お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
女性の身体

生理前、生理中におならが増える原因と対処法

髙橋怜奈

「生理前はおならがたまる」、「なぜか生理中におならがたくさん出る」……など、生理前や生理中のおならについて悩んでいませんか? 今回は生理前・生理中におならが増える原因や対処法について、産婦人科医・髙橋怜奈先生の解説を元に紹介します。

お腹抑える女性

生理前におならが増える原因

そもそもなぜ、生理前や生理中におならが増えるのでしょうか? 生理と何か関係があるのでしょうか? はじめに、生理前におならが増える原因について探っていきましょう。

ハート

生理前は、便がつまりやすい体に

排卵してから生理がはじまるまで黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増えます。そして、このプロゲステロンは妊娠に向けて体に水分を貯留するように働き、腸の水分も体に取り込もうとします。そのため、便の水分が減ることで硬いコロコロの便になり、出しづらくなります。

また妊娠した際に流産しないよう、子宮の収縮を抑制する働きもあり、それが腸に影響して蠕動(ぜんどう)運動を抑える方向に働くため、便秘しやすいのも生理前の傾向。便秘が持続すると腸内の悪玉菌が増殖して、腸内環境のバランスが崩れます。したがって、便の腐敗による有害ガスが発生し、においの強いガスが出るのです。

便秘により、おならが小分けにでるように

おならは便をするときに一緒にでます。またしっかり便が出ていれば、ガスも排便のときに一緒に出ることが多いです。前述の通り、便秘の場合は排便というガスをしっかり出すタイミングが少ない分、小分けにして少しずつ、頻繁に出る傾向になると考えられます。

次ページ:生理中におならが増える原因

お役立ち情報[PR]