お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性からOKがもらえる「デートの誘い方」【LINE例文付き】

E子

初デートとは違う、2回目のデートの誘い方

デートの誘い方としてLINE例文をご紹介してきたが、LINEを使って誘っていいのはあくまで1回目だけとする。

2回目以降のデートの場合、1回はデートにこぎつけているのだから、そのデートの最中に2回目の日取りを決めてくれ。E子お姉さんとの約束だ。

LINEと違って対面の方が、誘われた際に断りにくい=OKされやすくなるし、1回はデートできているのだから「誘われて迷惑、キモイ」などと思われる可能性も低い。

誘い方は何でもいい。「もう一軒気になるイタリアンがあって、次の連休に行ってみない?」などと当日デートへ行った場所に絡めてもいいし、1回目のデート候補に挙がったけど選ばなかったところへ誘ってもいいし、思いつかなければ「もう一度デートしたいんだけど、再来週末どう?」でもいい。

どうか、デート中に直接2回目のデートの提案をし、くれぐれも約束をして帰るようにしてほしい。

自信を持って、好きな人をデートに誘おう!

最後に、どうか自信を持って女性をデートに誘ってほしいと思う。

「もしかしたら断られるかも」という自信の無さは、相手に伝わってしまうし、もしそれを言葉に出して「もし嫌なら別にいいんだけど……」などと前置きしようものなら愚の骨頂。

自信の無さがダサイし、男性の「熱意」に敏感な女性は、「それほどでもないなら誘ってくんなよ」と、腹を立ててしまうケースもある。

どうか、「君とぜひデートしたい」「君は僕とデートするはずだ」という強い意志をもって挑んでほしい。

令和になっても、デートのお誘いにおいては、男気が試されるのだとE子は考える。

(E子)

※写真はイメージです

E子

婚活・恋活を趣味とし活動を続ける30代独身こじらせ女。

いよいよおかしくなりつつある恋愛観が、ツイッター(@escape_no_e_yo)で女性たちに無駄に共感されている。好きな食べ物はダントツで納豆。

この著者の記事一覧 

SHARE