お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】夢の中で夢を見る「多重夢」の意味とは? 殺される・同じ夢を繰り返すなどの暗示12選

夢占い

LIB_zine

夢の中で夢を見ることを「多重夢」といいますが、スピリチュアルの観点ではどんな意味があるのでしょう。この記事では、殺される、金縛りにあう、同じ夢を繰り返すなどの状況別で夢が暗示する内容を紹介します。

夢の中で夢を見ることは、「多重夢」もしくは「夢中夢」などと呼ばれます。

「夢を見ている夢」には、一体どんな意味があるのでしょうか? もしかすると、ストレスや現実逃避したい気持ちを表している可能性があります。

この記事では、夢の中で夢を見る場合の暗示を状況別で紹介します。

夢の中で夢を見る場合の基本的な意味

夢の中で夢を見る、つまり夢を見ている夢を見る場合、精神的疲労やストレスがたまっているサインと考えられます。

実生活でのトラブルに対して、あなたの心が助けを求めているのかもしれません。

追いつめられて逃げたいと思う気持ちが、夢の中の世界に閉じこもる形で反映されているのです。

【状況別】夢の中で夢を見る意味

ここでは、夢の中で見た夢の状況別で意味を紹介します。

(1)夢の中で目を覚ます夢を見るのは「精神的な疲れ」

夢の中で目覚める夢は、精神的に疲れ切っていることを示す警告夢です。

現実逃避したいという思いが、本当の夢から目覚めたくないという形として表れているのでしょう。

精神的に疲れてしまう原因の、心当たりはありますか? この夢を見た時は、とにかく無理をしないことが大切です。

(2)夢の中でなかなか起きられない夢を見るのは「ストレスの蓄積」

夢の中でなかなか起きられない夢は、あなたのストレスが蓄積しているという暗示。

起きたくても起きられないという状況は、頭では行動しなきゃと思っているのに体がついてこないほどの状態ともとらえられます。

これ以上ストレスをため込むと、体調に異変が出る可能性も。決して無理をせず、リフレッシュすることを優先してください。

(3)夢の中で何度も繰り返す夢を見るのは「ネガティブ思考」

夢の中で、同じことを何度も繰り返す夢を見るのは、あなたがネガティブ思考に陥っているという暗示。

問題が解決せず堂々めぐりしている現状を、なかなか受け入れられずにいるのかもしれません。

ネガティブな思考は、ネガティブな現実を引き寄せてしまいます。少しずつでも、前向きにとらえる練習をしていきましょう。

(4)夢の中で金縛りにあう夢を見るのは「頑張りすぎ」

夢の中で金縛りにあう夢を見るのは、頑張りすぎているというサインです。

心身共に限界を迎えそうであり、潜在意識からのSOSであると考えられます。

「1人で大丈夫」と思っていることでも、この夢を見た時は周囲の人を頼ってみてください。時には誰かに甘えることも必要です。

(5)夢の中で自分を見つめる夢を見るのは「変わりたい願望」

夢の中で自分自身を見つめる夢を見るのは、密かに変わりたいと願っていることを意味します。

今抱えている問題や目標に対して、このままではいけないと思っているのかもしれません。気づいてはいるものの、なかなか行動に移せないでいるようです。

実際にどう変わるべきかは、夢の中で自分を見つめていた時の感情をヒントにしてみましょう。

(6)夢の中で過去の恋愛の夢を見るのは「相手への未練」

夢の中で過去の恋愛にまつわる夢を見るのは、夢に登場した相手への未練でしょう。

しかし夢で見たのが別れのシーンであったなら、過去への未練を断ち切って前を向くチャンス。

ぜひ、ポジティブに進んでいきましょう。

(7)夢の中で失敗する夢を見るのは「不安な気持ち」

夢の中で失敗する夢を見るのは、あなたの中に不安な気持ちがあるというサイン。

夢の中では、どのような感情を抱いていましたか?

もし失敗して悲しんでいたならば、ミスをする前兆を示しているかも。一方で、失敗しても悲しんでいなければ、あなた自身の気乗りしない気持ちを暗示しています。

(8)夢の中で殺される・死ぬ夢を見るのは「悩み事の解決」

夢の中で誰かに殺されたり、死んだりする夢を見るのは、あなたが抱えている問題や悩み事が解決に向かうという吉夢です。

死に関連する夢は一見不吉に思えますが、夢占いにおいては再生や転機を象徴しています。

もし今困難な状況にあるとしても、まもなくうれしい出来事が起こるでしょう。

次のページを読む

SHARE