お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コンサバとは。意味とコーデのコツを解説【大人のファッション用語】

大人のファッション用語

弓削桃代

コンサバとはどういう意味か知っていますか? コンサバファッションとはどういったものなのでしょう。ファッションライターの弓削桃代さんに、コンサバとは何か、ファッションの特徴や上手なコーデ方法など、詳しく解説してもらいました。

よく耳にする「コンサバ系ファッション」という言葉。

白やベージュ、ネイビーなど清潔感のある色を取り入れているので、オフィススタイルを想像する人も多いでしょう。

なんとなくきちんとしたイメージはあるものの、実際どういったファッションのことを指すのでしょうか?

今回もイラストを交えながら、「コンサバ」というファッション用語について学んでいきたいと思います。

コンサバ(コンサバティブ)とは

コンサバとは。意味とコーデを解説【大人のファッション用語】

まずは「コンサバティブ」という言葉の意味から探っていきたいと思います。

ファッションに限らない「コンサバ」の意味を調べてみました!

コンサバ(コンサバティブ)の意味や定義

コンサバとは「コンサバティブ」の略になります。

基本的な意味は、「保守的な」「控えめな」。人の性質について使う場合、「控えめで古風」、「地味な」という意味合いにもなるようです。

また、価値観におけるコンサバだと、「伝統的で奇をてらわない」という意味で使われる模様。政治的なシーンでは、「保守主義」という意味になります。

色んなシーンで使われるコンサバですが、どんな場合でも、おとなしく古風という意味合いを持つようです。

コンサバ(コンサバティブ)の対義語とは

コンサバは、古いものや伝統的なものを大切にして守り続けるという意味があります。これに対するものとして、「斬新」、「進歩的」「プログレッシブ」という言葉が挙げられます。

自由な、自由主義者という意味の「リベラル」も対義語に当たります。

また、現代的なという意味を持つ「コンテンポラリー」、さらに革新的なという意味の「アヴァンギャルド」もコンサバティブの対義語といえるでしょう。

ファッションにおけるコンサバとは

コンサバの基本的な意味を把握したところで、ファッションにおけるコンサバの意味を調べてみましょう。

コンサバファッションの定義とはどんなものなのでしょうか。

コンサバ系ファッションの意味や定義

コンサバファッションは、1980年代頃のバブル期に使われ始めた言葉です。

ラフでカジュアルなファッションの対義語として使われていて、お嬢様風のエレガントなファッションを指していました。具体的には20代前半のOLや女子大生の間で流行っていた、カーディガンにワンピースのような清楚で上品なファッションのことをいいます。

しかし、バブルが崩壊した際に下火になり、それ以降、意味合いが変わってきています。

清潔感のあるきれいめなお姉さんスタイルというイメージが今では定着しました。

コンサバスタイルとはフェミニンスタイルのこと?

コンサバファッションとフェミニンスタイルの違い

フォーマルとカジュアルの中間くらいの、女性らしいきれいめなスタイルがコンサバファッション。どこか知性が漂い、品のいいスタイルがコンサバに当たります。

片やフェミニンは女性らしいという意味を持つ言葉。女性らしく清楚な雰囲気は同じです。

ただし、コンサバはどちらかというとかっちりとしてまさにオフィスでも着やすい服装。フェミニンはもう少し甘めでかわいらしい印象の服装がカテゴライズされると思います。

コンサバ系ファッションブランド

コンサバ系ファッションブランドで代表的な5つを紹介します。

(1)INED(イネド)

「ワンランク上の大人の女性を目指す人に向けた、知的で上品なスタイル」を提案しているイネド。素材にもこだわり、質のいいアイテムを作り続けています。

ベーシックながらどこか現代的な要素も取り入れたデザインが、多くの女性から支持されています。また、シルエットの美しさにも定評がありますね。

(2)PLST(プラステ)

大人のさまざまな生活シーンに対応できる、最上質の日常着ブランド。素材、着こなし、着心地に高い意識を持ったものづくりが、人気を集めています。

公式WEBマガジン『PLSTmagazine』では、人気モデルの泉里香さんやインフルエンサーの星玲奈さん、スタイリスト兼エディターの大草直子さんを起用した連載があり、コーディネイトの参考になります。

(3)Mila Owen(ミラオーウェン)

洗練された大人のベーシックアイテムを提案してくれるのが、ミラオーウェン。「TOKYOから世界に発信するネクストベーシック」をコンセプトにした、今っぽいデイリーウエアが人気です。

代表的なアイテムは、ワンピースやセットアップで、毎シーズン新作が出るので見逃せません。

またミラオーウェンの魅力は、手軽な価格帯にもあります。1万円以内で手に入るものが多く、買い足しやすいのもポイントです。

(4)Demi-Luxe BEAMS(デミルクス ビームス)

カジュアルの王道ブランド・ビームスの中で、程よくトレンドを取り入れた大人の女性のための服を提案しているラインです。

質の高い定番アイテムは、どこか高級感のあるものが多く、現代の女性にぴったり。

レーススカートなど少しフェミニンさが加わったデザインもあるので、仕事とプライベートの両方で使いやすいアイテムが多いです。

(5)UNTITLED(アンタイトル)

通勤服にも使えるようなシンプルで上質なアイテムを提供しているブランド。「常に変化する時代の中で、前向きにしなやかに生きる女性」のために作られる洋服は、気取り過ぎず飾らない美しさがあります。

シャープさと女性らしさを程よくミックスしているので、パンツ派、スカート派、どちらでも着こなしやすいはずです。

次ページ:コンサバ系ファッションの特徴【イラストで解説】

SHARE