お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

3回目のデートは重要? 男女別心理&おすすめの場所や告白のコツ

井口藍

気になる相手との3回目のデートを予定しているということは、交際を視野に入れているという人も少なくないのではないでしょうか。ここでは3回目のデートでおすすめの場所や告白のタイミングなどを紹介します。

3回目のデートは、交際へ発展させる上で重要な立ち位置です。

この記事では、3回目のデートの意味や男女別の心理、おすすめの場所や告白のコツについて解説します。

3回目のデートの意味とは

3回目のデートは、2人の距離感が縮まり、そろそろ交際に発展してもおかしくない重要なタイミングです。

気になる相手とデートをする場合、1~2回目のデートでは、お互いに相手を知り、自分を知ってもらうための場だといえます。

そこで付き合いたいかどうかを判断し、交際に進むための行動を起こすのが3回目のデートということになるでしょう。

3回目のデートに対する男女別の心理は?

「3回目のデート」と一口に言っても、男女で捉え方に違いはないのでしょうか?

共通点もありますが、ここでは、3回目のデートに対する男女別の心理を見ていきましょう。

男性心理その1:脈ありか確かめたい

男性が女性からの好意にうっすらと気づいている場合、デートに誘って好意を確認しようとすることがあります。

女性がデートに応じてくれるようであれば自分への好意を確信できるため、それからアプローチをスタートするつもりなのかもしれません。

この場合、男性はあなたに恋愛感情を持っているといえるでしょう。

男性心理その2:告白したい

1~2回目のデートで相手と付き合いたいと思い、告白する場として3回目のデートに臨んでいるパターンです。

お互いを知る段階から、付き合うことへの合意に移ろうとしています。

相手の様子を見てから告白しようと考えている場合もあるので、男性が告白を決意できるよう、女性側がはっきりと好意を示すことも大事になるでしょう。

女性心理その1:告白を待っている

1~2回目のデートで男性に好意を持ち、告白を待っているパターンです。

また、積極的なタイプの女性であれば自分から告白する場合もあるでしょう。あとはいつ、どんなシチュエーションで告白するかという状態です。

女性心理その2:好意はあるが迷い中

男性に対する好意はあるが、付き合うかどうかは迷っているパターン。

迷っているからこそ、判断をするために3回目のデートに臨んでいるのでしょう。

迷う理由としては、自分の気持ちが分からなかったり、相手のことをもっとよく知りたかったりとさまざま。男性側は、自分のことを知ってもらうと同時に、女性側に考える余裕を与えてあげるといいでしょう。

女性心理その3:脈なし

3回目のデートに応じてはいるけれど、実は脈なしというケースも存在します。

例えば、押しに弱いタイプや誘いを断るのが苦手なタイプが当てはまります。相手と付き合いたい気持ちはないけれど「誘われたからとりあえずデートには行く」という状態です。

まれにですが、デートだという自覚がない女性や、誘いの内容が魅力的だから行くという女性もいます。

3回目のデートの誘い方は?

基本的には、好意がある相手に対し、交際につなげていくことを意識して3回目のデートに誘うことになるでしょう。

では、どのように誘えば良いのでしょうか? ここでは、3回目のデートの誘い方やそのコツを紹介します。

(1)気軽な雰囲気で食事に誘う

すでに2回デートをしている相手なので、あまり気負わずフランクに食事に誘ってみても良いでしょう。

「おいしいお店を見つけた」「行ってみたいお店がある」など、理由も不自然にならないはず。ただし、誰でもいいという印象は与えないように、「あなたが好きそうだから」「2人とも好きそうなお店だから誘っている」ということは伝えるようにしましょう。

(2)一緒に行きたい場所に誘う

出かけること自体が楽しくなるような場所だと、誘う時の伝え方も熱が入りますね。

告白することも考えているなら、非日常を演出する意味でも場所選びにこだわるのが大事。ここでも、「一緒に行けるなら誰でもいいのでは?」と思われないように、一言だけでも「ぜひあなたと一緒に行きたい」ということをしっかりアピールしましょう。

(3)2回目のデートの話題から入る

LINEや電話で、2回目のデートのお礼や楽しかったことなどを伝えるところから始めます。「これが楽しかった」「こう思った」などとなるべく具体的に伝え、相手にも話してもらうことを意識しましょう。

