お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

「はぁー……」なぜ、ため息が出るのか、医師に聞いてみた

Doctors Me

■どんなときにため息をつきますか?

「今日も仕事が終わったー!」と安心したときや「なんだかうまくいかなかったなぁ」というときなど、自然にふーっとため息が出てしまうことがありますよね。

このため息、実は病気の初期サインの可能性があることをご存じですか?

■なぜ、ため息は出るの?

「仕事が終わったー!」のため息は、緊張がほぐれた安堵のため息といえばよいでしょうか。自律神経が緊張の交感神経からリラックスの副交感神経へ、切り替えスイッチの働きをしていると考えられます。

また「なんだかうまくいかないなぁ」のため息は、反省や後悔のため息です。一度や二度ならば問題はありませんが、「なんだかすべてがうまくいかない」と数日、繰り返し繰り返しため息が出る場合は要注意です。

■ため息は“うつ病”の初期サイン

繰り返しため息が出る症状に加えて眠れない、食欲がないなどの症状があれば、初期のうつ病を疑いましょう。

うつ病は、本人に自覚がない場合もあります。笑わなくなった、表情が固くなった、痩せた、会話の声が小さくなった、仕事に集中していないなどの症状が見られる場合は、信頼できる上司や家族に相談してみましょう。

うつ病は初期であれば3~6カ月ほどの比較的短期間で治療が可能なケースが多いので、早期発見がとても大切です。

■まとめ

「ため息ひとつで幸せが逃げていく」というのは迷信だと思いますが、背後にうつ病が隠れている場合がありますので、注意してくださいね。

(文:44歳女性内科医/Doctors Me、構成:マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.05.31)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

お役立ち情報[PR]