファッションがベースになってきます。

まずは顔映りを重視。ベージュやカーキ、グレーなどのくすみ色は絶対に避けます。くすみが顔と一体化しておばあさんに見えますよ。かといって、若作りもイタく見える年齢なので、くすみを飛ばす白は顔まわりに必須の色。そこに、締めの黒や、柔らかく見せる落ち着いたピンク色などを足していきましょう。

お尻が垂れ、下腹も出てくるので、着こなしで目くらましをしたいところ。たとえば、トップスはスリムに見えて明るく軽やかな印象の白のシースルーブラウス。袖がふっくらして袖口にリボンがついているものなどは、所作が美しく、腕が長く見えますよ。ボトムスは、黒や紺のタイトスカート、もしくは桜ピンク色やネイビーのフレアスカートもオススメ。ただし、ふくらはぎ丈のロングスカートは足が短く見えるのでNG。基本はひざ丈で、自分の足がキレイに見える丈を研究してください。

また、ワンピースならば、大きめな黒の水玉や上質な白のレースなどに、手袋や帽子、ミニバッグを添えた、大御所女優風ファッションも可。40代以上は、若作りではなく「キレイだけど何歳だろう?」と思わせる、年齢不詳美人を目指しましょう。

アラフォー以上の場合、カッティングやシルエット、生地感やドレープなどが重要になってくるので、プチプラショップよりも百貨店ブランドなどをセレクトしたほうが安心です。また、服装以前に、ブラジャー選びにこだわってキレイなバストラインを作ることも大事。ノンワイヤーやカップ付き肌着などを愛用している人は老け見え一直線です。歳だからと胸元を隠したがる人も多いですが、首の詰まったトップスはデカ顔に見えて、顔に視線が集まるのでやめましょう。

ヘア&メイク

40代は、ヘアメイクもとにかく老け見え対策が肝です。写真とはいえ、日ごろのケアも重要となってきますから、まずは白髪と頭皮をケアをはじめてみては。3週間に1回は美容室に行って白髪染めとトリートメントとスカルプケア、週に3回はホームトリートメントをしましょう。何もしていません、と言っている40代以上の美人はそれくらいやっています。

メイクも、30代までのメイクを棚卸する意味でも、一度プロの指導を受けていただきたいところ。たとえばナチュラルメイクと称してBBクリームを塗っただけ、というのは肌のアラが隠れないので、絶対にやめましょう。シワっぽくなる肌に潤いを与える保湿ファンデーション、くすむ目元はコンシーラーやベースなどを重ねる必要があります。唇の縦じわを隠してふっくらさせるグロスも持ち歩きましょう。眉毛や口元の産毛もきちんと処理するようにしましょう。

髪型は、髪が縮れて量が減ってくるのをカバーしたいところ。熱を加えるとツヤが出ますから必ずヘアアイロンを使用して全体を伸ばし、ハチ下の髪はボリューム感を出すようミックス巻きをしましょう。また、トップの髪はコームで逆毛を立ててポッコリと高さを出してハーフアップに。毛量が多く見えて小顔効果があり、アップにすることでたるみの引き上げにも効果があります。

お見合い写真は対面前の「第0印象」!

まとめると、キレイな色味、笑顔、髪型、背景、そして年齢別の老け見え対策がお見合い写真の重要ポイントだとわかりましたね。

お見合い写真は、対面する前にあなたの印象を決める、いわば第0印象です。だからこそ、キレイには見せたいものの、ただの写真詐欺になっては意味がありません。お見合い写真で印象をアップすることで、あなた自身の内面をしっかりと見てもらう、という気持ちでチャレンジしてみてくださいね。

また、相手を惹きつけ、その他大勢の中から選ばれる人になるためのテクニック――これはお見合い写真だけでなく、お見合いやデートなど婚活中を通して使えますし、婚活以外の場でもあなたをハッピーにしてくれるはずですよ。植草美幸は、いつもあなたの幸せな結婚を応援しています!


(文:植草美幸、イラスト:やよい)
 

婚活に関するキーワード

婚活に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 【イラストで解説】お見合い写真にオススメの服装と撮るコツ
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 【イラストで解説】お見合い写真にオススメの服装と撮るコツ

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。