そんな会話のキャッチボールから、「またどこかに行きたいね」と次のデートの誘いにつなげていきやすいはずです。

(4)直球で「会いたい」と誘う

2回のデートでお互いの好意が感じられたなら、ストレートに気持ちをぶつけてみるのもありかもしれません。

何かを口実に誘われることをあまり好まない人もいます。会いたいとはっきり言われることで、あなたを強く意識するようになる場合も。

ただし、脈なしの相手だった場合は引かれてしまう可能性もあるので、互いの熱量を冷静に確認した上で誘う必要があります。

3回目のデートではどこに行く? おすすめの場所

告白を意識する3回目のデートでは、場所選びにも気合いを入れたいところ。

ここでは、お互いの気持ちを高められるようなスポットを紹介します。

(1)おしゃれなレストラン・バー

料理やお酒を楽しみながらの会話というものは自然と弾むもの。

レストランであれば、おいしい食事で幸せな気持ちになれますし、バーならお酒はもちろん、2人の距離が物理的にも近くなるのでおすすめです。ただし、飲みすぎて酔っぱらってしまわないよう、注意してくださいね。

(2)水族館・動物園

水族館や動物園にはカップルが多いので、人目を気にしなくて良い鉄板のデートスポットです。

水族館はライトアップも魅力的。照明は落とし気味なので、自然と2人の距離が近づきます。

動物園は開放的な雰囲気で、自然体で過ごせる場所。相手の新たな一面を知れるきっかけになるかもしれません。

相手の性格により、合う・合わないが分かれる場合もあるので、「水族館と動物園、どっちに行きたい?」と聞いてみても良いかも。

(3)夜景やイルミネーションがきれいなスポット

夜景がきれいなスポットや、冬場であればイルミネーションが有名な場所もおすすめです。カップルも多いので、2人だけが目立つという心配もないでしょう。

また、夜に過ごすスポットでもあるので、昼と比べて告白の雰囲気をつくりやすいのも魅力的。ロマンティックなムードを演出するにはぴったりです。

(4)ドライブ

運転が苦ではないなら、ドライブデートもおすすめです。

常に2人きりの空間のため、周りの目を一切気にせず会話することができます。並んで座るので、物理的な距離も近づきますね。

3回目のデートではいつ告白する? ベストなタイミング

場所選びが済んだら、次はいよいよ告白です。ベストなタイミングはいつなのでしょうか?

ここでは、告白の最適なタイミングを見ていきましょう。

(1)周囲に人がいなくなったタイミング

やはり告白ともなると、周囲の目が気になることも確か。なるべく人が少ないタイミングを狙いたいものですよね。

その点、レストランやバーなどの個室を活用すれば、その心配は無用。食事が落ち着き、お店のスタッフの出入りがなくなった頃がチャンスです。

会話を楽しみながら、雰囲気が盛り上がったところや、ふと目が合った瞬間、会話が途切れたところで静かに思いを伝えてみましょう。

(2)美しい景色の前で

すてきな景色が広がる場所では、自然とロマンティックな気持ちが高まります。美しい景色に見とれていると、次第に言葉も少なくなることでしょう。

沈黙を怖がらずに、目を合わせたり、お互いの表情を見つめたりしながら告白のタイミングが訪れるのを待ちましょう。

(3)帰り際に

デートの最中に告白をしてもし振られてしまったら、その後の時間が気まずくなってしまいますよね。そんな時は思いきって、帰り際まで待つのも手です。

ギリギリまでデートそのものを純粋に楽しむことに専念して、別れ際に思いを伝えてみましょう。

3回目のデートで告白されないのは脈なしなのか?

気になる人との3回目のデート。「そろそろ告白されるかな?」と期待したのに、結局、進展なしだった場合は「もしかして脈なし……?」と不安になる人もいるでしょう。

ですが、デートの内容によっては、脈ありサインや進展のチャンスを見落としていただけという可能性も。

もちろん脈なしだったというケースもありますが、脈はあっても告白されないケースというのもあります。相手が3回目のデートで告白することにこだわっていない場合もあるでしょう。

他にも、告白しようと思っていたが相手が脈なしに見えたので諦めた、告白のタイミングを逃したなども。

告白されないイコール脈なしと決めつけずに、様子を見ることも大事です。

まずは3回目のデートを思いきり楽しんで

3回目のデートは、告白したりされたりするタイミングです。

相手はどう思っているのか、どこへ行き、いつ告白するのが良いのか……など、考えることが多いですが、せっかくのデートです。あれこれ悩む時間も尊いものですが、まずはデートを楽しむという意識も大切にしたいところ。

気になる相手とのデートを存分に楽しめるよう、失敗を恐れずに、チャレンジしてみてくださいね。

(井口 藍)

※画像はイメージです

※この記事は2022年08月02日に公開されたものです

井口藍

下町に暮らすライター。愛する人と同じくらい、柴犬が好き。30代を折り返した今、これまでひととおり経験してきた酸いも甘いもをまとめて発信中。平日は働き者、休日は一歩も部屋を出ない日多数。趣味の読書は図書館で借りる&映画はサービスデーの節約派。

この著者の記事一覧 

SHARE