お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 コーディネート

キッチュの意味とは。キッチュなファッションの作り方【大人のファッション用語】

弓削桃代

「キッチュ」という言葉の意味を知っていますか? 今回はその語源から、どういうファッションのことを指すのかまで、ファッションライターの弓削桃代さんがレクチャーします。さらにコーデのポイントをイラストで解説!

ファッション用語で「キッチュ」という言葉を知っていますか? あまり耳慣れない言葉かもしれないですが、今回はその語源からどういうファッションのことを指すのかまでレクチャーします。

ちょっぴり個性的な魅力を持つ、キッチュなファッション。気になる人はぜひ自分のコーディネートに取り入れて、おしゃれを楽しんでみて。きっと新鮮な気分になれるはず!

キッチュとは

キッチュとは

「キッチュ」という言葉はそもそもどこの国の言葉なの? まずはこの言葉の語源や意味をきちんと押さえておきましょう。

どうしてファッション用語として使われるようになったのかも解説していきます。

キッチュの意味

もともとドイツ語の「低俗化する(verkitschen)」という言葉に由来していて、低俗なもの、悪趣味なもの、陳腐なものなどという意味を持っています。

ネガティブな意味で使われていたようですが、美学や芸術の場面では、俗悪で異様だけど、そこに価値を認める際に使われたりする言葉だったようです。

美術用語として使われるときは、雑なつくりのものや安っぽい日用品など、通俗的、低俗的ながらくたに美意識を見出すときに使われていたそうですね。

その突き抜けた野暮ったさが、結果、魅力的に映るときにも使用されます。

キッチュの使い方

1960年代のポップ・アートが流行り出したころから使われ始め、日本では1970年代から広まった言葉です。

美術用語だと「アバンギャルド(前衛)」に対する対義語で、「後衛」の意味で使われることもあったそう。大衆カルチャーやサブカルチャーを表現する言葉として使われていたので、通俗小説や中産階級の好みに合う音楽や文化は「キッチュ」と分類されていたのだといいます。

その後、1980年代には「通俗的」という意味合いは薄れ、俗悪だけど魅力的なものとして評価されるようになったそうです。

次ページ:ファッションにおける「キッチュ」とは

お役立ち情報[PR]