お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人を忘れる方法10個。忘れられない理由とは?

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

好きな人を忘れたい。片思いの相手に振られたから、好きな人にパートナーがいたからなど、忘れたいと思う理由は人それぞれです。今回は、恋愛コラムニスト兼催眠心理療法士の浅田悠介さんに、好きな人を忘れる方法について教えてもらいました。

「好きな人を忘れられない」
「忘れたいのに忘れられない」
「それまで、次の恋にいける気がしない」

超分かります、その気持ち。恋の終わりは切ないものですよね。

恋の記憶は、忘れようとしても、簡単に忘れられるものではありません。とはいえ、次に進まないといけないとも感じているのでしょう。その勇気を応援させてください。

今回のテーマは「好きな人を忘れる方法」です。

心理学に基づいて、いろんな方法を用意しました。1つでも貴女のためになりそうなものがあれば幸いです。

好きな人を忘れたい理由

まずは、そもそもの話から始めましょう。

私たちは、どういう時に「好きな人を忘れたい」と願うのでしょうか。その理由を探ります。

(1)告白して振られたから

思いを伝えて、断られたからなのかもしれません。

つらいことかもしれませんが、その勇気ある行動は素晴らしいものだと思います。

(2)連絡がつかなくなったから

片思いの段階、あるいは付き合っている最中に相手と連絡が取れなくなった。

ひどい話ですが、フェードアウトされたのかもしれません……。

この場合、はっきりとした「終わった感」がないのも、つらさの原因でしょう。

(3)好きな人が恋人持ちや既婚者だったから

彼にパートナーがいたから。

そのことをずっと伏せられていたのなら、これもひどい話です。

もっと早く出会えていたらと考えながらも、身を引かざるを得ないタイミングではあります。

(4)傷つけられてばかりだから

彼といると傷つくことが多かったのかもしれません。

身をボロボロにしてまで好きでいる必要はない、というのも、1つの決断だと思います。

(5)幸せになれないと気付いたから

あえて抽象的に書かせていただきました。

男女の関わり方はそれぞれです。優劣はありません。

ただそれが「幸せになれない恋愛の形」だったのであれば、その恋は忘れていいのかもしれません。少なくとも、貴女が忘れたいと願うのであれば。

次ページ:好きな人を忘れる方法

SHARE