お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「リアタイ」の意味とは? 使い方や元の言葉

ひらり

SNSなどでよく使われている「リアタイ」は「リアルタイム」の略語。覚えておくと便利な言葉です。今回は、若者が使う「リアタイ」の意味や生まれた背景などを詳しく解説します。

みなさんは、「リアタイ」という言葉の意味を知っていますか?

何となく意味は分かっていても、いざ使うとなると悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

この記事では、「リアタイ」の意味や使い方を具体例と共に詳しく紹介します。この言葉がどのようにして生まれたのか、その背景も一緒に調べていきましょう。

「リアタイ」とは?

「リアタイ」という言葉はTwitterを中心としたSNSで広く使われています。何の略語か、どんな場面で使われるか、生まれた背景も踏まえて見ていきましょう。

「リアタイ」の意味

「リアタイ」とは「リアルタイム」の略語です。

ネット配信やテレビ放送などにおいて、放映時間内に視聴することを意味して使われます。録画や追っかけ配信で時間を問わず見られるようになった昨今。そんな現代だからこそ広まった表現と言えるでしょう。

「リアタイ」が生まれた背景

また、この言葉が使われ始めたのは意外と昔で、約15~20年以上前とされています。

ガラケーで作成できるホームページ(前略プロフィールなど)が流行したころ、今の状況をリアルタイムで投稿できるサービスのことを「リアルタイム=リアタイ」と略していたのです。

従って、「リアタイ」という表現は同じですが、現在とは意味や使われ方が少し違っていました。

次ページ:「リアタイ」の使い方と例文

SHARE