更新日:

学資保険、円建て・ドル建てどちらを選ぶべきか徹底解説

保険商品には「円建て」のほかに「外貨建て」がありますが、学資保険でも最近はドル建てが注目を集めています。円建て・ドル建て、それぞれの商品の特徴を比較したうえで、どのような人に円建て・ドル建てが向くのか解説します。

円建て・ドル建てとは?

「円建て」の保険を一言で説明すると、支払いも受け取りも、すべて「円」でおこなう商品のこと。

対して、「ドル建て」の保険とは、「ドル」ベースで運用される商品のこと。支払いから受け取りまで、「ドル」あるいは「ドルを円に換算した金額」でやり取りをおこないます。

なぜ「ドル建て」商品があるの?

現在、ドル建て商品に注目が集まる最大の理由は、「円が超低金利」の時代が続いているから。ドル建てであれば、円建てよりも利率が良く、資金を円で運用するよりも大幅に増やすことができる可能性があるというわけです。

「円建て」学資保険のメリット・デメリット

「円建て」のメリット

  • 予定利率が変わらないため、将来受け取るお金を把握しやすい
  • 支払う保険料が一定

「円建て」商品は為替とは無関係のため、契約者に対して約束する運用利回りを意味する「予定利率」に大きな変動はありません。

また、支払う保険料も契約時から変わることはありません。そのため、「いくら支払えば、受け取るときにこのくらいの金額を用意できる」という見通しが立てやすくなります

「円建て」のデメリット

  • 貯蓄効果が低い
  • 物価の変動(インフレ)に弱いことがある

「円建て」商品のデメリットは、「大きく増やせないこと」に尽きます。それでも為替変動の影響は受けないため、リスクはなく安心なイメージがありますが、もし満期時に物価がインフレを起こしていたら、実質的に“得”にならないこともあり得ます

※円の価値が下がり、ものの価値が上がることをインフレ、その逆をデフレといいます。例えば現在100円で買えるボールペンが、もの自体はそのままなのに、価格が150円、200円などと値上がりすることが「インフレ」です。

学資保険でいうと、将来の大学入学時に必要な資金として300万円くらい貯めようと思って契約しても、満期時(受取時)になって、大学の授業料が契約時よりも値上がっていたとしたら、考えていた「300万円」の価値は、契約時よりも下がっていることになります。学費の上昇が著しい現在、円建てだからといって万全ではないのです。

「ドル建て」学資保険のメリット・デメリット

「ドル建て」のメリット

  • 円建てよりも高い金利で、貯蓄効果が高い
  • 受取時、為替レートが契約時よりも円安であればあるほど利益が大きくなる
  • 円建てよりも保険料が割安の場合が多い

まずドル建ての場合、常に為替相場の影響を受けるため、「投資」という認識が必要です。

ドル建てのほうが円建てより予定利率が高く設定されているので、受け取る時の為替レートによっては、支払った金額よりもたくさん受け取ることができます。そして、この予定利率は高いほど保険料は安くなる傾向があります。つまり、ドル建てのほうが円建てよりも保険料が安くなっていることが多いということです。

「ドル建て」のデメリット

  • 為替の影響を受けるため、支払う保険料が一定しない
  • 為替レートによっては、受取時に元本割れをする可能性がある
  • 途中解約時、大幅な元本割れを起こす可能性がある
  • 為替手数料が発生する

「ドル建て」最大のデメリットは、支払時や受取時の為替状況が円高なのか・円安なのかによって、保険料に影響が出てくることです。

ドル建て商品を「円」で支払ったり、受け取ったりする場合、お金を動かすタイミングでの為替レートを元にドルを円に換算するため、支払う保険料がその都度変動します。

また、受取時の為替レートが契約時より円高になっていれば、元本割れを起こします。ただし、満期保険料はそのまま据え置きにし、円安など条件の良いタイミングを見計らって受け取ることは可能です。

一方で、途中解約する場合、円建てに比べて大きな元本割れを起こす可能性も否定できません。途中解約すれば元本割れを起こすのは円建てもドル建ても同じですが、高い利回りをうたうドル建てのほうが戻ってくるお金は少なくなりがちです。また、円とドルとをやり取りすることになるため、円建てにはない「為替手数料」がかかることになります。

円建て・ドル建て それぞれに向く人を分析

円建て商品に向く人

  • 絶対に“損”をしたくない人
  • いちいち為替レートを気にするのがイヤな人
  • 支払う保険料はずっと同じ金額がいい人

さらに学資保険という観点から考えると、「この時期に、このくらいは貯めたい」という時期と金額が明確に決まっていて、その安心感がほしい」人は円建て商品が良いでしょう。

ドル建て商品に向く人

  • 為替変動によって支払う保険料が変わっても、対応できる見込みがある人
  • 満期時、もし円高などで受取条件が悪ければ、据え置くこともできるほど資金に余裕がある人
  • 将来海外に移住したり、子どもが留学したりすることを考える人

前述しましたが、ドル建て商品は為替変動に影響を受ける「投資」です。学校入学時など、大きなお金が必要となる時期が決まっている教育資金を準備するためには、円建てと比べて「確実性」は劣るかもしれません。

満期以降、受取時期を先延ばしにできるとはいっても、その時どうしてもお金が必要なら、条件が悪くても解約しなくてはいけないでしょう。よく「ドル建ては解約しにくい」と言われるようですが、これは「損をするのがイヤで解約する決断がつきづらい」という人が多いためです。一方で、「解約時の保険料はドルで受け取る予定」という人は、為替レートを気にしないでいいため、ドル建てに向くといえるでしょう。

合わせて読みたい→いま選ぶべき高返戻率「学資保険ランキング」

>>保険コネクト(国内最大級)で保険を見直す<<

  • 画像はイメージです
  • 本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

その他の記事一覧

Copyright © https://woman.mynavi.jp/lifesupport/gakushi-hoken All rights reserved.