お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

なぜ人間関係がうまくいかないのか? 原因や改善方法

笹氣健治(心理カウンセラー)

人間関係がうまくいかない時ってありますよね。職場の上司との関係、会社の同僚や先輩・後輩との関係、友人や恋人との関係……。人は誰しも、人間関係で悩む時期があるはず。今回は、心理カウンセラーの笹氣健治さんに、人間関係がうまくいかなくなる状況や原因、対処法について教えてもらいました。

誰もが多かれ少なかれ人間関係で悩みます。

どうしてもウマが合わない人はいるものですし、特に問題なかった人と突然こじれてしまう時もあります。

社会生活をしている以上、人間関係の悩みは避けては通れない問題だと言えます。

そこで、「人間関係がうまくいかない」と悩んだ時はどうすればいいのか、その対処法をご紹介します。

なぜ人間関係がうまくいかなくなるのか?

最近入社してきた新人。反抗的態度が多くて扱いづらい。

新しく着任した上司。チェックが細かくて仕事がやりづらくなった。

何かと干渉してくる母親。最近は特にうっとうしい。

このように、人間関係がうまくいかない相手は、誰でも周りに1人や2人はいるのではないでしょうか?

まずは、人間関係がうまくいってない時、2人の間で何が起きているのかを確認しておきましょう。

(1)自分か相手、もしくは両者が不満を抱いているから

例えば、AさんとBさんの人間関係がうまくいってないとします。

人間関係がうまくいっていない状況とは、シンプルに考えると、次の3つのパターンしかないことが分かります。

1つ目のパターンは、AさんがBさんに対して不満を持っている。

2つ目は、逆にBさんがAさんに不満を持っている。

3つ目は、双方が互いに不満を持っている。

人間関係がうまくいってない状況は、必ずこの3つのどれかに当てはまっています。

要するに、人間関係がうまくいってない状況は、2人のうちのいずれか、もしくは両方が相手に対して何らかの不満を持っているのです。

(2)わだかまりがなかなか解消されないから

次に、不満を持つということについて、もう少し具体的に見ていきましょう。

不満とは、相手が自分の期待に反する態度を取った時に湧き上がってくる感情です。

「私の話を聞いてほしい」「手伝ってほしい」「気を使ってほしい」「自分勝手にしないでほしい」といったように、相手に対する何らかの期待があって、しかしその通りに行動してくれなかった時に、相手に対する不満が生じます。

人は、不満が生じると、不満解消のための行動に出ます。

よくやりがちなのが、その相手に直接その不満をぶつける行為。怒鳴りつける人もいれば、嫌味っぽくネチネチ言う人もいます。

力関係によってそれができない時などは、反抗的態度を取ることをします。

その人から何か頼まれても断る、無視する。陰で悪口を言ったり、何か足を引っ張ったりするような嫌がらせをする人もいます。

一方、不満をぶつけられた側も黙ってはいません。

自分の正当性を主張する。逆に、相手の非を指摘し返す。そうやって言い合いになると、余計に関係がこじれていきます。人によっては、何も言い返せず、不満を内にため込むこともあります。

このようにして、2人の間にわだかまりが生じ、それがなかなか解消されない状況に陥ると、人間関係がうまくいかなくなるのです。

次ページ:人間関係がうまくいかなくなる原因

SHARE