結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 「玉の輿」に乗るには? お金持ち男性が結婚相手に選ぶ女性の特徴

「玉の輿」に乗るには? お金持ち男性が結婚相手に選ぶ女性の特徴

「玉の輿」に乗るには? お金持ち男性が結婚相手に選ぶ女性の特徴
恋愛コンサルタント

誰もが一度くらいは「玉の輿に乗りたい」という夢を見たことがあるのではないでしょうか。

そういえば、就活がうまくいかないという愚痴大会をしている女子大生たちがぼやいているのを聞いたこともあります。

「玉の輿に乗って、働かずに楽して優雅に暮らしたい〜!」なんて。

めっちゃわかるわー!

ちなみに、私は一度なんてもんじゃないくらい玉の輿に乗ることを夢見ておりました(笑)。そして、実際に玉の輿に乗り、離婚したこともあります……。

そんなこんなで、今回は玉の輿婚、玉の輿に乗る女性についてまとめてみたいと思います。

玉の輿とは?

では、具体的に玉の輿ってどういうことをいうのでしょうか? 年収いくら以上の男性と結婚したら、玉の輿? そもそも玉の輿とはどういう意味なのでしょう? 詳しく解説したいと思います。

玉の輿の意味って?

玉の輿って?

一般的にいう玉の輿とは、「普通の女性がお金持ちの男性と結婚し、自分も裕福な立場になること」です。

玉の輿だと思う男性の年収はいくら以上?

Q.「玉の輿に乗ったな」と感じる男性の年収はいくら以上?

未婚女性に調査したアンケート結果(※1)を見ると、玉の輿とは最低でも年収1,000万円以上の男性との結婚を意味するようですね。

転職サービス「doda」が発表した「平均年収ランキング2015(年齢別)」(※2)によると、20代で年収1,000万円以上稼いでいる人はわずか0.2%。30代でも1.5%しかいないそうです。さらに、これは既婚男性も含まれる数字なので、独身の年収1,000万円以上の男性となると、絶滅危惧種並みに希少な存在となるでしょう。

玉の輿に乗る女性というのは、本当にひと握りなのでしょうね。

お金持ち男性が結婚相手に選ぶ女性とは?

お金持ち男性が結婚相手に選ぶ女性とは?

お金持ちの結婚相手は大きく2パターンあります。

ひとつ目は、若くて美しいトロフィーワイフタイプ

港区界隈を見渡してみると、20歳以上の年の差婚カップルをたまに見かけます。しかしながら、どちらかというとトロフィーワイフタイプは最近減少傾向にあり、お金持ち妻の10%以下にとどまるのでは? というのが私の個人的見解です。

2つ目は、妻も夫に見劣りしないぐらいのハイスペの、パワーバランスカップルタイプです。

最近のお金持ち男性は、女性にもそれなりの学歴や職歴を求める人が急増しています。50代ぐらいのバブル世代の男性なら、ただかわいくて癒し系の若い子を好む傾向がありますが、若い男性ほど自分が稼いでいても共働きを希望することが多いように思います。

というのも、年収2,000万円以上ともなると、ハイリスクハイリターンな仕事に就いている人も多くなります。たとえば、年俸制の外資系企業や経営者など。いつ路頭に迷うかわからないからこそ、堅実な相手選びをする傾向があるのかもしれません。

某創業者一族の男性(大金持ち)と結婚しているママ友がいますが、今の彼女は専業主婦ですが、医師免許を持っています。

現実的な話、とてつもないお家柄の場合、子どものお受験にも影響があるため、母親にもそれなりの経歴が求められることもあると思うんだわ。

と、若いころはブイブイ言わせていた男友だちが切々と語っておりました。ちなみに、彼は若いころは派手な美女とばかり付き合っていましたが、結婚した相手は彼と同じぐらい育ちがいいお嬢様タイプの女性(ルックスは普通)です。

お金持ち男性と結婚するには?

