お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

素の自分が出せないのはなぜ? 素の自分の出し方【心理カウンセラー】

萩原かおり(心理カウンセラー)

「素の自分の出し方」を心理カウンセラーの萩原かおりさんに解説してもらいました。

こんにちは、心理カウンセラーの萩原かおりです。なかなか素の自分を出せず、人とのコミュニケーションに苦労している人が増えていると聞きます。最近ではLINEなど対面しないコミュニケーションも多く、SNS上で自分のキャラクターを作りやすいのもひとつの原因でしょう。とはいえ、本当の自分をさらけだせないと窮屈な気持ちになってしまうもの。今回は、素の自分が出せない人に共通する特徴や原因、そして素の自分をさらけ出す方法を解説します。

素の自分を出せる相手がいないのはなぜ?

まずは、性格の特徴や育った環境から、素の自分を出せる相手がいない理由について探っていきましょう。

素の自分が出せない人の性格とは?

素の自分を出せる相手がいないのは、実は自分に問題があります。あなたにもこんな一面はありませんか?

自信がない

自信がないと、「ありのままの自分では人に受け入れてもらえない」と考えてしまうので素の自分が出せません。そのために無理に明るく振舞ったり、強がったり、笑ったりと演じてしまい、気疲れしてしまいます。また、そうやって自分自身をさらけ出せずにいると、さらに自己肯定感が下がってしまって負のループにはまりがちです。

相手を信用していない

疑り深い性格で、相手をなかなか信用できない人も素の自分を出すことができません。「ありのままの自分を見せる=弱みを見せる」ということでもあるので、自分をさらけ出すのは勇気がいります。相手を信じられなければ、素の自分を出すなんて怖くてできないもの。もちろん、なかには信用できない人もいるので人を見る目は必要ですが、あまりにも自分を隠すのは精神衛生上よくありません。

嫌われるのが怖い! 素の自分が出せない本当の理由

次は、素の自分が出せない理由を過去の経験などから紐解いていきます。

昔、受け入れてもらえなかった経験がある

素の自分を出せない人にありがちなのが、幼少期に人から受け入れてもらえなかった経験があり、それが知らず知らずのうちにトラウマになっているケースです。幼心にショックを受け、「自分は人から受け入れてもらえないのだ」という固定観念が根づいてしまっています。それが潜在意識として刷り込まれているため自己肯定感が低い方も多く、過去のトラウマが根深い問題となっているのです。

自分で自分を認めていない

どんな相手であれ、どんな状況であれ、自分で自分を認めて受け入れられなければ素の自分を出すことはできません。自信を持てない人や、自分自身を愛せない人はありのままの自分を受け入れられないのです。そういう人は自分を嘘や虚構で塗り固めて、素の自分を隠し、本来の自分とは違う自分ばかりを演じてしまいます。

次ページ:素を出せる自分のつくり方

お役立ち情報[PR]