お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

3回目のデートで告白されないのは脈なし? されない理由や進展方法

夏目椿(夏椿)

「告白するのは3回目のデート」とよく言われますが、3回目のデートで告白されない場合は脈なしなのでしょうか? 今回は3回目のデートで告白されない理由や、告白されなかった場合の対処法などについて紹介します。

3回目のデートで「告白されるかもしれない」と期待する方もいるでしょう。

しかし、告白されないと「もしかして脈なし?」という疑問や「付き合うのは諦めた方がいいかも」と不安に感じることもあると思います。

この記事では、3回目のデートで告白されない理由や、告白されなかった場合の今後の進展方法を解説します。

Check!

3回目のデートは重要? 男女別心理&おすすめの場所や告白のコツ

3回目のデートで告白されない理由

3回目のデートで告白されないのには、どんな理由があるのでしょうか。

ここでは、告白に至らない主な理由を4つ解説します。

(1)慎重になっているから

相手が慎重な性格であれば、「確実に告白が成功するだろう」という自信を持ってから告白しようとするでしょう。そのため、3回目のデートではまだ告白しない可能性が高いです。

「付き合ってから後悔したくない」「告白で失敗して落ち込みたくない」「今の関係で居心地がいい」などと、あなたとの関係をスローペースで進めようとします。

デート中にあなたからの好意的な感触が得られれば、相手も自信がつき、早い段階で告白してくれることもあり得るでしょう。

(2)恋愛経験が少ないから

3回目のデートで告白されない理由として、相手の恋愛経験が少ないことが挙げられます。

恋愛経験が少ない人は、デートでリードするのが苦手なので、自分から告白する勇気が持てないことがあります。

また「自分のタイミングで告白したい」など、デートの回数を重要視していない可能性もあるでしょう。

ボディタッチをすると相手が動揺する、目を合わせて会話してくれないなどの特徴があれば、恋愛経験が少ない人である可能性が。中には、あなたから告白されるのを待っている場合もあります。

(3)キープ要員にされているから

複数人と同時進行で付き合っており、真剣に交際したい相手を選んでいる場合は、3回目のデートで告白されない可能性が高いでしょう。

遊び目的やキープ要員など、都合のいいように利用しようとしている人も中にはいます。

キープされている状態なのでデートを重ねても告白がなかったり、振られたりすることもあります。

(4)恋人が欲しいと考えていないから

仕事が忙しくて時間がなく、デートはしても恋人を作る余裕がない場合もあります。

1人の時間が大切で、恋人を作ってその時間を犠牲にしたくないと考えている人も。

あなたに告白されない原因があるというわけではなく、相手に余裕がなかったり、恋人という存在の必要性を今は感じていなかったりするのでしょう。

3回目のデートで告白がなかった場合の進展方法

3回目のデートで告白がなかったら不安に思う人もいるでしょう。

相手が慎重になっている、恋愛経験が少ないなどの理由で告白されていない可能性もあるので、まだ諦めることはありません。

ここでは、告白がなかった場合の進展方法を解説します。

(1)4回目のデートを待つ

相手が慎重な性格であったり、恋愛経験が少なかったりすることもあるので、ひとまず4回目のデートを待ちましょう。

短期間で4回目のデートに誘われているなら、脈ありの可能性は十分にあります。4回目のデートに誘われない場合は、こちらから誘ってみるのもいいでしょう。

ただし、いつまでもデートに誘われない、誘っても素っ気なくされるようであれば、脈なしの可能性が高いです。

(2)脈ありのアピールをする

「告白が成功するだろう」という自信がなく、慎重になりすぎて告白できない人もいるので、自ら好意をアピールするといいでしょう。

自分の好意アピールが足りないがために、「相手が告白しづらい」雰囲気にしているかもしれません。

さりげなくボディタッチをしたり、「○○さんのそういうところが素敵だね」と褒めたりするのもいいでしょう。

また、デート中につまらなそうにしていると相手も自信を持てないので、常に笑顔を心掛けてみましょう。

(3)相手の気持ちを聞いてみる

相手が告白のタイミングを逃している可能性もあるため、気持ちをストレートに聞いてみる手もあります。「これって付き合ってるのかな?」や「私(僕)のことどう思ってる?」などと聞いてみましょう。

慎重になっている相手や、恋愛経験が少ない相手なら、真面目に答えてくれる可能性があります。

一方、あなたのことをキープ要員にしていたり、特定の恋人を作る気がなかったりする人なら、話を曖昧にして濁すでしょう。相手が曖昧な態度をとる場合は、脈なしと判断して諦めるのもありでしょう。

(4)自分から告白する

「相手から告白してほしい」という気持ちはあると思いますが、タイミングを逃さないように自分から告白するのも1つの手段です。

相手から告白してほしいと思いすぎて、告白なしでデートを続けてしまうと友達関係になってしまうことも。奥手な人や草食系男子が相手ならなおさら、こちらから告白した方がいい場合もあります。

3回目のデートで告白されなくても脈なしとは限らない!

3回目のデートで告白されないのには、さまざまな理由があります。

相手が慎重である、恋愛経験が少ないなどの場合は、3回目デートで告白されなくても諦める必要はありません。

脈なしとは言い切れないので、こちらからデートに誘った時の反応やデート中の態度などを見て判断するといいでしょう。

(夏目椿)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月08日に公開されたものです

夏目椿(夏椿)

元英会話スクール勤務、現在は小説も書くWebライター。アメリカにホームステイの経験あり。学生の頃から1日に5本観るほどの映画・ドラマ好き。経験を生かした得意分野記事は英会話・エンタメ(海外ドラマ・洋画)・転職・遺品整理・恋愛・婚活。読者のタメになる、ちょっと変わった視点の記事を発信することを心掛けている。

この著者の記事一覧 

SHARE