お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

叶わない恋が苦しい……。あなたを救う一つの事実

ラブホの上野さん

苦しい、つらい、諦めるのが難しい「叶わない恋」。そもそもどうして叶わない恋をしてしまうのでしょうか。ついつい自分を責め、余計苦しむ恋愛ですが、実はあなたのせいではないとラブホの上野さんは言います。一体どういうことなのでしょう。

私はラブホテルで働いているのですが、この仕事で最もつらいのは世間からの目でも、人の体液や排泄物との格闘でもなく、睡魔で御座います。

24時間365日営業をしているこの仕事において「規則的な睡眠」など望むことはできません。

夜勤→休み→日勤→夜勤→日勤→休み→夜勤→夜勤 なんていうシフトになることもあり、いかに睡眠時間を確保するかということこそがこの仕事の最大の課題といっても過言ではないでしょう。

そんなこともあり、ラブホテルで働いていると寝たい時に眠れない、かと思えば眠ってはいけない時に眠くなるということが往々にして御座います。

勤務が終わり家についたのに全く眠れず、出勤直前になり急に眠くなる。仕事をする上でこんなに困ったことは御座いません。

しかし、これをどうにかすることは難しいでしょう。

眠くなるかならないかというのは体の本能的な話であり、自分の意思でコントロールすることなどできないのです。

「寝てはいけない」は理性であり、「眠くない」は本能。

「眠りたい」は理性であり、「眠い」は本能。

理性はそれなりにコントロールすることができるかもしれませんが、本能はコントロールすることができません。

ですので本来寝てはいけない時に眠くなってしまったとしても、そのことについて「どうして今眠くなってしまうんだ」などと考えても意味がないことなのです。

なぜなら「眠い」は本能であり、自分の意思とは何の関係もないところにあるのですから。

このことは恋愛においても当てはまります。

今回は「叶わない恋」について、この理性と本能の点から考えてみたいと思います。

叶わない恋とはどんな恋愛?

「この人と付き合えば幸せになれることは分かっている」。

漫画や映画の中でよく見かける台詞で御座いますが、これはまさに理性的な言葉でしょう。

論理的に、理性的に、現実的に考えてその人と付き合うことでどのようなメリットがあるか分析しているのです。仕事中に「寝てはいけない」と考えるのと同じように、理性的に判断をしている「好き」でしかありません。

しかし一方で「好きになってしまった人」というのは本能によるもので御座います。

「好き」は本能なのです。

結婚相手や恋人は理性で選ぶことができますが、好きになる人は選べません。

おそらく今この瞬間、どうしても叶わない恋に悩んでいるであろう皆さまは「どうしてこの人を好きになってしまったんだろう」とお悩みのことでしょう。

この人ではなく別の人を好きになっていれば、こんなに苦しむことはなかったのに。

どうして一番好きになってはいけないこの人を好きになってしまったのだろう。

それはもう仕方がありません。

・好きになるべき人

・結婚相手

・恋人

・好きになったら幸せな人

これは理性なので自分の意思で選べます。

しかし、「好きになる人」……これだけは本能なので自分の意思で選ぶことができないのです。

眠るべき時間は自分で判断することができても、眠い時間は選べない。

それと同じで御座います。

好きになる人は自分の意思で選べないのです。

次ページ:本能だからしょうがない。叶わない恋で自分を責めないで

SHARE