お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Pairs(ペアーズ)で「いいね!」をもらえるプロフィールのコツは?

マッチングアプリ虎の巻【pairs(ペアーズ)編】

たけまる

Pairs(ペアーズ)プロフィール文の書き方とコツ

プロフィール写真の設定を確認できたら、次はプロフィール文をチェックしていきましょう。

丁寧さと分かりやすさを重視し、ポジティブな文章を心掛ければ、自然と良いプロフィールが作れます。

(1)誠実さ・真剣さをアピール

Pairsのプロフィール文では、誠実さと真剣さをアピールすることを心掛けましょう。

ネット上での出会いはついラフになりがちなので、きちんと自己紹介をするだけで好印象を与えられます。

文頭・文末にはあいさつを入れ、プロフィール文は敬語で書いてください。

タメ口のプロフィール文は「軽い人」「真剣ではなさそう」と思われる可能性があるため、避けるのが無難です。

(2)自分がどんな人か分かる情報を書く

プロフィール文には、あなたの人柄が分かる情報を書きましょう。情報が多い方が相手も共通点を探しやすく、自分と合うかどうかの判断もしやすいです。

具体的には、以下のような情報を入れると良いでしょう。

・仕事

・趣味や日の過ごし方

・好きなもの

・性格

・理想の恋人像

無理に全て書く必要はありませんが、最低限、仕事と趣味は書いておくことをおすすめします。

性格は、「友達にはよく○○と言われます」という形式にすると書きやすいでしょう。

(3)ネガティブな内容を書かない

自信のなさや謙虚な気持ちから、プロフィール文にネガティブな内容を書いてしまう人もいるでしょう。

ですが、マッチングアプリは第一印象が大切です。

マイナス面を知らされて相手に興味を持つ人は少ないので、ポジティブな内容を心掛けることをおすすめします。

以下のような内容は、相手にマイナスイメージを与えるので避けた方が良いです。

・自虐ネタ

・謙遜し過ぎた内容

・愚痴っぽい内容

・「○○な人はお断り」などの内容

ポジティブな内容でまとめて、相手に「話してみたい」と思ってもらえる作り込みをしましょう。

(4)300文字程度で分かりやすくまとめる

プロフィール文は、長すぎると読むのが負担になりますし、短すぎると「冷やかしっぽい」「怪しい」という印象を持たれてしまいます。

ストレスなく読めて真剣さも伝わる、ちょうど良い長さは300文字前後。

適度に改行も入れて、読みやすくまとめてみましょう。

(5)絵文字や顔文字を多用しない

柔らかい印象を出すのに効果的な絵文字・顔文字ですが、使い過ぎると「子どもっぽい」「軽そう」といった印象を与えかねません。

真剣さも伝わりにくくなる可能性があるので、絵文字などは多用しすぎず適度に挟む程度にしましょう。

自分で読み返してみた時に、ごちゃごちゃしていない・うるさい印象になっていなければ大丈夫です。

次ページ:Pairs(ペアーズ)のプロフィール例文

SHARE