では、どうしてもお金持ち男性と結婚したい女性に、私が思うお金持ち男性と結婚する方法を伝授したいと思います。

自分もお金持ちになる

自分もお金持ちになる

実はこれが一番てっとり早いです。

なぜなら、自分がお金持ちになると、まわりにいる男性もお金持ちばかりになります。お金持ち男性の思考回路が理解できるようになり、会話も自然と弾むようになりますからね。セレブ妻というと、若い美女というイメージがあるかもしれませんが、実際には「同じぐらいの知性があって、対等な話ができる」や「男性顔負けにバリバリ仕事に励んでいて、尊敬できる」という理由で選ばれている女性が多いです。

それでは玉の輿とは言えないかもしれませんが、若い男女に限っていうならこのパターンのパワーバランスカップルが一番多いです。ぶっちゃけていうと、私自身も最初の結婚をしたとき、私自身の年収が1,000万円以上でした。

お金持ちがたくさんいる職場に転職する

お金持ちがたくさんいる職場に転職する

自分がお金持ちになることはできなくても、お金持ちがたくさんいる環境に身を置くことはできます。私が離婚後、再就職した職場は外資系の金融機関でした。30代で年収3,000万円以上の男性がゴロゴロ在籍。忙しい彼らは、大学時代からの彼女と結婚をするか、職場の秘書や同僚と社内結婚をするか……はたまた「女優や女子アナと結婚がしたい!(かなり本気)」と果敢に高い理想を追い求める男性も。

社内結婚に至らずとも、お金持ちの友だちもお金持ちですから、紹介をしてもらうという手もあります。

お金持ち人脈を持つ女友だちに紹介してもらう

お金持ち人脈を持つ女友だちに紹介してもらう

玉の輿に乗るには、とりあえず人脈が命です。出会えないことには話になりません。で、たまにいるんですよ。お金持ち界隈にやたらと人脈を持つ美女が。そういう美女から飲み会などに誘ってもらえるようになると、可能性がアップします。

15歳以上年上の男性をターゲットにする

15歳以上年上の男性をターゲットにする

これはトロフィーワイフパターンです。若いころに結婚し離婚して、前妻との間に子どもがいたとしても、余生は若い女性と一緒に過ごしたいという男性が案外たくさんいます。

女優かモデルか女子アナになる

女優かモデルか女子アナになる

これはちょっと非現実かもしれないけど、そのくらい普通の女性が玉の輿に乗るのは難しいものです。月9の主演に抜擢されるぐらいの女優になれば、お金持ち男性からのお誘いがジャンジャン入るようになるでしょう。

精神的にも経済的にも自立する、依存心のない女になる

精神的にも経済的にも自立する

最後に心がけの話を。お金持ち男性がもっとも嫌うタイプの女性は、冒頭に出てくるような「玉の輿に乗って、楽したい〜!」という下心が透けてみえる依存的な女性です。

お金持ち家庭の専業主婦って、実際にそんなに楽じゃないと思うんですよ。たとえば、高収入男性は激務であることも多く、家事育児の手伝いなんて物理的に期待できないことも……。開業医や経営者と結婚すれば、「息子に継がせたい」と考える家庭も多く、そうなると母親にお受験プレッシャーがかかることも……。

男性に「幸せにしてもらいたい」と願うばかりではなく、結婚してもしなくてもひとり立ちして幸せになれる力が玉の輿婚に求められることなのではないでしょうか。

玉の輿を目指すよりも、大切なこと

残念ながら、世の中にはお金持ち男性がほとんど存在しません。なので、その希少な男性と結婚しようと思うのなら、それなりの覚悟や努力が必要です。玉の輿にこだわりすぎるあまり、婚期を逃してしまう危険性も。

確かに結婚生活においての「お金」というのはキレイごとだけでは語りつくせません。お金がないと困ることはたくさんあるけど、お金はいくらあっても困りませんよね。でも、お金では買えない幸せがあることも揺るぎない事実です。

一度、玉の輿に乗ったものの、大ヤケドを負って離婚したことがある私からひとつの助言があるとすれば……

玉の輿ってそんなに幸せでもないかもしれませんよ。

それよりも一緒にいて安らげる相手や、その人と一緒にいる自分を好きになれる相手を選んだほうが幸せになれると思うんです。

(ひろん)

※画像はイメージです

※1 マイナビライフサポート調べ
調査日時:2019年5月30日~6月3日
調査人数:157人(20~44歳の未婚女性)

※2 出典:転職サービス「doda」による「平均年収ランキング2015(年齢別)」より
https://doda.jp/guide/heikin/2015/age/

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

チャンステスト

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

プロフィール入力すると無料でマッチング診断、あなたに合った楽天オーネット会員をご紹介します。

婚活に関するキーワード

婚活に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 「玉の輿」に乗るには? お金持ち男性が結婚相手に選ぶ女性の特徴
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 「玉の輿」に乗るには? お金持ち男性が結婚相手に選ぶ女性の特徴