お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

トラッドスタイルとは。意味とコーデを解説【大人のファッション用語】

大人のファッション用語

弓削桃代

「トラッドスタイル」。耳にしたことはあってもどんなファッションか具体的に知っていますか? ファッションライターの弓削桃代さんが、トラッドファッションの意味やコーディネートの仕方など、詳しく解説してくれます。

かっちりとしたジャケットやチェックのスカートなど、お行儀のいいイメージのあるトラッドスタイル。

今まで何となく使っていた、トラッドファッションについて徹底解説します。

トラッドスタイルの代表ブランドや定番アイテムも併せて紹介するので、ぜひチェックしてみて。

トラッドスタイルとは

トラッドスタイルとは

まずは、トラッドスタイルとはどんなファッションのことなのか、その定義から解説。その意味や気になるルーツについても紹介していきます。

トラッドスタイルの意味や定義

よく使われているトラッドという言葉、実はこれは和製英語なんです。

伝統的や保守的を意味するトラディショナルという英語から、流行に左右されないファッションを指す「トラディショナル・クロージング」という言葉が生まれ、そこから派生したといわれています。

英国紳士のようなファッションを原点とした、上品でいつの時代でも着こなせるコーディネートのことです。

クラシカルで品のいいトラッドスタイルは、男女共に常に一定の人気があるファッションといえます。

トラッドとはアイビールックのこと?

トラッドとはアイビールックのこと?

1950~60年代、アメリカで有名私立大学が構成する団体「IVY LEAGUE(アイビーリーグ)」に所属する学生たちのスタイルが、「アイビーリーグルック」として、人気を集めます。

その頃、日本では戦後の混乱もある中、欧米への憧れが高まっていた時期でした。

日本のファッション誌でも取り上げられたのをきっかけに、「アイビーリーグルック(アイビールック)」は若者に浸透していき一大ブームに。

1964年頃には、アイビールックの要素を取り入れた若者たちが銀座のみゆき通りに集まるようになり、「みゆき族」と呼ばれ社会現象になりました。

そんなアイビールックをよりかっちりと大人の装いにシフトしたのが、トラッドスタイルともいわれています。

また、アイビールックはトラッドスタイルの一部と考えることもあるようです。

Check!

ミニスカート旋風? 「60年代ファッション」とは【イラストで解説】

トラッドスタイルなレディースブランド

トラッドスタイルとして有名なレディースブランドをいくつか紹介します。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

1818年にニューヨークで創業した、歴史あるアメリカンクラシックのブランド。

今ではスタンダードとなったボタンダウンシャツなどを世に送り出したといわれています。

かっちりと見せつつ、エレガントで女性らしさの引き立つラインのセットアップ、シンプルなTシャツやポロシャツなどが人気です。

MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュ フィロソフィー)

英国を代表する老舗ブランド「MACKINTOSH(マッキントッシュ)」の物づくりの精神を引き継ぐ、セカンドライン。

クラシカルかつその時代性も反映したアイテムの数々は、長く着続けることのできるものばかり。

トレンチコートや花柄のワンピース、スカートなどは定番ながらどこかモダンなテイストも感じられ、ファンも多いようです。

FRED PERRY(フレッドペリー)

イギリス発のフレッドペリーは、創始者であるフレデリック・ジョン・ペリーの名前が由来になっています。

イギリス生まれのフレデリック・ジョン・ペリーは、一流のテニス選手として有名であったと共に、ベストドレッサーとしても認められていた人物。

ポロシャツはブランドの代表的なアイテムの一つです。

MARGARET HOWELL(マーガレット・ハウエル)

イギリスを代表するデザイナー、マーガレット・ハウエルが作ったブランド。

着心地の良さを第一に考え、リラックスできてナチュラルな洋服が定番です。オーセンティックなものからインスパイアされたアイテムは、年を重ねても長く愛用できるようなものばかり。

シンプルで飽きの来ないデザインの、シャツ、パンツ、アウターなどは大人の女性でも着やすいはずです。

次ページ:トラッド系レディースファッションの特徴【イラストで解説】

SHARE