お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

心理学で紐解く。簡単にポジティブになれる10の方法

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

恋愛や仕事など、時にはネガティブになってしまう場面もあるもの。そんなとき、簡単にポジティブになれる方法とは? マジシャン&催眠心理療法士の浅田悠介さんが10のコツを紹介します。

「ああ辛いしんどい」
「もう死にたい、消えてなくなりたい」
「はあ、何もかも嫌」

みなさん、これがネガティブですよね。

ネガティブなのはダメだとわかってるんだけど、やめられない。だって世の中って、ちょっとしんどいじゃないですか。ネガティブになるなってほうが難しいですよね。

とはいえ、そんな中でも、なんとかポジティブにいきたいものです。

そう、今回のテーマは「ポジティブになる方法」です。

いきなりポジティブになるのは無理でも、ポジティブになる方法を学ぶことはできると思うんです。ゆるく学んでみませんか?

ひとつでも使えるものがあれば、しめたものですよ。

ネガティブな人の共通点は?

そもそもの話をさせてください。

「ネガティブに考える」とは、どういうことなのでしょうか?

結論からいうと「どうしようもないものについて考えてしまう」ことです。言い切るのは危険ですが、その傾向が強いと考えてくださいませ。

過去や未来について悩む

・将来生活はどうなるだろう
・雨が降ったら最悪だ
・あのとき転職していればよかった
・親の性格が原因かも
・フラれたらどうしよう

他人の心を気にしてしまう

・嫌われている気がする
・何を考えてるんだろう
・どう思われてるんだろう
・怒られたくない

──といった感じです。

 

ざっくりいえば、そもそも人間の悩みのタネは「過去か未来か他人の心」というテーマで生まれやすいといえます。

そして、これらは「どうしようもないもの」です。

変えられないこと、と言い換えてもいいでしょう。

変えられないことについて悩むと、そりゃもうネガティブになるしかありません。変えられない──良いように変えられない以上、自分を責めるしかなくなりますから。

これがネガティブになりやすい人にみられる傾向です。

つい“本当は存在しないもの”について考えてしまうわけですね。感受性や想像力が豊かだともいえるでしょう。それが空回りしやすい、というイメージです。

次ページ:ポジティブになれる10の魔法

SHARE