お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

年下男子との恋愛を楽しむには? 彼の本音や付き合う上での注意点

気になる相手が年下男子だったら、どんなふうにアプローチをしますか? 恋愛において、年齢差にハードルを感じてしまう人は少なくないでしょう。今回は年下男子と年上女性の恋愛について、男性の本音やメリット・デメリットなどを紹介します。

年下男子を好きになったけど、どのように恋愛を進めたら良いか分からない……。そんな経験はないでしょうか?

素直に恋愛を楽しめるか不安に感じている人も多いでしょう。

そこで今回は、年下男子と年上女性との恋愛について、恋愛を楽しむためのポイントなどを解説します。

年下男子と付き合うメリットやデメリット、脈ありサインもあわせて紹介するので参考にしてみてください。

年上女性に対する年下男子の本音は?

年下男子を好きになったら、まず気になるのが相手の本音ですよね。

年上女性には抵抗があるのか、それとも好きになってしまえば気にならないものなのか……。

ここでは、年上女性との恋愛について年下男子の本音を解説します。

(1)同い年や年下女子にはない魅力に惹かれる

あえて年上女性を選ぶ年下男子も少なくありません。

年上女性の落ち着いた雰囲気や知性、経験など、同世代にはない魅力に惹かれるのでしょう。

「若い子には負けない!」と意気込むより、自分には自分の魅力があると余裕を持っている方が、年下男子から恋愛対象として見られるかもしれません。

(2)そもそも年齢は気にしていない

男性の中には、そもそも年齢を恋愛のハードルと捉えていないケースも。

好きになった相手が年上だと知っても「あ、そうなんだ」程度にしか思わない年下男子もいます。

年齢で恋人を選ばないタイプは、年上女性から告白された時、真剣に考えてくれるでしょう。

(3)母親みたいな人は恋愛対象外

何でもかんでも世話を焼いてしまうなど、母親のような対応はうんざりされてしまう可能性があります。

「世話を焼かれる=子ども扱いされている」と感じてしまうため、自然と恋愛対象から外されてしまうかもしれません。

(4)甘えたい気持ちがある

とはいえ、年上女性に甘えたいと思っているパターンもあります。

仕事やプライベートの相談をしているうちに、最初は尊敬できる先輩として見ていたはずが、やがて恋愛感情へと発展する可能性もあります。

次ページ:年下男子と恋愛するメリット

SHARE